英米法での陪審制と、製造物責任について説明のあるサイトを探しています。
検索しても難しいことを書いてあるサイトしかヒットしません。
簡単な説明の書いてあるサイトはないでしょうか?

A 回答 (2件)

回答が遅れて、申し訳ありません。


私の探した限りでも、やはり説明が難しいものばかり。しかも、サーチエンジンにかけると、大学教員のホームページばかり出てくるんですよね。これでは話にならない。
やはり、こういったところでは、足を使うのが一番です。有名学者の多くは、足を使った調査を数多くこなしています。文献を読みこなして、その上で調べてみて下さい。
特に法律学の場合、ジャーゴン(専門用語)が多く用いられます。「コモンローとエクイティって何?」と聞かれて、とっさに答えられるようにならないと。

ベストを尽くした限りでは、下のようなものしか見つけられませんでした。
他の人の回答を待つなり、自分で足を運ぶなりしてみて下さい。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/law/y.fujita/99usa/ca_med …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!! 
先ほどこのサイトを見てみました。僕の希望をかなりのレベルで満たしてくれる内容でした。

それと、「英米法辞典」、読んでみました。確かにどちらの項目も載ってはいましたが、いかんせん記載されているデータが古いようで・・・。図書館のいろんな本をひっくり返してしまいました。それでも、インターネットで調べるよりは効率的でした。専門的な内容の時には、本のほうがいいみたいですね。これからは、めんどくさがらずに、まず図書館に行くようにします。

お礼日時:2001/01/21 02:13

サイトにこだわらなくても、事典ならあると思いますが。


たとえば、田中英夫編集代表『英米法辞典』(東京大学出版会)とか……。
あるいは英米法の概説書から、索引で該当項目を探すとか……。
ご不満でしたら、あるいはサイトで探さなければならない理由等ありましたら、補足を下さい。

ちなみに、学習院大学の紙谷雅子教授(英米法担当)は「イギリス法なんてない! アメリカ法なんてない!」と学生に理解させるところから講義をはじめるそうです。

この回答への補足

早速のお返事、ありがとうございます。
まずサイトで探している理由ですが、自宅にいながらにして調べ物が出来るからという、非常にふざけた理由です。すいません。
例えば、日本における陪審制の復活について議論をするというのであれば、図書館などで調べるべきなんでしょうが、ある程度のポイントを知りたいなー、っていうくらいでしたので・・・。
それとURLですが、沢山ありすぎて・・・。しかも多くが上記のような内容でした。ほんと、さわりのような内容でいいので、もし心当たりが在るようでしたら教えていただけますでしょうか?

補足日時:2001/01/15 22:12
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ