デスクトップのパソコンを使っているんですが、フリーズした時に
「システムリソースが不足です」というメッセージがでました。
システムリソースってなんですか?
また不足している場合はどうしたらいいですか?

パソコンは富士通のFMV DESKPOWERです。

A 回答 (7件)

>>リソースがどれくらいとか見ることはできますか?


>>もしみれるのでしたら、見方を教えてください。
マイコンピュータを右クリック→プロパティ→パフォーマンス
で見られます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
たすかりました。
おかげで、システムリソースが63%になりました。
これからはあまりフリーズしなくなると思います。
あー良かったー(^◇^)

お礼日時:2001/05/31 23:41

システムリソースを減らす原因は、パソコンを起動しているときに、起動しているアプリケーションソフトだと考えてください。


ですから、起動していて使わないソフトがあったら、そのソフトを終了させると、リソースは復活します。

起動しているソフトは、画面したのタスクバーにアイコンとなって表示されています。
タスクバーをみて、使っていないものがあったら、そのアイコンを右クリックして終了させます。

また、パソコンを起動するときに、一緒に起動させたくないソフトはつぎの方法で起動させないようにできます。
スタート-プログラム-スタートアップで表示されるソフトで使わない物を右クリックして削除します。
これで消しても、パソコン起動時に一緒に起動しないだけで、ソフトが消えてしまうわけではありません。
使いたいときに、スタート-プログラムから選んで、起動させることができます。

また、デスクトップにアイコンが沢山有っても、リソースを消費しますから、要らない物はゴミ箱へ捨てましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
デスクトップのアイコンはもともと少なかったのですが、スタート→プログラムで表示されるプログラムがたくさんありました。
すぐに使わないものはほとんど消しました。

リソースがどれくらいとか見ることはできますか?
もしみれるのでしたら、見方を教えてください。

お礼日時:2001/05/31 18:58

>>「Adobe Acrobat4.0」「DragonSpeech Partner」


>>「Data Access Objects3.0」「Bookshelf Basic Version」などはアンインストールして平気なんですか?
あっ、えとですね。常駐ソフトというのはそういう、ハードディスクにインストールされているアプリケーションのことではないです。
常駐ソフトとは、パソコンを起動したときに自動的に読み込まれて、メモリに居座り続けるソフトのことで、どんな物が常駐しているか確認するには以下の方法があります。
・タスクトレイ(画面右下の、バーのへっこんでるとこ)に並んでるアイコンをチェック
・msconfig(スタート→ファイル名を指定して実行→msconfig)→スタートアップ で、リスト中のチェックされているソフト
で、この中のどれが要らなくて、どれは削ったらマズいかは素人判断ではむずかしいので、参考URLの回答を参考にしてください。

なお、インストールされているアプリケーションを削除してもシステムリソースには関係ありませんが、ハードディスクの空き容量が増える、という別のご利益があります。

Adobe Acrobat4.0 … 消さない方がいいかも(ないとPDFファイルが読めなくなります)
DragonSpeech Partner … 不明。何ですかこれ? 読み上げソフト?
Data Access Objects 3.0 … これも不明。
Bookshelf Basic Version … これも不明。
とりあえず立ち上げてみて、「あ、これ一生使わなそう」と思ったらアンインストールしちゃってもいいのでは?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=77666
    • good
    • 0

システムリソースには5~6種類がある。


(5つか6つか忘れてしまった・・・)
3~4種類は32bit ヒープで事実上全く不足することはない。

ユーザーリソースとGDIリソースが、16bit ヒープなので
つまり、それぞれ64Kb づつしかない。

で、これが減ってくると、回復しないことが多い。

これは、アプリケーションがリソースを返さないことが原因。
また、マイクロソフトの仕様としてキープしておくように
デザインされていることも原因。

リソース不足がフリーズの原因だとは限らない。
あまり同時に多くのアプリを起動するのは確かに良くは無いが、
10個くらいは平気なはず。
残量が15%くらいになったら警告が出るが、それまでは大丈夫。
私は20%くらいまで落ちたこともあるが、フリーズしなかった。

私の場合、インターネットに接続して他に6つくらいアプリを
使ったりしながら4日間くらいは問題なく連続稼動できる。

経験から言うと富士通のマシンは良くフリーズする。
不足している場合の対処は、インストールしているソフトにもよる。
常駐ソフト、良く使うソフトを、単に減らすのではなく
たちの悪いソフトをアンインストールするべきです。
簡単に説明は出来ない。以下を参考にして勉強するしかない。

詳しくはマイクロソフトのニュースグループを購読されると良い。
グループ名はwindows98.performanceが良いでしょう。
但し英語です。参考URLも英語ですが、最も信頼できます。

日本では次のところが有名です。但し確認はしてません。
http://homepage2.nifty.com/winfaq/

参考URL:http://www.aumha.org/mapwht.htm 
    • good
    • 0

システムリソースに関してはすでにみなさん説明されちるとおりです。


対応方法としては常駐ソフトを減らす。長時間使わずに再起動する。一度にたくさんの立ち上げない。などになると思います。
どうしても許せない場合はWINDOWS NTか2000にするしかないでしょうね。

もともと富士通、NEC、SONYなどのパソコンはプリインストールでソフトがたくさん入りすぎてるので常駐が多すぎます。不必要なソフトを削除もしくは常駐解除すると改善はされると思います。
    • good
    • 0

システムリソースというのは、メモリの中でWindowsの核になる部分が独占的に使用する領域のことです。


困ったことに、システムリソースはメモリをいくら積んでもそれに応じては増えません。
そのためユーザーにできることはあまりないのですが、対処法としては、
1.HDDへのアクセスが異常に増えたら、アプリケーションを可能な限り閉じること
2.常駐ソフトを可能な限り減らすこと
3.なんかヤバいなと思ったらフリーズする前に再起動をかけること
くらいのものです。

1.についてですが、じつは終了させてもシステムリソースを開放しないおバカなアプリケーションがいっぱいあるので、ソフトの起動と終了を繰りかえしているだけでシステムリソースはじわじわと減っていきます。なので、3.の対処法が必要になるわけです。

2.についてはこのQ&Aを参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=77666

参考URL:http://www.ascii.co.jp/ghelp/72/007224.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
アプリケーションはフリーズしやすくなってから、
1・2こしか開けないようにしています。

また常駐のソフトなんですが、どれをアンインストールしていいものか・・・。
いらない乗り換え案内とか、地図・ゲーム・筆なんとかはアンインストールしたのですが、
「Adobe Acrobat4.0」「DragonSpeech Partner」
「Data Access Objects3.0」「Bookshelf Basic Version」などはアンインストールして平気なんですか?

お礼日時:2001/05/31 02:24

多少手抜きを承知で言えば、「メモリ」の残量のことです。


諸元上は64MBなどのメモリーを搭載していても、ソフトウェアを実行しているうちに使用領域と未使用領域が虫食い状にできてきます。
普通、アプリは終了と同時に使っていた領域を開放して、未使用領域に後始末するのですが、残念ながらwindows98などはそこら辺があいまいで、使用していないにもかかわらず使用中のような状態に認識されてしまい、実際のメモリーよりも少なくカウントされてしまうのです。
ことにジャストシステム製品ではこの現象がよく現れるようです(といって、別にジャスト製品の品質が悪いとは、かならずしも言い切れませんが)。
対処としては、不要な常駐ソフトを起動しないとか、頻繁にデータを保存するとかでダメージを減らすことです。また、アプリをアップデートすると発生回数が減ることもあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ