春休みになって時間がとれるので、映画をたくさん見たいと思っています。
そこで、これは本当に感動した!とか、世界観が変わった!とか、そういった本当によい映画を教えてほしいです。
ちなみに私はどちらかというとハリウッド系のメジャーな映画はあまり好きではなく(例外はありますが)、見たあとに自分の感性を高めてくれるような、芸術性の高い映画を見たいと思っています。マイナー映画大歓迎です。
あと、マイナーだけれどすばらしい監督を知っていたら教えてほしいです。
参考までに、好きな映画を挙げておきます。

アメリ
紅いコーリャン
運動靴と赤い金魚
ライフイズビューティフル
チェブラーシカ
ハッシュ!
アカルイミライ
キッド
双生児
リリィシュシュのすべて
活きる
青い春
気狂いピエロ
モダンタイムス
シャイン
独裁者
二重スパイ

六月の蛇
勝手にしやがれ
時計じかけのオレンジ
渚のシンドバッド
タクシードライバー
ティファニーで朝食を
七人の侍
生まれてはみたけれど
お早う
シカゴ

アクション・ホラーは苦手です。暗~いのとか、色がきれいなのとかが好きです。よろしくお願いします。

A 回答 (20件中1~10件)

私も娯楽映画が苦手で、質問者様同様、映像が綺麗だったり、暗かったり一人で見る系が好きです☆


「リリィシュシュのすべて」の岩井俊二作品はどれも素晴らしいですよ~
暗めだと「スワロウテイル」とか「ピクニック」。あとは「花とアリス」がプッシュです☆
音楽もとても良いです☆☆
あとは「ビューティフルマインド」「ジョゼと虎と魚たち」「死に花」とかですかね、
特に「ジョゼと虎と魚たち」は見終わった数日すっごい印象に残りました~
    • good
    • 0

1999年のメキシコ映画で「Amores Perros」アモーレス・ペロスという映画は自分の中ではここ2、3年の中で最高評価の映画であり、ものすごく好きな映画です。


ショーン・ペンやベネチオ・デルトロが出演している21gの監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥがメガホンを取った映画でもあります。
かなり賛否両論別れる映画のようですが、見てみてはいかがでしょうか。
ちなみにタイトルの「Amores Perros」とは「犬のような愛」という意味です。
下は公式HPです。

参考URL:http://www.lionsgatefilms.com/amoresperros/html/
    • good
    • 0

ご無沙汰です。

さっきお礼のメッセージが届きました。
ところでイ・チャンドンの「オアシス」はご覧になりましたか?

去年の暮れの「ほえる犬は噛まない」から「悪い男」「オアシス」と
韓国映画に感心しっぱなしです。
韓国とひとまとめにするのが憚れるほど各作家の個性は違うのですが
インディーズらしい奇想と、モダンな絵作りと、驚異的な演技力と
しっかりとした物語が楽しめる部分では、共通するものがあると思います。 
それと、何故かどれも最低の男が主人公なんだよね。
あと、何より三作品とも弱者に優しくない。

中でも「オアシス」が素晴らしくて
これのお陰で、年初に見た「ジョジョと虎と魚たち」が
一瞬にしてくすんでしまいました。
まだ4月ですが、きっとこれが今年のベストじゃないかと思います。

ところが、私の信頼する友人が「オアシス」以上に
イタリア映画「ぼくは怖くない」が素晴らしいと言うんですよ。
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2 …
今月までの公開のようなので、見逃さないようにしようと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 わーいまたまたCUE009さん!何度も、ありがとうございます!感激!

 オアシス、まだ見てないんですよねえー春休み、忙しくてけっきょくあんまり映画見れなかったんです;;
 オアシスは、映画館の予告で見て以来、これぜったいおもしろい!!って思ってました!やっぱいいんですねえ~うう、見たい!ありがちな、障害者のお涙頂戴ものっぽくないとこが、いいなーって思ってました☆
 そういえば、この春休み、韓国に行ってきたんです。熱気のある国でした~やっぱり、これからの時代は韓国だわ!

 ぼくは怖くない、あっ、ずっと気になってたのにすっかり忘れてました!今月までなんですね、ぜったい見なきゃ!教えてくれてありがとうございます^^

 何度も何度も本当にありがとうございました!CUE009さんのおかげで、映画の見方が変わりました!感謝感謝です!^^

お礼日時:2004/04/15 18:58

今、暇なのでまた来ました。

前回は80~90年代を紹介したので、今回は最近のモノで、より個人的に好きな作品を紹介させて下さい。

まず、去年の公開作品から。
■アカルイミライ
■ほえる犬は噛まない
前者はpapapapapaaさんがお好きな作品としてすでに挙げており、後者は下の回答で既に私が挙げた作品ですが、すこし言及させて下さい。黒沢清監督の作品はどれも基本的にストーリーが曖昧でヤマもオチもなく、ダメな人には全くダメなのですが、ストーリーが曖昧な分、各シークエンスが強烈で、特にこの作品のいくつかのシーンは私の頭に焼き付いて今でも離れません。でも黒沢清を初め、日本のインディーズは、絵づくりや雰囲気、変な人や非日常的な情景を描くことに注力する傾向が強く、その分、物語が軽視されている嫌いがあると感じます。一方「ほえる犬は噛まない」は韓国発のブラックコメディで、変な人や変な日常がたくさん描かれているのですが、それらがしっかりと物語として昇華されているので、日本のインディーズ作品と違い、恐らく誰が見ても楽しめると思います。シュリやJSAに較べるともの凄くお洒落で、韓国は恐るべきスピードで洗練を身につけている!と驚きました。

次に2002年の公開作品から。
■UNloved(万田邦敏監督作品)
ハッシュ!が好きなら、これをお薦めしておきます。この2作品はほぼ同じ時期に公開され、作品の底にある問題意識が似通っていて、両方見ることでより楽しめました。UNlovedはちょっと観念が先走った堅苦しい話なので、作品としてはハッシュ!の方がエンターテインメントとして優れているとは思います。

2001年の公開作品から。この年はいい映画が多かったので、列挙します。
■あの頃、ペニー・レインと(キャメロン・クロウ監督作品)
■ゴーストワールド(テリー・ツワイゴフ監督作品)
■ベティ・サイズモア(ニール・ラビュート監督作品)
■リトル・ダンサー(スティーヴン・ダルドリー監督作品)
■魚と寝る女(キム・ギドク監督作品)
上4つは単館系でも結構ヒットしたし、芸術性云々をいう前に「よく出来た映画」ですから、あえてコメントする必要はないでしょう。好き嫌いが分かれそうなのは「魚と寝る女」でしょう。暗~くて色がきれい、という点でバッチリです。ただ、痛いんです。血とかがダメな人には薦めません。でも、痛いからこそ美しいシーンがハッとするほど美しい。タナトス系の美しさとしてはピカイチだと思います。キム・ギドクは間もなく新作が公開されますね。http://www.kimki-duk.jp/badguy/index2.html

2001年の公開作品から。
■オール・アバウト・マイ・マザー
■あの子を探して
は、もう出てますね。
■遠い空の向こうに(ジョー・ジョンストン監督作品)
■カリスマ(黒沢清監督作品)
■ミフネ(ソーレン・クラウ・ヤコブセン監督作品)
■風が吹くままに(アッバス・キアロスタミ監督作品)
などもお薦めです。この中では「ミフネ」に言及しておきます。これはラース・フォン・トリアーが主催する「ドグマ」シリーズの3本目で、ドグマの中では一番いい作品だと思います。ドグマについてはこちらを参照下さい。http://www.ltokyo.com/yanasita/works/mags/esq/99 …

長くなりましたんで、このへんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わー!CUE009さんだ!再び、ありがとうございます!お礼おくれてごめんなさい・・・許してください;;

ほえる犬は噛まない・・・おもしろそう!そうですよねえー確かに、日本のインディーズは、物語軽視かも・・・わたしも、自分で映画をちょっと撮っているんですが、映像重視になっちゃってます・・・でも、この映画はそうじゃないんですねー!気になる・・・見なきゃ!韓国映画おそるべし!

UNlovedは、ハッシュが好きならいいんですねー、見てみます!

魚と寝る女・・・気になる~!血はちょっと苦手だけれど、でも、見たい!これも韓国映画ですねーこれからのライバルは、間違いなく韓国ですね!

他にも、いろいろ教えてくださって本当にありがとうございます!CUE009さんのご回答は、いっつもとても勉強になります!お礼、おくれてごめんなさい・・・あらためて、ありがとうございました!

お礼日時:2004/04/15 00:07

私と見ている映画のタイプが非常に似ているので、もしかしたら参考になるかもです!



というわけで、アメリ系(独断ですが)だったら「猫が行方不明」をおすすめします!!!
すごくかわいいし、色もきれいだし、結構フランスというか「パリ」のかんじを上手に表現している作品と思われます。監督の名前を忘れてしまったけど、この人の作品は繊細な人間描写をコメディタッチで表現しているものが多いです。フランス語初心者であればすごく分かりやすい台詞が使われているんで勉強にもなります。かのカヒミカリィのお墨付きでしたょ。

さて、中近東の映画もお好きなようですね、ならば「友達のうちはどこ?」「オリーブの林を抜けて」「黄桃の味」もいいと思います。イラン映画としてはこのあたりから日本に浸透してきたような・・・。今、いろいろでてきてますけど、アッバスキアロスタミ監督の作品は基本的にすてきです。内容も色も、です。

「勝手にしやがれ」はゴダールの作品ですが、彼(あるいはヌーヴェルヴァーグ系の監督達)の一連の作品はすごく“当時のフランス人の感覚”というカラーが強い作品ですから、実は現在の日本人にとってはちょっと眠くなってしまうかもですね。でも「女は女である」「メイドインUSA」「中国女」などは色がきれいだから、ストーリーはともかくも、ある種のセンスのよさ見たいのを感じることができると思います。「はなればなれに」もいいそうですよ。私も見てないので見てみようと思います。
ゴダールを離れますが、ゲンズブール関連の映画もいいかもですね。「ANNA」では音楽も映像もたのしめます!他、いろいろありますが結構エッチなのが多いので、サイトで確認してから見た方がいいかもです。箱がかわいいから~なんていって、実際みてみるとなんじゃこりゃ?ということもよくありましたから。でも「ガラスの墓標」はテーマ曲がとてもいいです。(個人的に)

さて、映像的に、ということで「双生児」についてもいい意味でいろいろコメントできますけど、塚本晋也監督のものはちょっとエログロ系が多いのでこれ以外の作品はとくにチェックしなくてもよろしいかと思います。もちろんBホラ好き!ならお勧めです。明治・大正時代あたりの不思議貴族系ならば「ランポ」もいいですね。本木雅弘さんはこの手の映画において、すばらしい役者さんです!!

あと日本の映画なら「サムライフューチャー」もすごくいいです!(江戸)時代劇でモノクロの緒川たまきさんは一見の価値ありです。この監督さんはSF(ステレオフューチャー等)というキーワードでもっていろいろ作品を発表してますが、このへんも時間があったら是非見ていただきたいです!

それからチェブちゃん!が好きならば現在公開されている「ミトン(他2作品)」も是非お勧めです。(きっとDVDなどでも見られるはず)チェブちゃん製作スタッフ関連作品なので、やはりチェブ好きさん必見です。動くお人形映画にちょっと「時計仕掛けのオレンジ」のエッセンスが加わったもの(強引ですね)としてはヤン・シュバンクマイエルなんかがそれに相当するかな、マニアックな感じがするので、ハリウッド専門の人には退屈かもしれないですが。

とはいっても、アメリカ系映画関連にしても個性的でスタイリッシュな映画を撮られる、ステキな監督さんはたくさんいらっしゃいますよね。質問者さんやみなさんがあげている、スタンリーキュブリックやヴィムヴェンダースはもちろん、ソフィアコッポラやクエンティンタランティーノ(バイオレンスなものが多いですがジャッキーブラウンは大丈夫◎)、デヴィッド・リンチなんかもよろしいかと思います。

さて!今ちまたでウワサの「ロードオブザリング」シリーズで有名なピータージャクソン監督の過去作品において、全くジャンルの異なるすばらしいヒューマンドラマ系の映画があります!!これも是非探してみてくださいな。

「暗い」のキーワードで、色という観点ではデレクジャーマン、雰囲気という観点ではレオスカラクス、ギャスパーノエが一押し!!

以上、もっといろいろ知りたい!とあらばキーワード検索してみてくださいな~。

長々と失礼しました・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてごめんなさい!パソコンを開く時間がなくって・・・ごめんなさい;;

「猫が行方不明」、カヒミカリィのお墨つきなんですね~あのひとおしゃれだから気になる!おもしろそう~見たい!

「黄桃の味」わたしも前から見たいと思っていました!でも、レンタル屋にないんですよねえーこまった!

「勝手にしやがれ」は見ました^^けっこう好きです、ゴダール!でも、たしかに眠くなる・・・他の作品も見てみます!

塚本晋也監督って、エログロなんですね・・・確かに、6月の蛇はちょっとそうだな~って思いました。

「サムライフューチャー」、初めて聞きました!緒川たまきさんですかー・・おもしろそう!

ミトン!ぜったい見たい!気になってました!でも、見れなかった・・・DVDでたら絶対みます!
ヤン・シュバンクマイエルですね!人形に時計仕掛けなんて・・・むちゃくちゃおもしろそう!!

へ~、ロードオブザリング、見てないですけど、全然違ったものをつくっていたんですねえ~気になる・・・ちょっと、見させていただきます!

暗いのキーワード、教えていただきありがとうございます!参考にさせていただきます!

こんなにおしえていただいたのに、お礼が遅れてしまい、本当にごめんなさい。あらためて、ありがとうございました!

お礼日時:2004/04/15 00:00

書き込まれてるかたもいますが


「リトル・ダンサー」です!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてごめんなさい・・・パソコン開いてませんでした・・・

リトルダンサーやっぱりいいんですねえー見てみます!
ありがとうございました☆

お礼日時:2004/04/14 23:50

#9さんのDIVA映像がきれいでしたね。

1票!
#11さんの黒いオルフェにも1票!
#12さんのマグノリアの花たちにも1票!

「項羽と劉邦-その愛と興亡」
ラストの呂薙(コン・リー)が切なくて泣けました。私は虞姫のような
生き方をしようと心に決め(?)ある意味、世界観を変えたとも言えるかも。

「グリニッジビレッジの青春」
DVD等にはなっていないみたいです。自殺癖のある登場人物と、その人に
関わるシーンが(ネタバレになるので申し上げられませんが…)
10年以上経った今でも忘れられません。「光あるうちに光の中を歩め」を
読み返してしまいました。

「魔のバミューダ海域」
ごめんなさい、ホラーです。この映画メチャクチャ怖かったです。
この映画を観てはじめて西洋人との感性や宗教観の違いについて理解でき、
それまで表面上の付き合いだけだったのが、腹を割って話をする
きっかけとなりました。何でこの映画でと聞かれても上手く説明出来ませんが…

「モンスーン・ウェディング」
観終わった感じがとても気持ち良かったです。雨降って地固まる(笑)
衣装や、風景、マリーゴールドの色がきれいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてごめんなさい・・・パソコンを開いてませんでした;;すみません。

「項羽と劉邦-その愛と興亡」、ぜったいみたい!コンリー大好きです!世界観変えてみたい~!!

「魔のバミューダ海域」ホラー・・・しかも、めちゃくちゃこわいって・・・見れるかしら・・・でも、西洋人の感性は知りたい・・・むむむ

「モンスーン・ウェディング」雨ふって地固まる??
よくわかんないですけど、おもしろそうです^^

ありがとうございました☆

お礼日時:2004/04/14 23:49

現在劇場公開中の『ミスティック・リバー』暗いですし、独特の深い余韻があるいい映画です。

映画館にまでは行けないというのでしたら、同じクリント・イーストウッド監督の『許されざる者』をビデオでどうぞ。

また、ミニシアターで上映中の『息子のまなざし』はすごくよかったです。同じ監督の『ロゼッタ』はビデオレンタル可能です。こちらもまた別の暗さがあります。

新作レンタルビデオでは、『アバウト・シュミット』『ムーンライト・マイル』がよかったです。いわゆるハリウッド大作とは違ったよさがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてごめんなさい!ずっとパソコンをひらいてませんでした・・・すみません;;

ミステリックリバーいいんですねえ~気になってました!独特の深い余韻!いいな~!!

ミニシアター系大好きです!息子のまなざし、ロゼッタ。ぜひ見させていただきます^^

アバウトシュミットは見ましたよ~たんたんとした絶望感みたいのがいいですよね~

ありがとうございました!

お礼日時:2004/04/14 23:45

「オール・アバウト・マイ・マザー」は私もお勧めですね。


やっぱり話の作り方がハリウッド映画と全然違うんですよね。
切ないんです。それと、あの魔性の女性ペネルペが
とても可憐ないたいけな少女の役で、別な一面を見ました。

「グラン・ブルー」も切ない系。色がきれい。
他に切ない系は
ジュリア・ロバーツがヒットする前の作品。
「マグノリアの花たち」かな。糖尿病で死んじゃうのですが
その少し前ジュリアも原因不明の病気で死にそうだったらしくて
そういうことを思うと、感情移入してしまいます。ジュリアの
「ミスティック・ピザ」も、よかったです。今の彼女がやる役ではないところが。


「オルランド」映像がきれいです。
原作のヴァージニア・ウルフのとりとめのない意識が流れていくような話を
よく描けていると思います。感動系ではありません。映像で見る映画。

「ピアノレッスン」のジェーン・カンピオンの他の作品。
これもとても官能的で好きですが、
「エンジェル・アット・マイ・テーブル」は、淡々系ですね。

淡々系でいけば
「フライドグリーントマト」もお勧め。

暗~いのは、
「プリースト」。私は泣きました。

ジョージ・クルーニーってとってもセクシーですよね。
「Oブラザー」はお勧めまでは行かないけど、
ジョージ・クルーニーの歌声が聞けて
とっても上手でびっくりでした。

セクシーなクルーニーをみたいなら
「アウト・オブ・サイト」がお勧め。
「スリーキングス」も面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてごめんなさい!しばらくパソコンから離れていたもので・・・すみません;;

「オール・アバウト・マイ・マザー」やっぱりいいんですねえーペネルペが可憐な少女!みてみたい!!

切ない系もいろいろ教えてくださってありがとうございます!切ない系大好き~!!

ジョージクルーニーいいですよねえ~歌声きいてみたいな~「Oブラザー」見てみます!

ありがとうございました☆

お礼日時:2004/04/14 23:41

こんにちは!



アカデミー賞の9部門を受賞した
「イングリッシュ・ペイシェント」は、ご覧になった事はありますか?

http://www.sankei.co.jp/mov/yodogawa/97/970325yd …

「ただの不倫のメロドラマじゃん!」という評価を聞いた事がありますが、そーじゃないと思うんですよねぇ。
砂漠で負傷した最愛の女性を抱きかかえる主人公の表情と彼女の愛のセリフ。2時間42分の長い作品の全てがあのシーンに集約されていると思うんです。
映像も美しく、空から見た砂漠の風紋とグライダーの影が心に残ります。
ヒロインのクリスティン・スコット・トーマスは本当にエレガントで美しく、そんな彼女が欲望に溺れるシーンは、かえってその深さを感じました。

それから「ひまわり」です。
ソフィア・ローレン主演の悲恋の映画です。
これも、音楽も美しいですが、いちめんのひまわり畑の映像が本当にきれいです。

そして「黒いオルフェ」
http://www.eiga-kawaraban.com/00/00072602.html

数年前の作品「オルフェ」ではなく、1959年の作品の方です。音楽が本当に美しいです。
ギリシャ神話を元に作られたストーリーですが、原題は「Orfeu Negro」ですが、「Negro」が黒人に対する蔑称にあたる為、数年前の作品は「オルフェ」だけになってしまったと聞きました。

古いギャング映画で
ジャン・ギャバンの「シシリアン」やアラン・ドロンとジャン・ポール・ベルモンド共演の「ボルサリーノ」あたりも渋くて好きです。
特に、ジャン・ギャバンは、「いぶし銀」という言葉は彼の為にあると感じる存在感です。

他にもありますが、キリがないのでまたの機会に・・・。
楽しい春休みを過ごしてね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!イングリッシュ・ペイシェントおもしろそうですね!私、不倫とか官能的な感じも好きです笑 映像が美しいなんていいなあ~!!
ひまわりは聞いたことあります。でも見たことないので見てみますね!
黒いオルフェかあ~初めて聞きました!音楽がすてきなんですねえ!いいですねえ!
ギャング映画はあまり縁がなかったですが、この機会に見させていただきます!
ありがとうございました!

お礼日時:2004/02/05 12:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ