友達からの質問ですが、私は初心者で答えられなかったので教えてください。

お父さんがISDNを使っていて自分も最近PCを
購入してそのインターネットの接続方法をADSLに
したいけど家ではISDNだからどうすればいいか・・と言う質問です。

A 回答 (2件)

ISDNの信号の送受信に使っている周波数帯が、ADSLの信号の周波数帯と重なりますので、どちらかしか選択できません。



ADSLを導入したいのであれば、ISDNを解約して通常のアナログ回線に戻す必要があります。
又は、もう一回線専用に電話線を引くという「タイプ2」という方式も考えられますが、こちらは割高になってしまいますね。

ISDN:1本の128kbps通信できるデジタル回線を64kbps+64kbpsと2本分に分けて使うことができる技術で、電話+電話、電話+インターネット、インターネット+インターネットといくつかの使用法ができるのがメリットです。

ADSL:アナログ電話+1500kbps or 8000kbpsインターネット専用という使用法「だけ」ができる技術で、高速通信ができることがメリットです。
なお、電話回線に光ファイバーが使用されている場合は利用できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何だか普通にADSL引くのと違って少し面倒になりそうですね、お父さんの許可も必要だし。
私も友達も意味がわかってなかったので大変参考になりました。#1さんのお礼にも書きましたが、基地局まで遠いのでお父さんはISDNにしているのかなぁって気がしますが、この事も説明しておきます。どうもありがとう。

お礼日時:2002/03/31 13:09

ISDNとADSLの同時使用は出来ません。


ですから、ISDNからADSLに変更することになります。

ISDNはデジタル回線ですがADSLはアナログ回線ですので、
ISDN固有のサービス(パケット通信とか)を使っていると
移行できないものもありますが、インターネットの接続だけなら
別段問題はないでしょう。
通常の電話とネット接続の同時使用も出来ますし、
回線速度がカタログ値で20倍以上(1.5Mなら)ですから、
切り替えたほうがお得だと思います。

ただ、ADSLは局からの回線長さや周囲の電波雑音の状況などで
通信品質が大幅に変わることもあります。必ずしも仕様どおりの
回線速度が出ることは保証されていませんので、お気をつけください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり変更しないとダメですよね。
今日中に接続したいと言ってますので
早めに教えておきます。(今日一日では無理ですよね)あとはお父さんと相談あるのみですね。
電話局から3km位あるそうで、その辺も話しておきます。どうもありがとう。

お礼日時:2002/03/31 13:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 心理学者が分析!なぜ女性は電話に出るときに声が高くなるのか

    ご家庭や職場などで、女性が電話で話しているのを聞いて、普段より声が高いなと思ったことはないだろうか? 電話応対となると、無意識なのか高めの声でハキハキと話す人が多い気がする。「教えて!goo」にも「なぜ...

  • 一人暮らしに最適なインターネット環境は?

    今や、生活に欠かせないインターネット。一人暮らしを始める際は、新たにインターネット環境を準備する必要がありますよね。しかし、準備の際について迷うことも多いようです。教えて!gooには、こんな相談が寄せら...

  • Wi-Fiと無線LANの言葉の違い、ご存知ですか?

    インターネットに関する用語は、なんとなく理解していても、本来の意味は知られていないこともあります。教えて!gooには、こんな質問が寄せられました。 「WiFiと無線LANの違いについて」 質問者は、以前は無線LA...

  • 勧誘電話のおもしろい?撃退方法を教えてください

    マンション投資やオレオレ詐欺など、どこかで個人情報が漏れたのか、迷惑電話がかかってくることも少なくありません。教えて!gooにもこんな相談が寄せられていました。 「勧誘電話のおもしろい?撃退方法教えて下...

  • これで撃退!?迷惑電話の切り方

    会社や自宅などに、迷惑電話がかかってくる事はありませんか?中には何度もかけてくる場合もありますが、できるだけスマートにお断りしたいものですよね。教えて!gooにはこんな相談が寄せられています。 「迷惑電...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ