アメリカで生まれた新しい職業、
カタリスト(もしくはキャタリスト)というシゴトに
興味があります。どうしたら、なれるのでしょうか?
アメリカのNGO事情に詳しい方、どうぞお教えください。

A 回答 (1件)

catalyst の言葉は「触媒」という意味です。



NGO・NPOなどでこの言葉を用いる場合には、
さまざまな情報や人材を「結びつける」役割や
それを担う人のことを意味するようです。
「コーディネータ」という意味と近いでしょうか。

ですから、「カタリスト」になりたい、のでしたら、
例えば、各地に出来つつあるNPOサポートセンターで
働いて、さまざまな活動をしている人と接し、
誰がどのようなことに関心を持っていて、
何をしている(しようとしている)のか、などの
具体的な情報や人脈を身につけることができるでしょう。
NPOマネジメントや運営のための基礎講座みたいなものが
結構開かれていますから、そこに参加してみるのも
いいかもしれません。

ただ、「カタリスト」になるための決まった道筋など
ないに等しいですから、具体的な活動目的(例えば、
女性問題とか)が定まっているならば、とにかく、
関連するいろんなシンポジウムや勉強会に参加して、
いろいろな人と接することが一番ではないでしょうか。
そこから得る知識や人脈が財産になると思います。

#私の場合、別の目的もあって環境関連のさまざまな
#集まりに参加しているのですが、けっこう狭い世界で、
#何度か足を運んでいるうちに知り合いも増えますし、
#だいたいどこにも同じメンバーがいたりします。
#そうするとAさんがこういうことをやりたい、と
#話をしたときに、それならBさんとかCさんとか
#が詳しいよ、といったように紹介やアドバイスを
#することができある種の「触媒」のような役割を
#知らないうちに果たしたりすることもあります。

長くなってしまって申し訳ありません。
なにかわからないことがありましたら、
補足してください。
お役に立てれば幸いです。それでは。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ