一年ほど前にも同じような質問がされていましたが、今回は内容を絞って質問させていただきます。また、この間に新しい本も発行されていることを期待しています。

タイトルの通り、教師や生徒が主人公で、学校を舞台とするような小説を探しています。今まで読んだものは、
・「スキップ」 北村薫 (新潮社)
・「学校のセンセイ」 飛鳥井千砂 (ポプラ社)
・「ガッコの先生」 小松江里奈 (角川文庫)
・「けっぱり先生」 山口瞳 (新潮社)
・「5年3組リョウタ組」 石田衣良 (角川文庫)
・「鈴木先生」 武富健治 (双葉社) ←(漫画ですが)
このくらいです。
検索して調べてみると、教師と生徒の恋愛ものやライトノベルの作品は多数ヒットするのですが、私が探しているのは純粋に普通な学校風景を描いた作品です。こういうと、読んでいるものは問題だらけの教室じゃないかと突っ込まれそうです。しかし、教師が学校で起こる問題に対してどのように内緒していくか、というのは普段普通に起きていることだと思います。

さて以上のように、恋愛ものとライトノベルを除いて、学校や教師をキーワードとした小説で皆様のおすすめをご紹介していただきたいです。

A 回答 (9件)

No.2です。

追加で
重松清「カカシの夏休み」文芸春秋 2000/05 文春文庫 2003/05
http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/ntshigematsu …
重松清「気をつけ、礼。」新潮社 2008/08
http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/ntshigematsu …
重松清「十字架」講談社 2009/12
http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/ntshigematsu …

灰谷健次郎「兎の眼」角川文庫 1974/01(初版は理論社)
http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/nthaitani.ht …
灰谷健次郎「天の瞳」角川文庫 1996/01~2009/07 全9巻(初版は新潮社)
http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/nthaitani.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございます。
重松清もいろいろな小説を出しているのですね。リンク先の他の小説も興味深かったです。
灰谷健次郎のリンク先も参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/11/13 19:37

古いのでもかまわないとのことなので、灰谷健次郎作『兎の眼』も。

新潮社への抗議で絶版になってしまいましたが角川文庫に入っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございます。
灰谷健次郎の作品は有名どころのはずなのにすっかり忘れていました。
兎の眼のほかにも教育を扱ったものが多いので、いろいろ探してみますね。

お礼日時:2010/11/13 19:32

古いのしか知らなくてごめんね。



ジェームズ・ヒルトン作『チップス先生さようなら』『学校の殺人』。
エーリッヒ・ケストナー作『飛ぶ教室』。
夏目漱石作『坊っちゃん』。
壷井栄作『二十四の瞳』。
馬場信浩作『スクールウォーズ』。

山田洋次監督の学校シリーズ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いえいえ、古い作品でも全然問題ありません。
以前大学の講義で「二十四の瞳」の映画上映があったのですが、まだ小説は読んでませんでした。
映画やドラマの元となった原作小説を探してみるのも一つの方法ですね。

お礼日時:2010/11/12 22:52

ご希望に添う内容ではないかもしれませんが、


以下学校が舞台になっている作品です。

井上荒野 「学園のパーシモン」

出版社 / 著者からの内容紹介
学園は倦怠と優雅な退屈に充ちている
パーシモンの手紙は選ばれた徴──裕福な子弟が通う私立T学園。薔薇の香に彩られた5月、ふたりの女生徒に赤い封筒が届く
内容(「BOOK」データベースより)
赤い手紙がうちの学園で流行っているんだ。届くと別世界へいけるというんだけど―。真衣・木綿子・恭・磯貝―三人の生徒とひとりの教師。彼らは、倦怠し、愛し合い、傷つけあう。

瀬尾まいこ 「温室ディズ」

出版社/著者からの内容紹介
今最注目の作家が贈る、痛くて沁みる極上青春小説。
トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。これらの始まりの合図に教師たちはまだ気づかない。私たちの学校が崩壊しつつあることを。

「図書館の神様」

内容(「BOOK」データベースより)
思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。…「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!…清く正しくまっすぐな青春を送ってきた“私”には、思いがけないことばかり。不思議な出会いから、傷ついた心を回復していく再生の物語。
内容(「MARC」データベースより)
アクシデントで夢をあきらめ、傷ついた心を抱え、国語教師としてある高校に赴任したヒロイン清(きよ)。彼女が学校の図書館で出会ったひとりの男の子、垣内君。どこからでも海の見える明るい高校で、瑞々しい物語が始まる…。


宮下奈都  「よろこびの歌」

内容(「BOOK」データベースより)
御木元玲は著名なヴァイオリニストを母に持ち、声楽を志していたが、受かると思い込んでいた音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる…。あきらめ、孤独、嫉妬…見えない未来に惑う少女たちの願いが重なりあったとき、希望の調べが高らかに奏でられる―
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
非常に詳しい説明でありがたいです。
瀬尾さんは確か教職の傍ら執筆活動をされてるはずでしたね。前から気になってたので探してみます。
他の二冊は初見だったので、もう少し調べてみますね。

お礼日時:2010/11/12 22:50

児童書ですが・・・


はやみねかおる『ぼくらの先生!』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062149915.h …

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』全10巻
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.h …
1巻の時点ではあまり学校の描写は少ないのですが、巻数が進むと学校生活や魅力的な先生が登場して面白いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ミステリーは以前好んで読んでいたので、教育とどのように関係しながら話が進むか興味深いですね。

後者の方は・・・どことなくホラーな感じがしますね。ちょっと苦手なんですが、特に後の方の巻を探してみますね。

お礼日時:2010/11/12 22:46

全く異質ですが、悪魔の教典(上・下)


内容は読んでからのお楽しみで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
悪魔・・・なんだか意味深というか、確かに他と一線を画す名前ですね。
名前はどうあれ重要なのは中身なので、探してみますね。

お礼日時:2010/11/12 22:41

聖 千秋「君は僕の太陽だ」



少女漫画で若干の恋愛要素は含みますが、中身は結構、女版「金八先生」です。いろいろな問題を抱えた生徒がいて、醒めた現代っ子の彼らに今時流行らない正義感と熱心さで何とか解決しようとする主人公の女教師。ときには先生自身が標的になってしまうこともありながらも何とかわかってもらおうと奮闘する話です。(教え子の中に恋人がいますが、その子はあくまでもサポート役。恋愛が主体ではありません。)

参考までにあげてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
女性版金八先生とは面白そうですね。金八先生はドラマをよく見ていたので、楽しめそうです。
教師の奮闘記こそまさに探しているジャンルなので、ぜひ読んでみたいと思います。

お礼日時:2010/11/12 22:39

乙武洋匡「だいじょうぶ3組」講談社 2010/09


http://book.asahi.com/author/TKY201009150186.html
重松清「青い鳥」新潮社 2007/07
http://www.shinchosha.co.jp/book/407507/

本にはなってないようですが、小樽文学舎のホームページからダウンロードできるそうです。
小林多喜二「スキー」
http://f-mirai.at.webry.info/201005/article_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
乙武大先生の話は大分参考になりそうです。
青い鳥に関しては初見でしたが、リンク先の説明を見るととても面白そうでした。
図書館にも置いてあるでしょうか、探してみます。

お礼日時:2010/11/11 21:07

ジャンルが違うかなぁ。



学校の幽霊・・・じゃなくて「学校が幽霊」というヘンな作品。1巻目は読むのが面倒になるかもしれませんが、2巻目以降ドンドン良くなる、というか作者の言いたいことが前に出てきます。作者は元々バトルとかファンタジーとかの作品を書く人なので、その点を考えて読んだ方が良いかもですが、学校って何という疑問が根底にあるような気がします。
http://www.amazon.co.jp/dp/4829116390/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
タイトルがなかなか印象的なので、試しに読んでみようと思います。
バトルやファンタジーはちょっと方向が違うかもしれませんが、下地になっているものがしっかりしていればOKです。

お礼日時:2010/11/11 18:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ