The Spanish bishops persueded the emperor Maximus to condemn Pricillianus to death, but Mrtin, bishop of Tours, who was present at Trier, protested the heretic's punishment by state authorities and insisted excommunication was enough. Martin refused to leave the city until the emperor promised to spare Priscillianus, but as soon as Martin left, the bishops persuaded the emperor to behead Priscillianus and one of his followers.

A 回答 (4件)

試訳:


スペイン人の司教たちは、皇帝マクシムスにプリシラヌスへの死刑判決を下すよう求めた。しかし、トゥールの司教でトリールに出席していたマルティンは、異端者への刑罰を(おそらく世俗権力としての)帝国が行うことに抗議し、破門で十分であると主張した。マルティンは皇帝がプリシラヌスの助命を約束するまで町を去らなかった。しかし、マルティンが町を去ると、(スペイン人の)司教たちは皇帝を(再び)説得してプリシラヌスと信奉者の一人を斬首させた。

※専門外ですので、分からないところがあります。
persuadeは普通なら「説得する」だけではなく「説得して~させる」ところまで含みます。
ですから「説得したがだめだった」という場合は、
I tried to persuade him, but ...という具合になります。
一番最初に出てきたpersuadeの場合はtryが入っていませんが、
後にすぐにマルティンによる反対が入っているので、
処刑までは行かなかったことが分かると、書いた人が無意識に判断したのだと思います。

しかし最後の分に出てくるperusuadeは普通にとると、
「説得して首をはねさせた」となります。
「首をはねるよう迫った」では明らかに違和感を覚えます。
また、文脈から判断しても実際に処刑したと解釈するのが自然です。

ただ私は、この歴史上の事実関係を知らないので断言は出来ません。
もし処刑が実行されずにプリシラヌスが生き残ったことが分かっているのなら、
「首をはねるよう迫った」のように訳してください。
    • good
    • 0

スペインの司教は、プリシラヌスを死に宣告するために、皇帝マキシウスを説得しました、しかし、トリールに出席していたタウロスの司教マルティンは、当局のに異端者の罰に抗議して、破門で十分であると強く主張しました。

皇帝がプリシラヌスを惜しむことを約束するまで、マルティンは市を去ることを拒否しました、しかしマルティンが去るとすぐに、司教は皇帝にプリシラヌスと彼の追従者の1人の首を切り取るよう説得しました。
    • good
    • 0

The Spanish bishops persuaded the emperor Maximus to condemn Pricillianus to death,


スペインの司教たちはプリシリアヌスに死の判決を下すようマクシムス皇帝に迫った。

but Mrtin, bishop of Tours, who was present at Trier,
しかし陪審員として出席していたフランスのツールの司教、マルティンは

protested the heretic's punishment by state authorities and insisted excommunication was enough.
国による異端者の処罰に反対を唱え、破門で充分だと主張した。

Martin refused to leave the city until the emperor promised to spare Priscillianus,
マルティンは皇帝がプリシリアヌスを許すと約束するまで町を去ることを拒否した。

but as soon as Martin left, the bishops persuaded the emperor to behead Priscillianus and one of his followers.
しかしマルティンが町を去るやいなや、司教たちはプリシリアヌスと信奉者の中の一人の首をはねるよう皇帝に迫った。
    • good
    • 0

スペイン人の僧侶はエンペラー・マキシマスに対し、プリシラヌスを処刑するよう説得したが、トライエルにいたタウロスの僧侶マルティンはその処罰に反論し、破門で十分だと講義した。

マルティンはエンペラーがプリシラヌスの容赦を確認するまで、街から出るのを断った。しかしマルティンが去った後、プリシラヌスと彼女(彼?)の部下(信者?)の首を切り落とすよう、僧侶はエンペラーに頼みました。

好きに修正して使ってください。

では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ