最近広告で、薄さ○○mmとかの表現を見ますが、厚みを表現するのであれば
厚さ○○mmと書くべきではないのでしょうか?

同様の表現として、軽さ○○gというのまで出てきていますが、どうなのでしょうか?
このような表現は、既に正しい日本語なのでしょうか?

よろしくお教えください。

A 回答 (16件中1~10件)

いやにからむね。



「広辞苑に載っていないから間違いだ」とはいえません(*^-^)。
・・・・こう言ってるだけだよ(*^-^)。
おれは正しいことを言っていると断言するよ。
私の回答は断言できないようなあやふやな回答ではありまっせん(*^-^)。
    • good
    • 0

誰が「間違い」と断言したのだ・・・?

    • good
    • 0

ん?



辞書にないと言ったって、「形容詞など+さ」のような語を全部載せていたら、辞書はパンクしますよ。
ほんとうに。
「広辞苑に載っていないから間違いだ」とはいえません(*^-^)。
    • good
    • 0

重量、目方や、厚みの程度などを説明するのに「重さ」「厚さ」という語句を用いて説明されていて、「軽さ」「薄さ」という語句では説明されていない


・・・という意味で、正しい使い方ではないのでは・・・?
と思いその様に書いたのだが、なんでそれが「美しさ」や「面白さ」は載ってないとか「辞書がパンク
する」だとかの話に飛躍してしまうのだ・・・???

「広辞苑」を引用したからいけないのか・・・?
    • good
    • 0

お怒り召されるな。



質問者さんは諸元表の用語や科学用語の表現方法が、正しい日本語と思い込んでしまっているんです。
確かにそれに「軽さ何グラム」とあったら変です。
その世界にはその世界の約束事がありますから、それを守らないといけません。

しかし、この世の中のいろいろな分野で日本語は使われています。
法律、文芸、広告、井戸端会議・・・。
こんなものにすべて科学用語の使用ルールを適用していたら、日本語は非常に貧しく味気ないものになってしまいます。
質問者さんは理科の時間に「軽さ何グラム」と言って、先生にしかられたことがあったのかな。

辞書にないと言ったって、「形容詞など+さ」のような語を全部載せていたら、辞書はパンクします。

「薄さ○○ミリとか軽さ○○グラム」は、広告の世界では立派な日本語です。
これがおかしいとおっしゃるのであれば、正しいと思われる言い方で同じ狙いのコピーを作って見せてください。
    • good
    • 0

>>>


「このケータイの薄さはたいしたもんだ」
「あいつの性格の軽さはなんとかならんか」
という用法において「薄さ」「軽さ」は普通の
日本語だと思うのですが、重量を示す数値の
前につける言葉は、「重さ」であり「軽さ」
ではないということなのです。

ふりだしに戻りました。
最初の回答の何が悪かったのでしょうか。もう一度読んでください。
もてあそばれた感じです。

スペック表に「薄さ」と書かないのは、至極当然です。
ただし、スペック表には「重さ」という項目はないはずですが。
    • good
    • 0

>果たして「美しさ」「面白さ」は正しくない日本語なのでしょうか?



用法が名詞なので意味合いは大きく違います。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/221722/m1u/ …

名詞としてちゃんと薄さはここにはあります。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/18740/m1u/% …

問題は正しい使い方です。
有無じゃありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だんだん分らなくなりましたが、「薄さ○○mm」と描いてあるカタログでも
スペック表には「厚さ」と書いてあるというご意見が最も分りやすいと
かんじました。

みなさんどうもありがとうございました。

お礼日時:2010/11/24 01:02

No.7の回答者ですが・・・



>>>「厚さ」って言葉はあるけど「薄さ」って言葉があるのかって疑問です

え。
ご質問文に○○mmまで書かれていたからさっきの回答になったのですが、そういう質問だったのですか。

>>>「厚み」って使いますが「薄み」って使わないですよね

そうですね。そして、「分厚い」とは言いますが、「分薄い」とは言いませんね。

>>>「重み」って使いますが「軽み」も使いませんね。

そうですね。そして、「重たい」とは言いますが、「軽たい」とは言いませんね。

以上のことは、どうでもよいと思うのですが、
広辞苑には「美しさ」「面白さ」という見出し語はありません。
果たして「美しさ」「面白さ」は正しくない日本語なのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「このケータイの薄さはたいしたもんだ」
「あいつの性格の軽さはなんとかならんか」
という用法において「薄さ」「軽さ」は普通の
日本語だと思うのですが、重量を示す数値の
前につける言葉は、「重さ」であり「軽さ」
ではないということなのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/24 00:58

「薄さ○○ミリ、軽さ○○グラム」は日本語としておかしくありません。


「は」や「です」がなくても構いません。
形容詞などの語幹に「さ」という接尾辞をつけて、その程度を表現することは、昔から行われていることです。

昔は「幅さ」という変な言葉が使われていました(戦前まで)。
「形容詞など+さ」の語は、辞書には原則として載りません。

実際に分厚く感じるものや科学論文などで「薄さ」はおかしいですが、そのようなところ以外ではよろしいかと思います。

【さ】[接尾]ヤフー国語辞書
1 形容詞・形容動詞の語幹、一部の助動詞の語幹に準じるものに付いて名詞をつくり、…の状態であること、…の程度であること、…の性質であることの意を表す。「つら―」「美し―」「静か―」「会いた―」

【幅さ】の使用例  国枝史郎 「甲州鎮撫隊」 青空文庫ヨリ
・・・可成り広い池の 対岸 ( むこうがわ ) に、 自然石 ( じねんせき ) を畳んで、幅二間、高さ四間ほどの岩組とし、そこへ、幅さだけの滝を落としているのであって、 滝壺 ( たきつぼ ) からは、霧のような 飛沫 ( しぶき ) が立っていたが、池の水は・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/23 21:25

こんにちは。



「薄さ1mm!」「軽さ2g!」(どっきりマークはなくてもよいですが)
という言葉のみの表現であれば、もちろん間違いです。
これらは、
「薄さは1mmです。」「軽さは2gです。」
を縮めたものです。

しかし、
「驚異の薄さ!1mm!」「業界トップの軽さ!2g!」(どっきりマークはなくてもよいですが)
と書けば正しいです。
これらは、
「驚異の薄さです。1mmです。」「業界トップの軽さです。2gです。」
を縮めたものです。
もうちょっと言葉を足すとわかりやすいと思います。
「驚異の薄さです。どれぐらい薄いかというと1mmです。」
「業界トップの軽さです。どれぐらい軽いかというと2gです。」

これは屁理屈ではありません。
「驚異の薄さ!1mm!」「業界トップの軽さ!2g!」というキャッチコピーを見たとき、大半の人が頭の中でそういう解釈をしているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「厚さ」って言葉はあるけど「薄さ」って言葉があるのかって疑問です
「厚み」って使いますが「薄み」って使わないですよね
「重み」って使いますが「軽み」も使いませんね。
ですから、「厚」「重」と「薄」「軽」とは違う
筋なのだと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/23 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ