幸田露伴の葬式のときの話を記した、
幸田露伴の娘、文の随筆小説の「葬送の記」についての質問です。
中学校の授業でやっていて、
中間試験に出ると言われ調べています。
この小説の最初の方に
「案じていたあじさいの花の匂いはまったくないようであったが、
なきがらを見ねば心を緩めるわけには行かなかった。
幾日も沈の水ばかりを飲んでいたという丁謂の死にかたが思われ...」
という表現がありました。
あじさいの花の匂いとは死体の腐臭のことだったと思います。
つまり前半は父・露伴の死体が腐ってないか不安だが、
ひとまず腐臭はしない。
しかし、実際見るまでは安心できない。
という意味だと思う。問題は後半なんですが、沈の水(ぢんのみず)と丁謂(ていい)の死にかた
の意味がわかりません。
丁謂の死に様が分かれば沈の水の意味も分かるとおもうのですが...。
どなたか分かる方はおられませんか?
テストにで出る確立高めです!
助けて下さい!

A 回答 (1件)

 授業で「丁謂」について先生から説明はなかったのでしょうか。



 「丁謂」は中国・宋代の人物のことでしょう。直接「沈の水」のエピソードは見つけることができませんでしたが、「ウィキペディア」には「神仙の道を好み、自らを漢代の仙人丁令威の末裔と称した」とあります。

 幸田文が父・露伴の屍臭を気にする話の中で、死の前に「沈の水」を飲み続けたという人の話が出てくるわけですよね。何のために水を飲んだのか考えてみましたか。

 「沈の水」はおそらく香木の「沈香」で香を付けた水でしょう。
 丁謂は、死後、自分の体から屍臭がするのを厭(いと)い、自分の死を予期してからは、死体からよい香りがするように、幾日もその水を飲んでいたと言うことだと思います。

 あ、それから「確立」でなく「確率」ですね。

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ