大関推挙に関する質問です。
かつて、長谷川(先代秀ノ山親方)は大関が
三人いたために推挙されなかったそうですが、では、
なぜ鶴竜は大関が五人いるにもかかわらず推挙を
受けたのでしょう? 現在は、それほど大関推挙の
基準が甘くなっているのでしょうか?

A 回答 (3件)

他の回答者さん達も書かれているように、要は「上が詰まっているから下が膨れちゃう」んです。



これは相撲に限らず、一般社会でもよく見る光景ですよね。

大関昇進の規定をクリアした以上、大関に上げざるを得ない。
しかし、横綱の規定をクリアできた大関がいないので結果大関が増えた。

決して基準が甘くなった訳ではなく、大関の規定までしかクリアできる力士がいないというだけ。
    • good
    • 1

甘くなっていません。

強い横綱がいるとそうなります。
横綱になるには二場所連続優勝が必要ですが、白鵬がいては無理。その前は朝青龍がいてやはり無理でした。強い横綱がいるとそうなるんですよ。
バルトあたりが相撲をもう少し上手くなれば白鵬に張り合え、面白くなるんですが・・・
    • good
    • 0

 「3場所連続で三役(関脇・小結)の地位にあって、その通算の勝ち星が33勝以上」



 これが現在の大関推挙の基準です。甘いですか?(笑)

 長谷川関は関脇で優勝しましたが3場所で30勝だったみたいですね。

 稀勢の里はちょっと甘いような気がしますが、これは白鳳を破ったことや、琴奨菊もそうですが日本人大関が欲しかったことだと思います。鶴竜は33勝あげていますし、白鳳を二度破ったことが大きかったでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ