今回の宝塚記念は、四位騎手のメチャクチャな騎乗で台無しになってしまったと思いますが、皆さんはどう思いますか?
パトロールビデオで見ると最後の直線で、アサクサキングスの四位騎手は、右側のインティライミにぶつかっていき、その後左に大きくよれてメイショウサムソンに当たっていきました。
最近あまり見られないくらいの蛇行でした。
全く周りが見えていない、ダービージョッキーとはとても思えない、自己チュウの乗り方にしか見えません。
佐藤哲チャンと武豊さんは相当怒っていたそうです。
高橋成忠調教師もG1はもっときれいなレースをしてもらいたいと言って痛そうです。
四位さんはもっと成長して頂き、ダービージョッキー…相撲界で言えば横綱、形としては騎手界の横綱です…アンちゃんみたいな恥ずか四位、乗り方はやめていただきましょう。
私たち馬券を買っている者にも迷惑です。
皆で注意してあげましょう。
皆さんの、この蛇行行為に対する見方、ご意見を教えて下さい。

A 回答 (4件)

日本のトップジョッキーの武豊騎手だって、何回も降着になったり失格になったりしています。



有名(?)なところでは、メジロマックイーンの斜行。1位入線が18着になりました。

近年の重賞でいえば、去年の弥生賞。乗っていた馬(アドマイヤオーラ)がフラフラ走り、他の馬に迷惑をかけました。降着にはなりませんでしたがかなりの斜行でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。
弥生賞では武騎手はもっと非難されてもいいのにと思いました。本人もあまり自分のせいにはしていなかった印象があります。このくらいの人になれば、許されてしまうのか、と思いました。
本当に数え上げれば切りが無いくらい、あの時あの騎手が・・・という話はいっぱい出てくるでしょう。
今回の蛇行はまるでエイシンデピュティを逃がして勝たせるために、アサクサキングスが、追っ手に立ち向かっていったように見えまし・・・そんなことは100%無いでしょうが。
私はたまたまこのレースは、スタンドの3階から見ていました(関東から小旅行を兼ねて初めて阪神競馬場に倶楽部競馬しました)
スタンドから見ていると不利の状況はよくわかりませんでした(テレビの方がずっとよくわかることがあります)
帰ってきてからパトロールビデオを見るとガッカリです、いいレースを見たと思ったのが、とんでもない荒れたレースでした。
四位さん、変に頑張りすぎないでください。
このレース経験は今後に生かしてください。

お礼日時:2008/07/03 23:02

こんにちは



ケイリンや競艇と違って、馬が走るものですから、完全には制御出来ないと思います。四位騎手も制裁を受けているのだし。

武騎手の公式HPで本人のコメントとして「アサクサキングスは、道悪のときにフラフラするのがわかっていただけに・・・・・」と書かれていました。 他の騎手が乗っていてもそうなる可能性はあったということになります。

また、そういう癖があることは四位騎手も知っているはずですが、有力馬で直線で勝てるという位置で馬が故障しているわけではないのにが追わないわけにはいかないでしょう。 追うのをやめると今度は調教師やオーナーになぜ追わなかったのかと追求されるでしょう。

他の質問でも石橋騎手が乗っていたときは、先行気味に行っていたので、今のような不利は少なかったと書かれています。 

今回の事象で四位騎手だけを責めるのはいかがなものかと思います。

参考URL:http://sports.nifty.com/take/diary_top.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました。
3~4コーナーでも、アサクサキングスに外の膨れる不利を受けていたのですね。
四位騎手もフラフラする癖はわかっていて、この大レースに、あのように大きく蛇行する馬を制御できなかったかということです。
せめてぶつかるのは、インティライミだけにして欲しかった・・・
インティライミ君ごめん。
せめて蛇行は半分の幅にして欲しかったと思います。
表題にダービージョッキーでも、馬を真直ぐ走らせられないのか、と、書きましたが、私の勘違いだったようですのでここで訂正させていただきます。
考えてみれば、ダービージョッキーだからといって馬の制御が取り立てててうまいと言うことも無いですよね。
石橋騎手のように、先行気味に乗っていれば良かったというのも、武騎手の反省点だと思います。

お礼日時:2008/07/03 22:29

No1です。


確かに不利が無ければどちらかが勝っていたと思います。
>四位さんは自分の乗っているアサクサキングスのふらつき具合から
自馬のバテ具合は、把握できていたでしょう。

確かに左鞭に過剰に反応しているところを見るとある程度はばててかもしれませんが、4角ではばてきった状態でなく勝負になる手応えは残っていたと思います。
勝てる可能性があるのにふらつくからといって追わないわけには行かないでしょうし、
それにあそこまでふらつくなんて本人も分からないことなのですからね、
実際5着なのですからあそこで勝負を捨てるわけにも行かないし、寧ろそちらの方が問題になるかと思います。
なので、結果は別として最善は尽くしたということだと思います。

>武豊さんは言っています。「不利を受けるような位置にいたこともいけなかったのか」という意味のことを、これは四位君がこれほどまで大きく蛇行するとは考えられなかった…という精一杯の皮肉でしょう。

その通りだと思いますね、天皇賞の時は冗談ぽく本人に言ってましたけど、2回目なので相当怒ってそうですね、、

と、だらだらと書いてしまいましたが、(くどい文章ならすいません
結局言いたいことは、私もああいうことはないに越した事は無いと思いますが、
あくまでも馬ありきで、四位騎手の過失はあるけど、そこまでせめられない部分もあると思うということです。

因みにですが、四位騎手のやった行為についての制裁は、(斜行の程度は関係なく被害の程度)
合計8万の過怠金が課されました。(避け方次第で騎乗停止、ぎりぎりセーフ級)
これに深刻な走行妨害、修正動作が見られない、継続的な斜行などがあれば騎乗停止かなといったところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

四位騎手が自分の仕事をまっとうしようとして、懸命になっているのはよくわかります。
武騎手も想定外(以上)の蛇行だったと言う意味のことを言っています…まだまだ自分の読みが甘かったということで、まだまだ武騎手は伸びるのでしょう。
>結果は別として最善は尽くしたということだと思います
最善を尽くしたの意味がよくわかりません…蛇行を最小限にする最善は尽くしていないと思います。
勝ちたいというための最善は尽くしたのでしょう…他馬に対する迷惑は考えないで。
結果は別にしてもいい、というものでもないと思います。
大きく蛇行して邪魔をするのだったらせめて内ラチ沿いか、大外で被害馬が少なくて済むようなことも考えていただきたいものです。
ど真ん中で我が物顔に暴れまわられたら、溜まったものではありません…他の騎手もその馬券を買っているファンも。
やっぱり皆で四位騎手に厳しく注意してあげましょう。

お礼日時:2008/07/03 22:02

確かにほめられた行為ではないですが、故意ではありませんし、


四位騎手自身も去年フェアプレー賞を取っているようにフェアな騎手です。
そもそもふらふらしない馬なんていないし、どんな一流騎手だってふらふらします、
それにアサクサキングスは斜行癖があります、
すべて四位騎手が乗っていたときですが菊花賞、天皇賞春で4角の出口でふらついています、
今回は道悪でばててふらついたんだと思いますが、明らかに故意ではないし、修正もしてます。
それに、よれることは皆分かっているので注意して乗ってますので、被害にあった騎手は相当運がないということなのでしょうね、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。
四位さんの今回の騎乗に限っては、文句をつけさせていただきます。
最初に2頭分くらい右に斜行して、インティライミを妨害し、その後
3~4頭分位左に斜行してメイショウサムソンにぶつかって行きました。
この2頭は、不利を受けていなければ、優勝していた可能性はかなり高かったと思われます・・・ゴール位置での着差から(客観的に見て)
四位さんは自分の乗っているアサクサキングスのふらつき具合から
自馬のバテ具合は、把握できていたでしょう。
ここで私が言いたいのは、大きくS字によれて、制御が利かないほどバテているアサクサキングスを過剰と思われるほど追って、優勝争いをもしようという2頭の邪魔をしたということ。
つまりレースの見極めができず、自分の世界にのめり込んでしまった失態ではないでしょうかといいたいです。
武豊さんは言っています。「不利を受けるような位置にいたこともいけなかったのか」という意味のことを、これは四位君がこれほどまで大きく蛇行するとは考えられなかった…という精一杯の皮肉でしょう。

お礼日時:2008/07/03 00:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ