おたずねします。
グルコサミンは、コンドロイチンの主原料ですか。

あるページで、「グルコサミンはもともと体内の関節や靱帯に存在し~。また、軟骨組織や関節液にあるコンドロイチンやヒアルロン酸の主原料になるものである」とか「グルコサミンは、体内合成であれ、経口補給であれ、血液に乗って各臓器に達し、その臓器に適した物質に組み立てられる。関節の場合はコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸になる」とありました。

グルコサミンが変化してコンドロイチン硫酸になるということですか?

どなたかおしえていただけるとうれしいです。

A 回答 (1件)

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「キチン、キトサン、グルコサミンの構造式」
http://www.seikagaku.co.jp/ha/mame.html
(ヒアルロン酸)
http://www.naoru.com/konndoroitin.htm
(コンドロイチン)
http://www.naoru.com/mukotatourui.htm
(ムコ多糖)

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=160684
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=52655

http://www.glycoforum.gr.jp/science/hyaluronan/H …
(ヒアルロン酸:その構造と物性)
http://www.glycoforum.gr.jp/science/hyaluronan/H …
(ヒアルロン酸の医療応用)

ご参考まで。

参考URL:http://www.lifence-inc.co.jp/kouzou.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ