友達のおすすめということで、小倉出身のリリー・フランキーの自伝小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を借りました。「読みやすくてすごく面白く、泣かせるよ!」とのことなんですが、私にとって、あることが気になって読み進むことができません。それは、舞台の小倉でお父さん、お母さんのことをオトン、オカンなどと言うだろうか?との疑問です。私自身は「オトンオカンは関西の方言で、ここ最近、全国的な言葉になっているが、それはダウンタウンをはじめ、関西お笑い勢がTVで使っているからではないだろうか?」と認識しておりますが間違っているのでしょうか?何度読み進めようとしても、物語中、オトン、オカンという言葉が出てきただけでリアリティがなく、とてもしらけてしまい、読むのをやめてしまいます。「なにがオトン、オカンだよ、自分の言葉で語れ!」などと毒づいてしまいます。
そこで「福岡でも昔からオトン、オカンって言うんだよ。」と誰かが言ってくれれば安心して読めるのですが。そのような事実はありますでしょうか?小倉周辺、いや、福岡の方、ぜひ教えてください。小さいことを気にしているようですが、私にとっては大変大きい問題なのです。自分の言葉で語っていない自伝などとても読む気にはなりません。皆様のご回答次第で(ことの真相次第で)読むかどうか決めたいと思います。よろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

北九州育ち・在住のものです。

私は今30歳くらいですが「オットン、オッカン」って小さい頃からつかってました。ダウンタウンの番組はほとんど見た事がありませんねー。父親に聞いたところ「オットン、オッカン」は小倉の特に北方(きたがた)っていうところで使われていたようです。私の実家もそこにちかいんですけどねー。ちなみに父親は関西でも「オットン、オッカン」ってつかうんやろっちいってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
小倉で「オットン、オッカン」って使うなんて、とても重要な証言ですね。
おそらく、作者はそれを関西風?にオトンオカンにしたような気がします。
こういう疑問って、地元の方しかわからないので、本当に助かりました。
私の中で、
「オトンオカン」は小倉で使ってもおかしくない言葉として認識しておきます。
言葉というのは本当に奥が深いものですね。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/11 17:11

北九州市出身ですが、いいません。


でも北九州市はでっかいので地域によって多少言葉が違いますし、年代でも微妙に変わります。
でも、聞いたこともないです。
言ったとしても「おとー」「おかー」ですね、でもこれもまず使いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自信ありのご回答ありがとうございます。
なるほど。
私の中でも、使わないという結論に近づきました。
やはり「外来語」の線が正しいのかな。

お礼日時:2005/09/26 22:29

福岡市からです。



福岡市は、小倉のある北九州市とは方言が異なりますので、本当は北九州の方の回答を待ったほうがいいのかもしれませんが、
一応近いということと、夫が北九州出身だということで、おこたえしてみます♪

福岡市…少なくとも私の周辺では言いません。何かの小説の真似などで、ふざけて言うことはあるかもしれませんが。

しかし夫の妹(生まれも育ちも北九州市)は、普通にメールなどで「おとんが…」と書いてきます。
「おとん…可愛い言い方だな」なんて、妹の個性と思っていたのですが(夫はおとんとは言わないので)、
この質問にハッとして夫に
「北九州ではおとんとかおかんとかって普通に言うの?」
と尋ねてみたところ
「言う人もおるね」
とのことでした。

それ以上の詳しいことはわかりませんでしたが、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。北九州出身のご主人が「言う人もおるね」と言われたとのことですが、
「オトン、オカン」は使わないだろうと半ば決め付けていた自分には、
それは重要なご意見ですね。
同時に、
福岡市のmizuaraiさんが、周辺の方も含め、
お使いになってないというのも気になりますね。
そんなに離れていない場所で、その言葉を使ったり、使わなかったりってことは、
やはりその土地の言葉ではなく、よそから持ち込まれた言葉ではないかという気がしてきました。
わざわざ、ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/26 20:57

・・・九州ですが、福岡・小倉ではないので参考にならないかもしれないのですが、言わないと思います。


また、言ってる人も少なくとも自分の周りにはいないです。
・・・やはり、言わないのではないのでしょうか。

少なくとも私は、という話で申し訳ないのですが、言いません。

この回答への補足

ぱらぱらと本の先の方もをめくってみたところ、
1.現在のリリーフランキーさんの語り手としての「オトン、オカン」の使用、
2.子供当時の自分のセリフとしての「オトン、オカン」の使用,の両方があるようです。
小倉地方で「オトン、オカン」とは言わない事を前提として、
1の語り手としての「オトン、オカン」の使用だけならば、現在の彼が書き手として父母の名称を「オトン、オカン」に置き換えただけということになります。それは私に、関西出身でもないのに関西弁を使いたがる人を思い出させますが。
2の場合、置き換えではなく、当時本当に「オトン、オカン」と言っていたならば・・・(一般的に小倉周辺では「オトン、オカン」とは言わないが)何かの影響でリリーさんもしくは彼の周辺だけ、このような言葉を使っていたのでしょうか?こればかりは本人に聞かなくてはわかりませんが。
結局全部、「オトン、オカン」と置き換えただけなら、私はこの本をまったく読む気になれません。「オトン、オカン」に変えることになんの価値があるのでしょう?もしそうならば軽薄さ、さえ感じます。・・・なんだか大袈裟ですが。

補足日時:2005/09/26 02:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

福岡の方ではないにしろ、
九州のyamanakasachiさんの「福岡でも言わないだろう」という推測は、
東京の私の推測よりもよっぽどあてになりますし、
参考となります。
さっそくのお答えありがとうございました。

お礼日時:2005/09/26 02:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ