高田延彦さんは、ご存知のようにプライドとハッスルの代表を務めていますが、どの様な意図でこんな落差のある事をやっているのでしょうか?単なる金儲けでは割り切れないものがあるのですが…

お分かりになる方教えて下さい。

A 回答 (3件)

回答2でもありましたが別に高田は代表ではないですよ。


そもそもプライドで自分の格闘技・プロレス人生の余生を過ごし自分の経営している高田道場の選手もお世話になっていてプライドには恩があるでしょう。
そこでもともとプロレスラー(エンターテイナー)だった高田はエンターテイメントが嫌いというわけでもないのでプライドを主催するDESがプロレス事業にも手を出すといえばすんなり手を貸したでしょう。
でも、ハッスルは確かにコメディチックな感じはありますがプライド統括本部長と高田総統に私はそれほど落差を感じません。
プライドが真剣勝負の場であっても高田個人はあくまで興行を演出する役に変わりはないのですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういう風に考えれば納得です。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/20 09:35

代表といっても興行会社に雇われたタレントですからね


役職じゃなくて役者で代表でしょ
経営権なんかもってないだろうし

あ~夢が無いっ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーそうなんですか。知りませんでした。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/20 09:34

どっちも好きなんだろうな。


本人はどっちの方向も中途半端だったから、
余計なのかもしれない・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/19 16:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ