寺山修二や三好達治の文の中に「にび色の空」と出てくるのですが、
にび色(鈍色)とは何の色なんですか?
古語辞典によると喪服の色濃い鼠色となっていました。
古典に出てくるぐらいなので昔からあった色だと思うのですが、
何の(何から出された)色だったのでしょうか?
また今は喪服というと黒のイメージがするのですが、
以前は喪服は濃い灰色だったのでしょうか?
どうぞ教えて下さい。お願いします。

A 回答 (4件)

わたしもひとつ付け加えで・・・ご参考までに。



「日本語大辞典」講談社 カラー版 の巻末特集に色名辞典があります。
色見本が印刷されていて,
「鈍色」にびいろ 薄墨に藍(アイ)をさして染めた染色を表す伝統色名。喪服の色に用いられた。天皇の喪服の色は特に錫紵(シャクジョ)という。
と説明がついています。
    • good
    • 0

青木 玉(幸田 文の娘)の本で「幸田 文の箪笥の引き出し」で鈍色についてとりあげていたと思います。



他にも色についえこだわりのあるエッセイだったと思います。機会があれば、読んで見てください。
    • good
    • 0

下のURLの73番に


鈍色の色見本と簡単な解説があります。

橡(つるばみ,クヌギの古名)という団栗の実とへたを煎じて染め,
それをお歯黒鉄で発色して黒味の灰色にしたものです。

同じ材料でも明礬で発色すると
33番の黄橡(きつるばみ)になります。

参考URL:http://www.wanogakkou.com/life/00100/00100_003_0 …
    • good
    • 0

 おはようございます。



 下記のサイトが参考になると思います。ご想像のとおり,昔,喪に服する人が着用した色です。

http://www.iz2.or.jp/emaki/main1_sub5.htm

参考URL:http://www.iz2.or.jp/emaki/main1_sub5.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ