何としてでも1月6日に水爆実験をやれという「三でぶ」(中国での金正恩のあだ名)の無茶ぶりに対し、「できない」と言えば処刑されてしまうゆえ、現場の科学者・軍人は単なる原爆実験を水爆実験と偽って実施。 それをアメリカに暴かれ世界に恥をさらした三でぶは怒り狂って実験に関わった科学者と軍人を犬に食わせて処刑。 結果気が付いたら、北朝鮮に核開発ができる人材がいなくなり、それなら日本の核技術者に核開発をやらせようということで拉致。 日本に核技術者がほとんどいなくなり、期せずして日本の原発再開ができなくなってしまう。 と言うようなことが起こると思いますか?

A 回答 (6件)

デバイド・アンド・ルール ってご存知ですか


http://ito.bakufu.org/

そして
日本の傀儡メディアに侵されてないと、こういう
記事が真実と分かる訳です。(下記・有名ジャーナリスト著、抜粋)

日本の支配層は「言語」という壁に守られている
ようだが、英語圏におけるアメリカへの信頼感は
限りなくゼロに近づいている。ドルが基軸通貨か
ら陥落、軍事力の優位という幻影が消えたなら、
信頼されていないアメリカは崩壊するしかない。
ネオコンは恫喝して屈服させるしか能がないよう
なので、最後は世界を道連れにすると脅してくる
かもしれない。

北朝鮮脅威論の真相は
http://ito.bakufu.org/index15.html No101
の軍産複合体・Democracy Now!の記事などで
理解できると思います。
    • good
    • 0

核技術者なら、日本では、実験も出来無いので他国でやっているかもしれませんグローバル化の時代かなり進んでいてもおかしく有りません。

だいたい日本から飛ばす必要も無いのです。明日には発射してるかもしれ無いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/08 10:33

朝鮮人はカバの反対ですが、そこまでカバの反対ではありません。



>「できない」と言えば処刑されてしまうゆえ、

そりゃーそうです。

>現場の科学者・軍人は単なる原爆実験を水爆実験と偽って実施。

偽ってというか、正味のところ納得づくです。つまり「指鹿為馬」なのです。
http://www.nani.com.tw/nani/jlearn/chin/extra/e1 …
因みに、日本人はこの故事から、「馬鹿」という言葉を生み出しました。

従って「それをアメリカに暴かれ世界に恥をさらした三でぶは怒り狂って実験に関わった科学者と軍人を犬に食わせて処刑。」
はありません。あの政権の続く限り「あれは水爆だ」と言い続けます。だって朝鮮人ですもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 本当に三でぶも承知した上の狂言だったのでしょうか?常識では測りえない国のことゆえ、私には判断のしようもありませんが。

お礼日時:2016/01/07 22:16

拉致の前までは、まあ結構頭クルクルパーなところがあるのでなくもないのでは…

    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます。 拉致はなくとも、韓国がよくやっているように、高給にあご・足・女付きで日本の核技術者を引き込むことはないでしょうか? 日本の核技術者は結構肩身の狭い思いをしている筈ですし。

お礼日時:2016/01/07 22:12

思いません。


わざわざリスクを課してまで日本人の原子力技術者を拉致すると言うほどバカではないでしょう。
ヨーロッパに留学した経歴上最低限の西側についての知識はあるでしょうし。
それよりは核技術で繋がりのあるイランやパキスタンの技術者を招聘するでしょうね。
或いは高待遇でロシアの技術者を自国へ亡命と言う形をとるかも知れませんし。
しかしよくもまぁ直ぐにバレるようなハッタリをかましてきたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 やっぱり拉致の前まではあり得ますか?

お礼日時:2016/01/07 21:10

核技術者を拉致は難しいのでは…


女子供ならまだしも…
とりあえず拉致出来たとして、ほとんどいなくなるなんてこと現実的にありえないかと。誰が核技術者か特定するのもそもそも難しいと思いますし、知識は消えませんし学ぶ人もいるのでいなくなりはしないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。 拉致の前まではあり得ますか?

お礼日時:2016/01/07 20:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ