母が子供の頃の記憶でずっと探している詩です。

「はしら時計が三つ打つ」と言ったような文言が
その詩の中に入っていたとのことですが、
シチュエーションとしては、家で帰りの遅い母を待つ
小さな兄弟の情景を歌った詩だったそうです。

最近病気がちな母を何とか元気付けてあげたくて、
今回の登録・質問に踏み切りました。
出来れば早い内に判明すると有り難いです。
有識者の方、何卒宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

わが子のかえりがおそいと


サトウハチロー

 わが子のかえりがおそいと
 わたしは柱時計をみるのです
 
 十分おき五分おき三分おき・・・
 わたしの母も
 わたしのかえりがおそいと
 同じことをくりかえしたそうです
 
 とするとわが子も又
 わたしの年になると同じように・・・
 わたしの首はここで又
 柱時計に向くのです
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ