中国の春秋戦国時代の王家(公家)の子孫はどうなったのでしょうか。
秦の始皇帝が天下統一の際ほとんど殺戮してしまったのでしょうか。
羊飼いをしていた楚の懐王の子孫(懐王・義帝)なんて話もありましたが、公式な記録で判明しているケースはないのでしょうか。
(太公望、管鮑の二人、晋の重耳等々、天下に名をなした人の子孫は絶滅ってのはさみしい気がします)

A 回答 (1件)

太公望の子孫は、斉王家でしたが、秦の成立よりも前に田氏に国を乗っ取られた際に滅亡しています。



管鮑の二人は、管仲については子孫が三国時代(魏呉蜀)に子孫が出てきますし、鮑叔の方も斉の名家として、地味に生き残っています。

有名どころでは、本当か嘘か孔子の末裔が今も生き残っていたりしますね。三国時代に孔融という名で子孫も出ています。

春秋時代の王家は、少なくとも直系は大部分が始皇帝と、その後の項羽と劉邦に殺され、生き残りも相当部分が呂氏に殺されています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ