米国大リーグ初の黒人選手、ジャッキー・ロビンソンの名言として
よく引用されている言葉です。

1947年当時、ロビンソンがメジャー入りをめざそうとした時、
周囲の誰もが「無理だ」「不可能だ」「やめた方がいい」と反対した時、
ロビンソンが言ったとされていますが、
英語の原文を検索してみても、それらしき言葉がヒットしません。
ジャッキー・ロビンソンのHP (http://www.jackierobinson.org/)
にも載っていません。

近いかなと思うのが
The difference between the impossible and the possible
lies in a man's determination.
というトミー・ラソーダ(Tommy Lasorda)選手の言葉なんですが、
ひょっとしたら、これがロビンソン選手の言葉として
誤って引用されているのでしょうか? ???

どなたかロビンソン選手の
「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。
という言葉の英語バージョンをご存じでしたら、ご教授ください。
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (6件)

"A life is only important as the impact it has on other lives."


From Tommy Lasorda's World/REMEMBERING MY FRIEND JACKIE
http://tommy.mlblogs.com/my_weblog/2005/04/remem …
※ Lasorda 語録
http://www.losangelesdodgersonline.com/tommylaso …

可能性として、「Jackie Robinson の自伝、映画」、「Tommy Lasorda が過去を振り返る中で、Jackie Robinson に触れると共に、この発言をした」ということが考えられますが、the Dodgers つながりで間違い、勘違い情報が流通していると考えるのが自然かもしれません。「伝言ゲーム」状態かな。

>> The difference between the impossible and the possible lies in a man's determination.
「『不可能なこと』と『可能なこと』にはわずかな差しかない。
 その差を埋めるものは、『挑戦する人間の決意』である。」>>

これは、日本語的にはわかりやすいですが、結構意訳にみえます。さらに、

>>「「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。」>>

となると、確かに誰にでもわかり易いのですが、日本語の「挑戦」と determination にはニュアンスには相当の差があるような・・・(挑戦は「とにかく、とりあえずやってみる」程度も含むので)

The difference between the impossible and the possible lies in a man's determination.
不可能と可能の違いは(本人の)決断(しだい)である。
本人の決意が不可能と可能を分ける(の差を生む)。

こうしてみると(dodgers 関係者がこう述べると)、 Brooklyn Dodgers general manager, Branch Rickey や Jackie Robinson の (複数形はないが s をつけたくなるような) determination が思い起こされるのは必然に見えます。特に、Branch Rickey なくしては、Jackie Robinson がなかったとも言えるわけで、その「英断、決断」は(時代を考えれば)高く評価されるべきなのでしょう。(日本では時代を切り拓くフロンティア、パイオニアがあまり評価されない風潮があるように見えます。)

なんだか、プロにパシらされたような気がしないでもないが、日本人にはなじみのない「その時歴史は動いた アメリカ編(NHK TV program)」みたいで、面白かったし、勉強になりました。
--- The difference between the impossible and the possible lies in a man's determination ---(英語がわからなくても)調べてみようとする決意が不可能を可能にする。by the apes of Taro & Jiro.

Thank you.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taroandjiro2001さん、再度ありがとうございます。

>なんだか、プロにパシらされたような気がしないでもないが、

お気を悪くされたら、本当にすみません。
皆さんの叡智をお借りしたいという気持ちで投稿したのです。
taroandjiro2001さん、Ganbatteruyoさんのおかげで
私も多くを学びました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/01/06 15:30

それって、パチ情報ちゃうん(インチキ情報ではありませんか)?


主要な情報源はもちろん、Time, Washington postなどの記事まで目がつぶれるほど読んだが(意味はよくわからない)、そんな話はどこにもありません(これは確か)!
これはまるで日本式英語!(「話がちがうやろ~」と、いいたくなるという意味)

何をどう考えても、ロビンソン選手のもっとも有名な言葉は、
"A life is not important except in the impact it has on other lives."

The official site of Jackie Robinson / quotations
http://www.jackierobinson.com/about/quotes.html

Quotes By Jackie Robinson
http://www3.mpls.k12.mn.us/marcy/Heroes/Robinson …

「黒人初の大リーガー―ジャッキー・ロビンソン自伝」"I Never Had It Made"
あとは、自伝などを図書館で探してもらうぐらいしかありません!・・・が、オフィシャル・サイトにもない言葉がどこにある!!!って、翻訳の人が日本人にわかりやすく書いてくれたのかも!

疲れた。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taroandjiro2001さん、回答ありがとうございます。
お疲れになったでしょう。すみませんでした。

私も、気になってネット中調べたのですが、
どこをあたっても、ロビンソン選手のもっとも有名な名言は
"A life is not important except in the impact it has on other lives."でした。
そもそも、ご本人のHPにも載っていないなんて、おかしいですよね。
経営セミナーなどで、よく引用されるらしいのですが、
出典もろくに確認しないで、「いかにもロビンソン選手」いうことで、
安易に引用されたのではないかと疑っているのです。
本当なら、無礼な話ですよね。

>翻訳の人が日本人にわかりやすく書いてくれたのかも!

うーん、私は翻訳の仕事をしていますが、ここまで「意訳」することはありません。
Ganbatteruyoさんのご指摘にあったように、
"A life is not important except in the impact it has on other lives." という言葉も
精神性は同じだと思いますが、
それなら「人生は・・・」という訳で、全然差し障りないと思うのです。

私は、同じ野球界のラソーダ選手(もとドジャーズ監督)の言葉が
ロビンソン選手の言葉と間違えられているように思います。
ラソーダ選手の言葉は、こうです。
「『不可能なこと』と『可能なこと』にはわずかな差しかない。
 その差を埋めるものは、『挑戦する人間の決意』である。」
ね!?

お礼日時:2007/01/06 11:27

Quotations From & About Jackie Robinson


http://www.baseball-almanac.com/quotes/quojckr.s …

"A life is not important, except in the impact it has on other lives."
http://mlb.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/events/jrd/ind …

"A life is not important except in the impact it has on other lives."
http://encarta.msn.com/encyclopedia_761574436/Ro …

何かの足しに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taroandjiro2001 さん
回答ありがとうございます。
やはり "A life is not important, except in the impact it has on other lives."が
「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。と訳されているのでしょうか・・・。

お礼日時:2007/01/05 13:02

Gです。

 二つの表現を考えていた為に意味にならない文章を書いてしまいましたので訂正させてください。

>つまり、自分のもつ夢の世界への改革には時間がかかるのです。 人地の人生の中では達成できないけどやらなくては成らないことというものはあるわけですね。キング氏はI have a dreamと言う表現をしました。 ロビンソン選手はキング氏ほど知られてはいませんが、my life is not that important if a part of my life will contribute to create a better world (for the blacks)と言うフィーリングを出した表現だと私は信じるわけです。



My life is not that important if a part of my life does not contribute any way to create a better world (for the blacks)となります。

>つまり、自分の人生よりよい世界に貢献できなければ自分の人生なんて大切なものとはいえない、と言うフィーリングを「人の人生とは他の人へ影響力を与えることが出来るのに出来なければその人生は価値があるものではない」と言う表現から汲み取ることが出来、私の言葉で言えば、良い世界への種はまず自分が蒔かなくてはならない、そしてその世界と言う花が自分の人生で咲かなくても種は自然に芽を出す、つまり、今は不可能かもしれない、しかし、自分がその不可能に対し挑戦することでいつか不可能は嘉納になる、だから不可能の反対は可能ではない、不可能はあくまでも虚像であり可能の反対ではない、可能は挑戦することで必ずいつか来る、と言う事になるわけです。



私の言葉で言えば、良い世界への種はまず自分が蒔かなくてはならない、そしてその「よい世界」と言う花がたとえ自分の人生「の中」で咲かなくても種は「いつか必ず」自然に芽を出す、つまり、今は不可能かもしれない、しかし、自分がその不可能に対し挑戦することでいつか不可能は「可能」になる、だから不可能の反対は可能ではない、不可能はあくまでも虚像であり可能の反対ではない、可能は挑戦することで必ずいつか来る、と言う事になるわけです。

となります。

ごめんなさい。
    • good
    • 0

アメリカに38年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

これは多分"An individual life is not important, except in its impact on the lives of others."と言う言葉から来たものではないかと思います。

40年代の黒人選手なのです。 差別が黒人自身が人間性を訴え始め白人がそれにたいし抵抗しはじめ急激に大きな問題になっていく時代のことなのです。

私が持つ信条でモチベーションにも使う言葉の一つです。 武道の教え(武道改革的表現として)にも使います。 ただ、私は「死」を言う表現を私の言葉として使いますが。

つまり、自分のもつ夢の世界への改革には時間がかかるのです。 人地の人生の中では達成できないけどやらなくては成らないことというものはあるわけですね。 キング氏はI have a dreamと言う表現をしました。 ロビンソン選手はキング氏ほど知られてはいませんが、my life is not that important if a part of my life will contribute to create a better world (for the blacks)と言うフィーリングを出した表現だと私は信じるわけです。

つまり、自分の人生よりよい世界に貢献できなければ自分の人生なんて大切なものとはいえない、と言うフィーリングを「人の人生とは他の人へ影響力を与えることが出来るのに出来なければその人生は価値があるものではない」と言う表現から汲み取ることが出来、私の言葉で言えば、良い世界への種はまず自分が蒔かなくてはならない、そしてその世界と言う花が自分の人生で咲かなくても種は自然に芽を出す、つまり、今は不可能かもしれない、しかし、自分がその不可能に対し挑戦することでいつか不可能は嘉納になる、だから不可能の反対は可能ではない、不可能はあくまでも虚像であり可能の反対ではない、可能は挑戦することで必ずいつか来る、と言う事になるわけです。

少し英語カテから横道にそれたかもしれませんが、この言葉持つ重みを私はこの15年感じているので多分これじゃないかなと思い、間違っている可能性はありますが書かせてもらいました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Ganbatteruyoさん、回答ありがとうございます。

"An individual life is not important, except in its impact on the lives of others."
これもロビンソン選手だからこそ、重みのある言葉ですね。

ジャッキー・ロビンソン選手については、私も今までよく知らなかったのですが、
ロビンソン選手の「挑戦」と、キング牧師の「dream」には共通するものがあること、
よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/01/03 17:02

いまから出かけるので


詳しいことは言えませんが
グーグルの全世界サーチで、同ロビンソン氏の正確な名前と
あたりそうな単語、impossible?major league、comment、news、
名言の意の英単語などを合わせて入力すれば
何かヒットするかも知れません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

straker505さん、回答ありがとうございます。

"Jackie Robinson" "baseball" "possible" "impossible" という
ワードでグーグル検索してみたのですが、ヒットしませんでした。
唯一、近いかなと思ったのが、上のラソーダ選手の言葉なのです。
日本のサイトではロビンソン選手の言葉として引用されていますが
本人のHPにも、それらしき言葉がないんですよね。うーむむむ・・・。

お礼日時:2007/01/03 13:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ