漢字一文字だけの題名の本をご存じないですか?

ふと気になって調べて見てるのですが、
こういう切り口で探すのは初めてで難航しています。

「門(夏目漱石)」しか思いつかず
友だちから「斬」というマンガを教えてもらいました。

「○~なんたら~」の、~なんたら~のようなサブタイトルはなしで、
純文学、ラノベ、マンガ問いません。
できれば、読んでみたいと思っています。
ご存じの方、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (11件中1~10件)

もう亡くなられましたが綱淵謙錠という時代小説の作家が「斬」という作品で直木賞を受賞されて以来、好んで一字題名の作品を書かれました。



ウィキペディアで
http://ja.wikipedia.org/wiki/綱淵謙錠
を開いてみてください。作品一覧の最下段に並んでいる一字の漢字、これすべて綱淵さんの作品名です。48作あるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

時代小説、昔はよく読みましたがここ最近全く読んでません。
これを機会にまた読んでみようと思います。
しかし、48作品、読み応えがありそうです。

tasogare32さんへのお礼の欄にて失礼します。

皆様のおかげで、沢山の作品を知ることが出来ました。
もっとあるのでしょうが、これ以上教えていただくと、
読み終わるのにとても時間がかかってしまいそうなので、
この辺りで閉めさせていただきます。
お礼は悩みましたが、一番最初の方と、多数の作家さんを教えて下さった方(幅広く読みたいので……)ということでポイントをつけました。

このたびは、皆様本当にどうもありがとうございました。
今日からの読書、本当に楽しみです!

お礼日時:2009/04/13 11:30

「噂」(荻原 浩・著) が出ていないようなので………


「最後の一行に衝撃のラスト!!」が話題でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

荻原 浩さん、初めて聞くお名前です。(無知ですみません。)
「衝撃のラスト!」気になります。

お礼日時:2009/04/13 11:22

沢木耕太郎氏の小説に『壇』という作品があります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

沢木耕太郎さん、まだ読んだことがありません。
この機会にぜひ読んでみようと思います!

お礼日時:2009/04/13 08:16

少し、追加します


松本清張  「疵」
原題は「きず」でしたが、改題されました
筒井康隆「家」
坂東 真砂子「蟲」
中村 文則「銃」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加回答ありがとうございます。

本当に色々な方が書かれているのですね。
私の探し方の甘さを恥じています……。

お礼日時:2009/04/13 08:15

阿刀田高 「血」「顔」「鳥」「疣」「妖」「老」


安部公房 「棒」「壁」
他の人も書いていますが(芥川氏、多いです)
芥川龍之介「鼻」「運」「春」「秋』「冬」「影」「猿」
     「白」「父」「母」「葱」
島崎藤村「家」
太宰治 「葉」「朝」「嘘」「海」「父」「誰」「恥」
谷崎潤一郎「鍵」「卍」
新美南吉「屁」
森鴎外「雁」
宮本百合子「帆」
横光利一「火」「蝿」

翻訳ですが
ジョゼ・ジョバンニ 「穴」
サマセット・モーム 「雨」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

幅広く教えていただき、これらを読むのが楽しみになってきました。
一冊も読んだことのない人(阿刀田高さん・安部公房さん・横光利一さん・翻訳物)もおり、
普段の読書の偏りを感じています。
この機会に、幅を広げようと思います。

お礼日時:2009/04/13 08:13

宮尾登美子で


「連」
「櫂」

森村誠一で
「駅」
「街」
「窓」
などが思いつきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お二方、少し読んだことがある程度で、教えていただいた本は未読です。
この機会に、ぜひ読んでみようと思います!

お礼日時:2009/04/13 08:08

マンガでよければ


石塚 真一「岳」(9巻まで出ていて、現在も連載中)
主人公は山の民間ボランティア救助隊員。基本は一話完結の連作。良い話が多いので機会があったら是非読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

初めて聞く名前のマンガ家さんです。
冊数が多いので全部そろえるのは無理そうですが、
一話完結型ということで、とりあえず一冊買ってみようかなと思います!

お礼日時:2009/04/13 08:06

すぐに思いついたのは


フランツ・カフカの『城』。

あと夏目漱石の『こヽろ』も,
最初に単行本化されたときのタイトルは漢字一文字の『心』だったはずです。
新聞連載時は『心 先生の遺書』というサブタイトル付きだったようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

カフカは少し読んだ程度で、「城」は未読です。
さっそく読んでみたいと思います。

「こヽろ」も思い浮かんだのですが、平仮名の印象が強く
除いて考えていました。

お礼日時:2009/04/13 08:04

本というか作品名ですが、


芥川龍之介で「鼻」が有名ですね。芥川作品を探すと他に「運」「秋」「雛」というのがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そういえば、芥川龍之介「鼻」有名でした!
その他、3作品は未読なので、さっそく読んでみようと思います。

お礼日時:2009/04/13 08:01

漢字一文字の本ですか。

。。
私が知っているのは
こだか和麻さんの「絆」という作品ですが

ボーイズラブなので、合う合わないはあるかも。。。
でも評価は高い作品なのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

途中までは読んだことがありますが、
漢字一文字でしたね!
絵柄が変わってから、なんとなく読むのをやめてしまいました。
気づいたのを機に、続き読んでみようかなと思います。

お礼日時:2009/04/13 08:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ