和歌山県在住の26歳男性です。今から真剣に漫画家を目指そうと思いまして皆さんに質問があります。実は絵が全く下手くそなんです。ネットで調べると絵が上達するには学校なんかに行かず独学でひたすら描き続けるのが上達の近道だと知りました。そこで皆さんに聞きたいのですが絵が上達する方法として具体的にまず何から始めればよいのでしょうか?僕が好きな漫画家はハンター・ハンターの富樫義博さん、デスノートの小畑さん、天上天下・エアギアの大暮維人さんです。やはり模写するとこからですか?まずはデッサンですか?他にもいろいろ知っている方、または僕はこうして絵が上手くなった方法などなどありましたらどうか教えて下さい。あと今から漫画家を目指すなんて馬鹿げていますがそのことについても皆さんの貴重な意見が欲しいです。すみませんがどうかよろしくお願いします。

A 回答 (4件)

小さい頃から絵や字を書くのが好きで漫画の専門学校行きました。

で、今は字書きをしてます(笑)専門に行くまでは漫画も小説も書くのが好きだったのですが、専門に行って話を書くのが好きなんだなと気付いてそっちの方向に進みました。
どうしても漫画と小説だと漫画のほうが華があるのでそちらを望まれる方が多くいらっしゃるようなのですが、実際絵しか書かない状況になってみると違うんだな、と気付くこともあります。
専門では普通のカリキュラム+補習+課題とあったので本当に寝るのと食べるのとお風呂とトイレ以外はずっと書いているような感じでした。書くのはもちろん楽しくて苦痛ではなかったのですが、やってくうちに私は絵が書きたいのではなくて話が書きたいんだなと気付いたわけです(^^;)
ですからもちろん、そういう状況にイヤでも追い込まれる教育機関の経験というのも大事かなと思います。
好きな漫画の傾向を見る感じ(ハンターとデスノしか分かりませんが…)系統が同じ絵とは思えませんので、好きになったのが漫画だから漫画を描きたいと思ったのかなと思いまして…。そうだとしたら本当は話を書きたい方なのかもしれませんよ。…その辺は自分で発見しなければいけない部分なのでなんともいえませんが…。

それと26歳から漫画家を目指すのは遅いのだろうか?という質問ですが、遅くないと思いますよ。何かを始めようと思った時にその年齢が遅いとか早いとか、関係ないと思います。還暦を迎えて退職されてから行きたくても行けなかった大学を受験して、通った人もいると聞きます。ご自分でやりたいことに『遅いから』で諦められるのであれば、その程度だったということです。本当に書きたいのならば60歳だろうが80歳だろうが書きますよ。
好きと言うことはそれをしなければいられない、ということだと思います。本を好きな人が本を読むことをやめることはできません。車が好きな人が車に乗らないでいられるとも思いません。誰かに何を言われようが好きだからやらずにはいられないのです。そこに年齢は関係ありません。

ちなみに、その専門学校にはどうしても夢を諦めきれないからと会社を辞めて通学していた人もいました。当時27歳、妻子持ちです。その人は勤めていてもずっと書いていたそうで絵も上手でした。質問者様はこれから書くということですのでこの人よりもずっと辛くて、悩むことが多いと思います。それでも書くことがやめられないのであれば書けばいいのです。
ただ、ひたすらに書く。好きなものを自分の思い描いたものと同じように書けるまで書き続ける。それが絵が上達するコツだと思いますし、書いていて納得することは絶対にないので自分でダメな部分をドンドンと変えて書いて、少しずつ理想に近付いていくのだと思います。

それと絵が上達するコツですがただひたすらに描き続けることも重要ですが、質問者様が上手だと思う人、こんな絵を描きたいと思う絵、などとご自分が書いた絵を比べて、この人のどこが自分よりも上手なのか、この人の絵のどこが好きなのか、追求していくと多少は道が開けてくると思います。顔の輪郭はこう描くよりも、コッチがいいなとか…目の形はこうだなとか。
それとは逆に下手だと思う絵とも比べてみて自分の方が優れていると思う点、ここはこっちの方が上手いと思う点など日々書きながら研究するといいと思います。

長文になってしまいましたが、最後に。
諦めることもやめることも簡単です。ここでもう終わりにしようと思ったらもう書くのをやめればいいわけですから。
けれど続けていくことはとても難しく、辛いことです。いつまでも納得することはないですし、自己嫌悪の日々です。どうしてもっとうまく書けないのだろうかと落ち込みますし…。
それでも書いてしまうのは好きだからです。書かずにはいられないのです。反省しては書いて反省。その繰り返しです。それでも昨日よりも今日、ホンの少しだけうまくなってればいいのかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたのその優しさが僕の背中をポンっ!!と押してくれました。その温かい手で…。本当にありがとうございます。おかげでとても勇気が出ました。どの回答者よりもあなたの回答がとてもうれしかったです。涙が出たほどです。本当に本当に本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 21:29

漫画では、絵は最低限描けることは絶対に必要ですが、


それよりも重要なのは面白いストーリーを考えられるか、ということです。

例えばハンターハンターなどは、ジャンプに下書き以下のような
ひどい絵で掲載されていても大人気です。
それは、やはり例えそんな絵であっても読みたいと思う人がたくさんいるほどに
魅力的なストーリーを作っているからでしょう。
(もちろん、彼は丁寧に描けば非常に絵が上手い漫画家ではありますが)
良いストーリーを考えられることが漫画家として何より重要であるということを頭においておいてください。

絵ですが、これは人それぞれ考えが違うと思うので何とも言えませんが、
人間を描くのなら、人体の構造を勉強したほうが実は近道だったりします。
こういったポーズだと肩はこう動く…とか、そういうことを知識として知っていることで良い絵になっていきます。

後は、好きな絵の模写でもなんでもいいんですが、とにかく描く事では。
それも、途中で辞めるのではなく、下手でもなんでもとにかく完成まで仕上げること。これが意外と重要だったりします。
そして、その絵のどこがダメか考える。そして反省を確実に次に生かす。
他人に見てもらって評価してもらってもいいと思います。
(なるべく厳しい意見を言ってもらうようにする)

後、漫画ではコマ割りや構図も重要になってきます。
模写する時、1枚絵だけを描くのではなく、1ページまるごと模写して
どんなコマ割り、どんな構図で描いているのか意識していくことも重要だと思います。


26才でこれから0から漫画家を目指すというのははっきり言って遅いと思います。
さらに和歌山在住では編集部に直接持ち込むのも大変でしょう。
しかも今は実質絵が描けない状況。
自分の知り合いがそんなことを言い出したら、「馬鹿なことを言うな」と一蹴すると思います。

やるからには相当な覚悟が必要ですが、あなた自身の努力と才能、
そしてNo2の方が言っているようにこれまでの人生をどう漫画に反映させられるか。
それ次第では、絶対に不可能なことではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実は厳しいという事は誰もが承知してますとおり、自分でも馬鹿なことを言っているなと思います。でもとりあえず出来るとこまでやってみます。アドバイス本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 01:58

目指す画風にもよるのではないですか?


小畑さんなどはわりと写実的な印象がありますし、
冨樫さんは写実的なカットが入る時もありますがデフォルメした表現も多いですよね。
大暮維人さんは存じ上げないのですが。

描きたい画風・作風に目指すところが定まっていないのなら、好きな作家さんの模写から始めてもいいと思いますが
自称下手の質問者さまが、模写を十分なレベルにもっていくまで、
そしてそれを自分流の作画にするまで相当な時間がかかると思います。

それと、漫画はコマで展開していきますので挿絵のようなものではなく、細かな動作を表現する必要もありますね。
書店の美術コーナーなどで人の動きを勉強するための写真集などもありますので手に取ってみてください。

当然のことですが、作画だけではなくストーリーを考えられるかも重要です。
どちらかといえばこのお話づくりのほうが大きいですね。
昨今では絵のうまいアマの方も多いし、反面、お話の面では飽和に近い状態です。

漫画家を目指すことそのものについてですが、理由を挙げられていないのでなんとも言えません。
26歳は早いとは言い難いですが・・・。
最近はキャリアを積んだ人の転身などもよく見かけますからね。
質問者さまがこれまでなさってきたことをどう活かすかが大きいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

馬鹿で情けない僕ですががんばってみようと思います。もう…病気再発したくないので…。

お礼日時:2008/05/29 02:02

私も昔から漫画家になりたく、成人した今でも実はなりたいですが、話がかけないのと行動に移す気がないので夢はうもっています。



小さい頃からずっと絵や漫画を書いてきましたが、人に見せたりとかはしないので自分の絵が上手いと幼いながら思っていました。
ですが色んな方のイラストサイトを覗いたり交流したり、自分でもサイトを開いたりして自分の絵がどれだけ下手かを実感させられました;

もうネットでのイラスト活動は2、3年になりますが、初期の頃に比べると天と地の差があります。
もちろん今の絵もプロに比べれば全然下手ですが。
アナログでもそうだしフォトショップやお絵かき掲示板などのソフトを使って何枚も何枚も絵を描いたのでやはりそれなりに上達したんだと思います。
絵茶という共同で絵もかけるチャットとかもたくさんしましたし。

やっぱり学校などはどこかで“強制”があると思うんです。
でも私みたいに個人の自由で描いて行く方法は強制がないので自分の好きな絵、好きな構図で好きなだけ、好きな時に描けます。
その方がたくさんの色んな絵が描けますし、制限時間とかがないので自分のペースで描けますから自己流ですが伸び易いと思います。
他の方の絵もかなり参考になりますよ!

私はいわゆるオタクというやつだと思うのですが、(ジャンプ系のイラストサイトなので)本当に数え切れないほどのサイトがあります。
ハンターハンターやデスノートのサイトもたっくさんあると思います。
その方たちの絵をまず見たりすることからはじめてはどうでしょうか?
そのうち自分のサイトを開いてイラストを展示したりして色んな方の反応を見たりすると本当に色んな絵を描こうと思うし、どんな絵を描いたら反応がいいか?とか考えたりしてそれが上達に繋がります。

それが必ずしもプロに繋がるわけじゃ決してないですが、絵は描くことで上達すると思います。
自分個人だけだと基準が分からず自己満になるので他の素人の方の絵を見るのもかなりオススメします。

参考になれば嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になったのと同時に現実をまざまざと見せつけられ落ち込みましたが。ここで逃げたら何も変わらないと思いますので僕は前進します。どうもアドバイス本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/05/29 02:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ