とり・みき「クレープを二度食えば」
のような、等身大の時間移動ものを読みたいと思っています。

時間移動を題材にした漫画は沢山あると思うのですが、
以下のような条件でお願いします。
1. 現在、新刊で購入できるもの
2. 主人公の主観時間と描かれる時間が錯綜してて、
 読んでて「あ、これがここに繋がるのか」と関心してしまう作品。

条件としては以上だけなのですが、質問の意図を明確にするため
「こういう作品は今回は求めていない」というのを例を添えて以下に記します。
3. 時間移動が単なる手段で、メインテーマが違う作品
 高橋留美子「犬夜叉」
4. 歴史上の話が物語の舞台の大半で、そこに未来人がテクノロジーと共に関わる作品
 かわぐちかいじ「ジパング」
 横山光輝「時の行者」
5. タイムパトロールに類する組織が出てきて、歴史の修正が主題の作品
長谷川裕一「クロノアイズ」
6. 時間移動が宇宙旅行に起因するもの
7. 盛り沢山な内容で、時間移動もついでに出てくる作品
 永井豪「手天童子」
8. それまでぜんぜん時間移動の話がなかったのに、
最終決戦等でドカッと時間を戻してしまうような作品
9. 以下の作品(すでに単行本を持っているので)
 手塚治虫の作品
 藤子・F・不二雄の全SF短編、「ドラえもん」
 ツガノガク「時をかける少女」

※この質問は、読んだことのないマンガを見つける(教えてもらう)のが目的で、
 リスト作成をしたいわけではないです…。

A 回答 (12件中1~10件)

タイムマシンの扱いがベタ過ぎて少し物足りない気がしますが、


鶴田 謙二氏の「スピリット オブ ワンダー」に収録されている
「リトルメランコリア」などはお好みのタイプでしょうか?
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/
40b01e73927ab01045d3?aid=p-mahiro07726&bibid=01882348&volno=0000

他には森脇真末味女史の「アンダー」なんかは時空移動による
パラドックスが理解できないと作品自体を理解できなくて
面白くないかもしれませんが、、、。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/
40b01e73927ab01045d3?aid=p-mahiro07726&bibid=02093752&volno=0000

手塚作品や椎名高志氏の作品も新刊で入手できないだろうし、
石川賢氏や永井豪ちゃんの作品もとっくに絶版になっているし、、、。
諸星大二郎氏や星野之宣氏、飛鷹ゆうき女史の作品も入手できないし、、、。
SFマンガってすぐに絶版になってしまう、、、。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
紹介された作品を確認するのに時間がかかりお礼が遅れたことをお詫びします。
> 鶴田謙二「リトルメランコリア」
マンガの構成が未熟なのが気になりました。同じ話を別な演出家で再構成すれば読みやすくなるのにと感じました。
> 森脇真末味「アンダー」
すみませんが、面白くなかったです。私の理解力の無さとは思えないです。時間移動は第三者が台詞でそう言ってるだけだし、その台詞を変更しても成り立つ話です。
> 飛鷹ゆうき「タイムウォーカー零」
絶版ですが、たまたま当時の少年ジャンプがあったので読み直してみました。古臭い絵柄には好感が持てますが、SFマインドと程遠い安易な時間の扱いにがっかりしました。

補足日時:2004/07/27 00:44
    • good
    • 0

んー・・・ちょっと自信はあまりないんですが・・・。


少女漫画なんですけど、赤石路代先生の「その日は金曜日」ってご存知ですか?
かなり切ないお話です。
読みきりのお話なんで短いんですけど、大好きな作品です。結構昔の作品ですが、赤石ファンの中では評価の高い作品だと思います。(赤石先生は、ドラマ化された「P・A」が有名かと思います)
「姫100%」の4巻と、「フェアレディは涙をながす」に収録されてます。「姫~」は新刊での購入は無理だと思いますが、「フェアレディ~」は多分新刊で入手できます。ただ、文庫ですし、他の話は時間移動とは関係ない話です。
もし、ご興味を持たれましたら、ご一読下さい。

参考URL:http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=409 …

この回答への補足

お礼が遅くなってすみません。
「その日は金曜日」読みました。まさにこういう作品を探していました。
時の移動と絡めた切ない描写も見事ですし、タイムパラドックスの破綻もなく、それぞれの時間のつながりが、ドラマの盛り上げとしてとてもよくできてると思います。
すばらしい作品を紹介していただいて感謝します。

「フェアレディは涙をながす」なかなか置いている本屋がなくて入手に苦労しましたが、他の読み切り作品も面白く珠玉の名品揃いで、買って本当に良かったです。

補足日時:2004/07/25 19:39
    • good
    • 0

漫画限定ということですが、小説はダメですか?


CDドラマ化していまして、そのまま聞けば、原作どおり。
チャプターを指定して再生すれば、実際の時間の流れ通りに話が展開するという、おもしろいのがあるんですけど。

この回答への補足

マンガになってないですか?

補足日時:2004/07/17 15:47
    • good
    • 0

ベタですが、「ドラゴンボール」のセル編は意外にしっかりとタイムマシーンを活用して、話を複雑に作っていますね。

ちゃんと並行宇宙へ移行してしまったりするのでタイムマシーン物として読めると思います。ただ、ちょっと登場人物が多いのでセル編だけ読んでもチンプンカンプンかも・・
割と鳥山明の漫画はタイムスリップネタが多いかも?

ちょっとスケールがデカイですが「ブルーホール」も時間モノ。

この回答への補足

鳥山明「ドラゴンボール」、なんだかんだ言っても良く出来てますし、面白いです。今回はポイント外です(条件7に抵触します)。
星野之宣「ブルーホール」、白亜紀を描く大袈裟な話なのでこれも今回の対象ではありません。

補足日時:2004/07/17 15:39
    • good
    • 0

タイムスリップものだと2パターンが考えられますね。

主人公がタイムスリップして過去や未来に行ってしまうもの。これはタイムスリップが最初から物語中に語られています。「ジパング」や「王家の紋章」「天は赤い河のほとり」など大作も多し。そして主人公がタイムスリップした人物(自身でも他人でも)と関係していくもの。タイムスリップは徐々に明らかになるパターンです。どちらもたくさん漫画はあると思いますが、パッと思い付くものから。

前者でのオススメは、名作になりそこなったこの作品。
「代紋TAKE2」原作/木内一雅 漫画/渡辺潤
大人気だった作品ですし、現在も連載中ですから新刊で入手可能でしょう。タイムスリップものとしては、序盤の数巻がよく出来てます。さっさと終わらせていれば、SFの名作だったのになあと残念ですね。

「遥かな町へ」谷口ジロー
自分の子供時代へタイムスリップしてしまう話です。谷口SFですから、もちろん名作。すでに読まれてる可能性大。

「銀の三角」萩尾望都
萩尾さんはたくさんありそうです。これもきっと読まれてると思うのですが、萩尾先生らしい緻密な構成が魅力。一般的には難解とされていますが、もちろん名作。ただ条件4に抵触するかも。

「マリーン」萩尾望都
原作ものの短編ですが、泣ける話です。当然名作です。いじめられてる貧乏な子供が、マリーンという女性に助けられます。マリーンは少年が苦しいとき悲しいとき、いつも現われては励ましてくれます。少年はマリーンを想いながらプロテニスプレイヤーへと成長しますが、マリーンには婚約者がいることを知ってしまいます。でも?

「エイプリル・マジック」ひかわきょうこ
ひかわさんの初期SF短編です。SF研究会とかも出てくるし(笑)。主人公の女の子は、隣の高校の生徒会長に恋してますが、彼には昔から好きな女性がいるらしい。ある日、彼女は1人の少年に出会います。そして……。
いまでは少女漫画によくある設定ですが、発表当時は珍しかった話です。

この回答への補足

タイムスリップもの、というカテゴリに今回私が求めてる作品が含まれるか分からないんですが
例として挙げられた「主人公側の視点がどちらにあるか」というとらえかた以外にもいろいろ分類の仕方があると思います。
今回の質問をする前に私が感じたのは、「“時間移動”自体についてはシンプルな扱いの作品が凄く多いな」ということでした。
「一回、ドカッと過去にいって、そこから話が始まる」とか。
「出発元の時間軸と出発先の時間軸が2つ並行して話が進む」とか。
「不思議な奴は実は未来人だった」とか。
いきおい、こういう描き方は、時間移動の妙よりも時間移動先での描写が話の中心になります。「代紋TAKE2」なんか、時間移動よりもヤクザ抗争の方に読者アンケートの反応がよかったのでああいう長期連載の形になったのだと思います。

時間移動を道具立てのひとつとして、それ以外の部分で読ませる魅力的な作品は多いのですが、
そうではなくて、時間移動というとんでもない技自体の魅力を描いた作品を読みたい、というのが今回の質問の意図でした。

補足日時:2004/07/17 16:28
    • good
    • 0

>主人公の主観時間と描かれる時間が錯綜してて、


 読んでて「あ、これがここに繋がるのか」と関心してしまう作品。
ということなので「タイムパラドックス物」をお探しでしょうか?

主旨と少し違うかもしれませんがタイムスリップ物で、
川原泉女史の「バビロンまで何マイル?」は歴史を
新しい視点で見せてくれる作品です。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/
40b01e73927ab01045d3?aid=p-mahiro07726&bibid=01878346&volno=0000

萩尾望都女史の「あぶない丘の家」はタイムスリップで
鎌倉時代を再発見させてくれますし、人類の終末を救うべく
タイムスリップしてくる人たちが登場します。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/
40b01e73927ab01045d3?aid=p-mahiro07726&bibid=02098414&volno=0000

他にも少年マンガなどで多数あることはあるのですが、
新刊で入手できるマンガはほとんどありません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
条件4に抵触します。(「未来少年」除く)
タイムスリップで大昔を見に行く話ではなくて
今回の質問では
割と短い範囲の時間の中を何度も行ったりきたりというような話を探しています。

補足日時:2004/07/17 15:50
    • good
    • 0

私も真先に『はるかリフレイン』を思い出しました(笑)


しかし、今回の条件は難しいですね。とりあえず新しい作品としては、
能條純一(著)『奇跡の少年』 かな。
 現在週刊少年マガジンで連載中。まだ全容が見えませんが、未来から来た少年の話です。

また条件1に適合しないと思うけど、
石ノ森章太郎(著)『時ヲすべる』全2巻 秋田書店
ながはまとしみ(著)『大江戸きっちん』全1巻 講談社
木崎ひろすけ(画)吉本昌弘(作)『A・LI・CE』全1巻
等もタイムスリップ物として気になるところです。

この回答への補足

「奇跡の少年」、私が少年マガジンを見るタイミングではいつも休載だったようで、作品自体知りませんでした。
読んでないのに憶測ですみませんが、描写されるのは常に現代で淡々と時間が流れていく(時間が行ったり来たりはしない)話ではないでしょうか?だとすれば今回のお題には合いません。
未来人が現代にやってきて「翔丸組に入るんだ!」みたいに学園を制圧していく話なんじゃないかと…。

石ノ森章太郎は作品も多そうですけど、ほとんど絶版でもあるみたいです。自選全集にはあんまり入ってないし。

補足日時:2004/07/17 17:06
    • good
    • 0

条件2に適合するかわかりませんが、


私が知っているタイムトラベルものでお勧めなのは

岡崎二郎『時の添乗員』です。

さまざまな境遇におかれた人々が
時の添乗員と偶然出会い、
過去を旅して今をかみしめる。
…そんな8つの短編から構成されています。

SF好きなら岡崎二郎はお勧めです。

この回答への補足

ショートショートや人情話が好きな人には、岡崎二郎はおすすめでしょうね。

この作品は過去の一点を焦点にする描き方をしてるので、おっしゃるとおり条件2の「錯綜」には当てはまらないです。

補足日時:2004/07/17 16:03
    • good
    • 0

どんなのがあるか、今ちと考えてみたんですが…



楳図かずお「漂流教室」
有名過ぎますね。

内田美奈子「赤々丸」
これは今手に入らないかも。

細川知栄子「王家の紋章」
すみません、メンフィスー!に飽きたのでもう読んでません。(笑)

なんかどれも異世界へ舞台を移すための理由付けで、タイムスリップが物語に密接に絡んで面白い作品とは言い難いかも。
結構ありそうに思えて、難しいお題ですねえ。
私も他の方の回答に期待してます。(^^;

この回答への補足

質問の意図を正しく理解していただいて嬉しく思います。
それぞれ面白い作品ですけど、時間描写以外の部分が面白いのであって、「入り乱れる時間同士の関連要素を見事に構成するような作品」ではないですよね。

補足日時:2004/07/17 16:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「郭公な私たち」は、まさに条件2にぴったりの作品でした。よい作品を教えて頂いて感謝してます。絶版が本当に惜しまれます。

お礼日時:2004/07/18 21:56

 こんにちは。



 伊藤伸平『はるかリフレイン』(白泉社)
 を思い浮かべたのですが、条件の2にはそれほど当てはまらないような気もします。ですので自信は「なし」です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
この作品は知りませんでした。
「切ない」「ジュヴナイル」「SF的にどうか」というキーワードで評されてるので大変興味を持ちました。読んでみたいと思います。

補足日時:2004/07/17 16:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

絶版のようです。
「図書目録白泉社全作品2004-2005」に記載がなく、
いくつかのオンライン書店でも扱いがありませんでした。

お礼日時:2004/07/18 04:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ