初めまして。

来月が誕生日で保険料が変わるので今週中に契約したいと思っています。
東京海上あんしん生命のガン保険と医療保険にはいるつもりなのですが、
終身(60歳払済)にするか、終身(終身払い)にするか、
10年間保障にするか迷っています。
今、24歳なのですが、終身にすると保険料が予算を超えます。
(でも払えない額ではありません。)
ですが、10年間保障ですと、当然10年ごとに保険料が値上がりするわけで、
54歳の更新時に、終身よりも高くなります。

先のことはわからないので10年保障を買うべきか、
先のことを考えて今終身を買っておくべきか、
その場合は終身払いにするか60歳払い済みにするか、
悩んでいます。

また、10年保障を買った場合、年々(というか10年ごと)に高くなる
このプランを自動更新で続けていくのがベストなのでしょうか?
それとも、あるタイミングで終身に変えるなど、
なにかよい方法があるのでしょうか?
その辺の見通しも立たず、悩んでいます。

どなたかアドバイス、お願いします。
ありがとうございました。

A 回答 (11件中1~10件)

No.10のhoken24さんの回答に対する補足です。



半年払も年払も発売当初は設定されていなかったようですが現在は可能です。
医療保険、ガン保険それぞれの保険料表(年払・半年払)は手元にあります。

確かに年払なり半年払にすれば払込総額にすれば大きな差になりますが、逆に
自由度が利かなくなるデメリットもありますので、十分検討する必要はあるか
と思います。

この回答への補足

この場を借りて皆さんへお礼と検討結果の報告をさせて下さい。
(使い方が間違っていたら申し訳ございません)

たくさんの有益なアドバイス、ありがとうございました。
本当に参考になりました。そして次の商品を選びました。

終身保障→東海あんしん「長割り終身」200万(55歳払済)
医療保険→安田ひまわり「ワハハ21」5000円(60歳払済)
がん保険→東海あんしん 10年間保障(実はまだ検討中)

保険料と解約返戻金にばかりこだわっていましたが、
保障内容重視でポイントを絞って検討することができました。
がん保険については入るかどうかも検討中ですが、
とりあえずはほっとしています。
保険に入るって大変ですねー。
これで保険選びから解放されると思うと嬉しいです。

本当にありがとうございました。

補足日時:2001/10/03 09:35
    • good
    • 1

東京海上あんしん生命の最低保険料の件についてお答えします。


通常のパンフレットには確かに載っていません。
けれども。年払いにする予算があれば、12か月分の保険料が多少
安くなり、最低保険料もクリアして5000円タイプに入れるはずです。
自信がありませんが、半年払いもできるはずです。
代理店でも知らない人は多いですから、再確認して見ると良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
そのことは知りませんでした!!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/10/03 09:34

indieさん、またまたお邪魔致します。



私の保険商品を選ぶポイントは以下のURLで回答しておりますので
ご参照下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=133888
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=122444
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=113286
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=103306

ただ、最終的に商品を決めるのはindieさんの自己責任です。
また、本当によい商品に巡り会うまで十分検討することも大切です。
今回の誕生日に無理に拘ることはないと私は思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=122444
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/03 09:22

 他の方のコメントなどを見つつ、補足させて頂きます。



>>1.今週中に契約するのが本当のリミットでしょうか?
>東京海上あんしん生命は契約日が月初なので、
>誕生日を迎える前月の末までに申込していないといけないとのことでした

 そんな事ないですよ。契約日特例を使うと誕生日の前日まで計算年齢は変わりません。ただ、前月まででないと、最初に2ヶ月分の保険料が必要となります。(支払額は変わりません。)申込書上の契約日特例に○するだけです。

>先ずは、akebonotarouさん、医療保険は確か今年の春頃に発売されました。

 はい。1月より発売しています。(がん保険は7月に改訂しています。)

> 本音言いますと東海のがん保険はあまりいい商品だとは思いません。
> 他の会社のがん保険も比べてみたほうがいいですよ!
> 長割と3つの安心は結構いいとは思いますけどね。

 できれば良くないという根拠まで私も教えて欲しいです。
 以前外資含め、数十社の受取のシュミレーションをやってみました。当たり前の事ですが、がんになったらナンボ貰えんねん、というのが何だかんだ言って一番です。各社のパンフレット上の給付例のケースを他社に当てはめていくというやり方です。すると、一部除き実の所どこのガン保険も給付額に大差はありませんでした。頭一つ抜き出ていたのが東海あんしん、住友ゆうゆう、チューリッヒと言った所でした。
 うーん、色々な保険が出ている昨今、3つのあんしんの方がむしろイマイチ・・・。

>終身保障の短期払(60歳払込み終了)の保険

 終身払いは他の方も言う通り若いうちの加入メリットは見いだせません。
 ただ、60歳が良いかと言えば、必ずしも良いとは言えません。できればご主人が定年を迎える年齢の時に払込終了が理想です。1歳単位で払込が指定できる会社もありますから、あなたにとってのベストの払込を考えてみてもいいのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Pigeonさん、御回答参考にさせていただいております。

契約日特例、確認したところ確かに使えるそうです。助かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/28 10:50

 こんばんわ。


 東海あんしんも扱っているのでよく分かります。(医療・ガンは計7社取り扱っています。)
 終身と定期型ですね、これはもう考え方次第ですからどちらが良いのかは何十年も先の結果論になるのではと思います。54歳で終身より保険料が高くなる・・・見た目はそうなのですが、総払込保険料で比較してみて下さい。70代になって逆転すると思いますが。
 東海あんしんの終身型ガン、医療は、解約返戻金を低く抑えている分保険料を割安にしています。他社の解約返戻金有りタイプとなしタイプの中間くらいの保険料です。終身型だとあまり東海あんしんや解約返戻金なしタイプはお勧めしません。24歳という事ですから、終身医療でピーク時に返戻率が100%越えるものがあるからです。返戻率が高い保険ほど元が取れる確率も高くなります。東海あんしんは15%位でしょうかピーク時返戻率。同じような理由からア○コの終身医療も自分的に売り止めしてます。
 東海あんしんの定期型は自分的にはちょくちょく販売しています。保険料は高い水準ではないですし、90歳までの自動更新ができるのがいいです。(多くの会社で80歳までとなっています。)続ける続けないはその時考えればいい事です。自動更新の権利がある事がメリットです。
 定期型も他社には3分の2位の保険料水準の物があります。(掛け捨てなので安いほどいいです。でも90歳までの自動更新は捨てがたい。)

 と言った所で、他社終身医療5000円+東海あんしん定期型5000円、他社定期型5000円+東海あんしん5000円、みたく敢えて分けることも選択肢として実際やっております。東海あんしんは現在格付けは高いですが、何十年か先の事は分かりません。会社を複数分けることは破綻リスクの軽減にも繋がります。
 終身型と定期型の組み合わせもアリです。
 ベースは下の方と同じく、日額5000円でいいと思います。高額療養費として月63600円を超えた支出は還付されます。(高所得者は別な計算)単純に30日で割ると
2120円です。高額療養費は暦通りの1ヶ月ですから、月をまたがるともう63600円の自己負担分がかかる場合があります。2120円×2の4240円、これが保険診療の自己負担の上限とも言えます。(差額ベット代、食費、雑費が他にかかる場合が。)
 今後健康保険は70歳までは3割負担、75までは2割負担、75歳以降は1割負担と、ますます医療費が引き上げられます。70歳というのは色んな意味で節目になると思います。その時になって保険の継続の有無を考えればいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変丁寧な御回答、ありがとうございます。
とても参考&勉強になりました。そうですね。結果論になりますよね。(納得!)
終身のデメリットと東京海上の定期のメリットがつかめてきました。
定期にすると最低保険料(?)問題で5000円タイプにはいれないのですが、
今は7000円に入って十年後の更新時に5000円に変えようと思います。
説得力のあるお話、とても為になりました。

お礼日時:2001/09/28 10:05

東京海上あんしん生命に関しては全ての商品に関して検討した経験がありますので


色々とアドバイスできるのですが、取り急ぎ回答致します。

先ずは、akebonotarouさん、医療保険は確か今年の春頃に発売されました。

また、ガン保険も同じく今春発売されたものだと思いますが、結構売れているようです。
日本生命の商品も同様ですが、その規模(営業員)を比較した場合には大健闘かと思います。
ガンと診断されれば(入院しなくとも)何回でもその給付金が支払われるのが一つの特徴
でしょうか。ただ、私は他社の商品を選びました。

>>1.今週中に契約するのが本当のリミットでしょうか?
akebonotarouさんのご回答を参考にして下さい。
但し、担当者の方の裁量にもよるのでは?

>長割り終身です。
3つのあんしんであれば、医療保険を検討する余地があるかと思い、聞いてみました。
この選択は私は正解かと思います。

以上、的を得た回答になっていないかも知れませんが、また何かありましたら答えさせて
下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

igmpさん、御回答ありがとうございます。
実は今、みなさんのご意見を伺っているうちに、東京海上でいいの?と不安になってきました。とゆうよりも自分の不勉強さを感じています。
終身にについて一番納得できるものが東京海上の長割りでしたので、
その部分は納得しているのですが、次に医療とガンを決めようと思っていた時に、
東京海上の担当者さんが自社商品を持ってきてくれて時間も無いし、いいかなと思いました。妥協があったと思います。
契約特約が使えるようなので、検討する余裕ができました。
今からアフラックに行ってきます。

igmpさんが検討された結果、他社の商品を選んだポイントはなんでしょうか?
もし、差し支えなければぜひ教えてください。
あつかましいお願いで、また重ね重ね質問責めで申し訳ないです。

お礼日時:2001/09/28 09:49

できれば終身保障の短期払(60歳払込み終了)の保険に加入するのが後々良いでしょう。

特に医療保険やガン保険については、その傾向が高いと思います。
しかし、女性の場合、結婚でご主人の扶養家族になった場合、少額の保険料でも負担が可能かが問題になります。
また、医療保険やガン保険の場合、夫婦型の医療保険でご主人が亡くなられた場合奥様の保障は残り、保険料の負担が免除される保険が発売されています。(この条件の無い会社もありますので注意してしたください。)

私が提案するのなら、10年更新型に加入して結婚後に夫婦型の医療保険の加入、余裕があればガン保険の追加加入を勧めます。

保険会社の担当は、ガンの死亡確率は全体の30%もあることを説明して加入を勧めます。しかし、裏を返せば残りの人は、ガン以外の死亡になります。ですから、医療保険を重点に置きながら、余裕があればガン保険の加入を考えてください。

10年更新を考えの場合、損保保険会社からも医療保険を発売していますので検討に入れられたらどうでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変わかりやすい御回答ありがとうございます。
実は来月に入籍します。
夫婦型も考えたのですが、その時薦められた商品がto32さんのおっしゃるのと、
反対(ご主人が亡くなられた場合奥様の保障は消滅)でしたので、
彼と私で別々の証券を持とうと思いました。
私の場合ガン家系なので、ガン保険はなんの疑問も無く入るものと思っていましたが、to32さんのご意見を聞いてむしろ医療を手厚くしようと思います。

お礼日時:2001/09/28 09:40

確か、東海には医療保険がなかったと思いましたが・・・


医療保険に似た3つの安心のことでしょうね。

 はっきりいってがんにしか対応できないがん保険はあまりお勧めではありません。
その分の保険料を医療保障にまわしたほうがいいかなぁと思います。

 更新についてですが、のちのち保険料が上がっても払っていけるなら更新でもいいんではないでしょうか?保険料が上がって払えなくなったバブル崩壊後に更新型は嫌われ者になってしまいました。 
 でも、計画的に更新型で安く入っておいてその間、貯金するってこともありではないでしょうか?貯金がままならなくなったら終身に早いとこ変えちゃうこともいいのかもしれません。
 しかし、第一条件に健康であれば!!!のお話です。
 女性は出産の部分を考えなければなりません。帝王切開で出産されれば異常分娩とされ5年間は保険に加入するのに条件が付きます。

 それと、終身払いですが
私はそもそも終身払いというものは年齢が高くて、保険料が高くなるので払えないというお客様のものだと思っています。
 20代で終身払いにするメリットはほとんどありません。
 合計で一生涯に払うであろう保険料を84歳ぐらいまで(女性の平均余命)で計算してみてください。60歳払い込みのものと・・・歴然の差がでますよ。
 
 女性は結婚しても大概の場合家族の生活保障って部分は考えませんよね?
 だったら、結婚しても変更がないほうが生活設計立てやすくないですか?

 ものすごいお金持ちと結婚するなら、10年でもいいと思いますけど(笑)(結婚したあと保険辞めちゃうってことですよ!)
 
 それと、終身ならある程度のお金が貯まります。ですから、女性的には終身を選ばれる方がとっても多いです。

 先のことはわからない。確かにその通りです。でも、10年のうちに保険金が払われることが起こるかどうかは・・・それもわかりませんよね!
 万が一のときの保険です。万が一のときに備えるものとの認識を忘れないでください。そのときに使えない保険になっていては意味ないですからね。

 誕生日なんですが、もしかして10月生まれなんでしょうか?それとも4月生まれでしょうか?
 もしそうなら月払いの場合は、今月中じゃないと保険料上がってしまいますよね。
 今結論が出ないなら半年払いか年払いにされてはいかがですか?
半年払い年払いの場合は、誕生日の前の日または、誕生日の前の日の6ヶ月前までなら年齢が上がらなくって済みますよ。

 本音言いますと東海のがん保険はあまりいい商品だとは思いません。
 他の会社のがん保険も比べてみたほうがいいですよ!
 長割と3つの安心は結構いいとは思いますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
3つの安心ではなく確かに医療保険です。
資料に新登場と書かれていますので、最近の商品なのでしょうか。

終身に対しての考え方など、専門家さんならではで、
はっきりとしたお答え、とても参考になりました。

>東海のがん保険はあまりいい商品だとは思いません。
とのことですが、もしよろしければ詳しく教えていただけませんでしょうか。
時間もないし(誕生日問題)、半分妥協もあって東京海上のガン保険に決めようと思っていたところです。
自分の不勉強さをひしひしと感じています。
これからアフラックに行ってきます。もう一度比較してみようと思います。

お礼日時:2001/09/28 09:31

【至急!!】とある中、申し訳ありません。

以下教えて頂けないでしょうか?

1.今週中に契約するのが本当のリミットでしょうか?
  私も誕生日前に契約したことがありますが、確か数日前でもOKでした。
2.東京海上あんしん生命以外の商品も検討した結果のお話でしょうか?
3.出きれば終身保険の商品名を教えて頂けないでしょうか?
  (「長割り終身」、「長割り3つのあんしん」等)

なお、ガン保険に関しては以下のURLも参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=119198

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=119198

この回答への補足

レスありがとうございます。
教えていただいたガン保険に関してのスレッド、
とても参考になりました。

補足します。
>1.今週中に契約するのが本当のリミットでしょうか?
東京海上あんしん生命は契約日が月初なので、
誕生日を迎える前月の末までに申込していないといけないとのことでした。

>2.東京海上あんしん生命以外の商品も検討した結果のお話でしょうか?
はじめ、ガン保険はアフラック、医療はアリコと思っていたのですが、
東京海上の担当者さんとお話した結果、東京海上の商品を選びました。
その他の商品については調べていません。
確かに勉強不足だと思っています。

>3.出きれば終身保険の商品名を教えて頂けないでしょうか?
長割り終身です。
(ガン、医療は特約ではなく単品で買うつもりです。
くどくてごめんなさい。念のためでした。)

どうぞよろしくお願いします。

補足日時:2001/09/27 23:27
    • good
    • 0

こんにちは


私の場合をお話します。
私と家内にはそれぞれガン保険(東京海上あんしん生命)
で一番安いタイプで掛けています。
家内の方は加入時は34歳でしたから、60歳払込み終了
の終身タイプ
私の方は年齢(40歳+アルファ)だったので終身払いの
終身タイプにしてあります。
多くは販売していませんが、保障は終身タイプしかすすめ
ていません。理由は支払いに困る時期に保険料が上がるからです。
家内との契約タイプのちがう理由は予算です。
60歳で払込みの終了するタイプが理想ですが、予算は当然ある
と思います。若い方は60歳で払込みを終了する方が良いでしょう。

今後の年金制度を考えると老後の負担は少ない方が良いと思います。

終身にした場合のリスクがあるとすれば、インフレでしょう。
個人的な考えでは、今までのような上昇の仕方はないと思いますが、
本当にバブルの時のように、物価が上昇する時期がきた場合は、給与
もあがりますから、その時点で有利なものを見直せば良いでしょう。
病気などがなければという前提条件がつきますが。

医療保険は、差額ベッドの多くない地域であれば、5000円のタイプ
で十分かと思います。高額医療の給付金で同じ病院で月63600円を
越えた部分の99%は戻ります。上位所得者は給付の仕方が変わります。




 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なお話、ありがとうございます!!
とても参考になりました。
医療保険は今、7000円で検討していましたが、
もう少し検討する必要を感じます。

お礼日時:2001/09/27 23:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ