Q質問

今日、アニメ「時をかける少女」を観に行ったんですが、昨夜の寝不足で途中うつらうつらしてしまいました。
真琴は、踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子に相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。過去に飛べる能力。世界は私のもの!と思われたが、クラスメートの男子生徒、間宮千昭や津田功介との関係に変化が。千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。3人の友達関係が続けばいいと考えていた真琴の望みは、厄介な状況に。叔母の和子は「つきあっちゃえばいいのに」と、のんきなアドバイス。真琴はタイムリープで東奔西走するのだが…。この後がわかりません。最後に、千昭が「未来で待ってる」と言ってました。
どなたか、詳しい後半のストーリーを教えてください。
なるだけ、詳しく。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

真琴はタイムリープで東奔西走します。
その中で、自分に残されたタイムリープの能力が、あと一回になるところまで使ってしまいます。
そして、どうにか全部つじつまが合った全部うまくいった…と一安心したところに千昭から電話がかかってきます。
「お前、タイムリープしてねぇ?」と。
とっさに真琴は、最後のタイムリープの力を使ってその質問を無かったことにしてしまいます。
つまらないことに使っちゃった~と悔やむ真琴の横を、後輩の女の子を後ろに乗せた功介が自転車で通り抜けます。
「真琴、自転車借りてるぞ~」と。
ブレーキの利かない真琴の自転車で、商店街を駆け下りて行きます。
その先には、一番最初に真琴が事故に遭った踏切が…
真琴は焦って止めようと駆け出しますが、間に合わず…
思わず目をつぶった真琴。
しかし、何の音も聞こえてきません。
時間が止まっていました。

恐る恐る目を開けると、側には千昭が。
千昭は、未来から来た人間だったのです。
未来に帰るために残していた、最後のタイムリープの力をそこで使ってしまったのです。真琴のために。
事故が起こった未来では功介も女の子も死に、真琴はひどい後悔にさいなまれて大変な状態だったからと。

真琴が得ていたタイムリープの力は、千昭が未来から持ってきた機械にチャージされていたもの。
それが偶然真琴にチャージされて、真琴がそれを使い切ってしまっていた。
どんなやつに取られたのか、悪用されたらと思うと夜も眠れなかった
馬鹿にチャージされててよかった、と。
そういった説明をした後、千昭は、
未来には帰れないけれど、タイムリープのことを知られたからにはもう側にいられない、
そういう決まりなんだと告げ、人ごみの中にいなくなります。
何事もなかったかのように時間が動き出します。
千昭のいなくなった世界が。

学校生活も変わらず流れます。
でも真琴は毎日死んだように沈み込んでいます。
千昭の存在が自分にとってどんなものだったかを、痛感します。

ふと、腕を見るとタイムリープの残数が「01」と。
千昭が使ったタイムリープの力によって、真琴が最後の一回を使う前の時点に戻っていたのです。
千昭にも同じことが起こるはず!

真琴は最後のタイムリープをします。
タイムリープの始まりの場所となった実験室のところへ。
真琴は千昭に会いに行きます。
千昭には、まだタイムリープの力が残されています。
真琴は、自分がタイムリープしていたこと、未来で起こったことを説明します。

タイムリープの力を知られたからには、側にいられない。
でも今の千昭には未来に帰る力が残されている。
二人は別れを告げます。

告白もせず、去っていく千昭。
真琴は涙を流します。

すると足早に戻ってきた千昭が真琴を引き寄せ
「未来で待ってる」



  ―――つたない文章ですが、記憶を頼りに頑張ってみました。
   お役に立てましたでしょうか。

    • good
    • 2

この回答へのお礼

ありがとうございました。
感謝します。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2007/01/24 09:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

注目の記事

主演は斎藤工しかありえない!鬼才・西村喜廣監督に映画『虎影』撮影秘話を聞く

特殊メイクや特殊造型の第一人者であり、『東京残酷警察』などの作品で国内外の批評家や映画ファンから高い支持を得ている西村喜廣監督。その最新作となるのが、愛する家族のため壮絶な闘いに身を投じる“抜け忍”を描...

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報