記憶が曖昧でうまく思い出せないのですが、、、

敵と、二つのうちどちらかを選べ、といったようなギャンブルをするのですが、
敵の策略で、どちらを選んでも負けるようになってます。
そこで機転を利かせて切り抜ける。
(この辺特にあいまいです。)
確か、選んだ方が壊れてしまって、どちらを選んだのかわからなくなってしまうのですが、
選ばなかった方を確認することで、選んだ方が正しかったと証明するような方法だったと思います。

このようなマンガに心当たりのある方、教えてください。

A 回答 (2件)

沙村広明先生の短編「エメラルド」ではないでしょうか?


先日発売された短編集「シスタージェネレーター」に掲載されています。

内容は、両親を失った少女が、錬金術師の異名を持つランドルフという悪党に、ガラス細工のコヨーテとウサギを袋に入れて隠し、コヨーテを選べば勝ち、という賭けを持ちかけます。賭けに勝ったら借金の棒引き、負けたら借金返済の為に娼婦となり体で借金を返済しなくてはならない…というものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それです!
ほんとすごいですね!!
超マイナーじゃないですか!!!
よく覚えてましたね!!!
感動です!!

そういえばついこないだマンガ喫茶で短編集読んだんです!
もっと昔の記憶だと思ってました。(笑)

お礼日時:2009/10/21 01:27

「キャッツ・アイ」でしょうかね?。


(作者は、北条司さんで、少年ジャンプ連載)

そんなエピソード、有ったような気がします。
しかし、ごめんなさい。
私も、記憶が曖昧です。
(^^;ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
でも、キャッツアイは読んだことないので違います、、。
よくある展開なのかもしれませんね。

お礼日時:2009/10/20 12:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ