2つあります。
1つ目は1990年頃に少年週刊ジャンプに載っていた「なんとかコップ」というものです。
内容は悪霊か亡霊かを取り締まる特殊警察官みたいなもので、特別な剣で戦っていました。
一話読んだだけなので、連載か読みきりかもわかりませんが、その一話で、人間に乗り移ったので、攻撃のしようがないだろうと敵に言われたのに対し、自分は妻に乗り移ったものを器ごと切ったと答えていました。
2つ目は、なんか忍者ものっぽくて、その主君の姫に宝の地図が隠されていて、それを狙われ、さらわれた姫を取り戻すという話がありました。取り戻す途中にワニが出てきて「トカゲの化け物か」とかコメントしてました。少々特殊な能力を持つ忍者の戦いでした。
烈火の炎ではありません。連載は忘れましたが、少年誌だったと思います。
昔の記憶なので全て正しいわけではありませんがよろしくお願いします

A 回答 (5件)

1つ目は「COMCOP」で間違いないと思います。


岩泉舞先生の「七つの海」岩泉舞短編集に収録されています。
2つ目ですが、楠桂先生の「妖魔」ではないかと・・・
あっ!でも少年誌だったなら「鬼切丸」かもしれない・・・
    • good
    • 0

#3の方が答えられているのが正しいとすれば、そのコミックは



「雷火 -RAIKA-」
原作:寺島優
作画:藤原カムイ

だと思います。邪馬台国を舞台にしたお話です。
スコラから愛憎版サイズの分厚い本(実はこれが単行本です)と、後に¥400コミックサイズの”普及版”が出ましたが、会社が倒産したため、版権が移動して角川書店から再リリースされています。

amazonで「雷火」をキーワードに調べてみましたが、こんなでどうでしょう?

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …

この回答への補足

藤原カムイってロトの紋章の人ですよね。
確か、絵は違った気がします。
邪馬台国と言うよりは、戦国か江戸です。
登場人物が着物で、日本刀を持ち、火薬云々の会話がありました。

補足日時:2003/09/04 09:04
    • good
    • 0

一つ目は、皆さん答えてるようにCOM COPですね。


自分の子供が生まれ、妻を亡くしてしまったので、子連れの警官となったものです。
岩泉舞先生が描いた短編集のひとつです。

もうひとつの作品ですが・・・
それはジャンプコミックでしょうか?
どうもジャンプじゃないような気がします・・・
私の頭の中である作品が思い浮かびますが・・・
そのお姫さまの名前はイヨと言うのではないでしょうか?
トカゲの化け物は、主人公が腹の中に入って内部から刀で切りつけて倒した??

すみませんが、もう少し情報が欲しいです。

この回答への補足

ワニは刀で切っても刃が通らなかったか、刃を口で挟まれ折られたかして、結局は毒を使って倒してた気がします。
結果姫に隠されていた地図は暴かれ、多くの忍者がその洞窟に集結。入ろうとして、灯りをつけたら、天然ガスに引火して、第一陣は全滅。
だったと思います。
トカゲの化け物は、確実にワニです。敵が、外国から仕入れたペットだと断言してました。それを見た忍者がワニを知らずトカゲの化けものとか呼称しました。
ワニですので、中に入れるほどでかくない気がします。

補足日時:2003/09/04 08:56
    • good
    • 0

1つ目の「なんとかコップ」ですが、


#1さんの回答されている「COM COP」に覚えがあり、もしやと思って十年くらい放置していたファイルを見たら・・・
「COM COP 2」のカラー扉絵を切り取ってました。
当時そうとう好きだったようです。何となく思い出しました(^_^;)
さて、その扉絵の裏1ページ目のみの情報ですが、
・主人公は警視庁対幽霊課本部という所に所属しているようです。
・小学生くらいの息子がいます(料理してました)
・髪はさらさら系?赤い長めのバンダナのようなものを、額に結んでいます。

こんな感じでしたが、記憶の漫画と該当しますでしょうか?
二つ目は私もピンとくるものがありません・・・。
ごめんなさい;
    • good
    • 0

一つ目は【COM COP】ではないでしょうか?


二つ目は分かりません・・・スイマセン。

参考URL:http://tkawano.cool.ne.jp/iwaizumi/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ