こんにちは
最近幕末に興味を持ち、子母澤寛の新撰組三部作を読みました。
今度は倒幕派について知りたいと思い書籍を探しています。
しかし司馬遼太郎の小説がとてもおもしろいということで読んでみたのですが、自分には作風が合わずすぐに挫折してしまいました。

そこで子母澤寛の新撰組三部作のような「史実を淡々と書き連ねてる倒幕派側の小説」を探しています。
子母澤寛の新撰組三部作にもフィクションが混ざってるのは知っていますが何故かこれは夢中になって読めるのです。

宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

小説ではありませんが、史実を重視されているということで、井上勲『王政復古』(中公新書1033)という書籍を推薦します。

副題は「慶応三年十二月九日の政変」です。井上氏は学習院大学の教授で、幕末維新史を専門とする歴史学者です。

この本は、ペリー来航から慶応2年までの政治史を概略的に説明した後、慶応3年という大政奉還や王政復古のあった年の一年間の政治史を論述したものです。

王政復古の政変に至るまでの薩摩藩、長州藩、岩倉具視など公家、土佐藩、芸州藩、徳川慶喜などなど、様々な政治勢力の政治的駆け引きが詳細に記述されています。

最近の幕末史研究においては、いわゆる討幕派が成立したのは慶応3年5~6月以降とされていて、それ以前の志士たち(例えば新選組が池田屋で斬った志士たちや、禁門の変で死んだ志士たち)は討幕派とは呼びません。その意味で、慶応3年の討幕派の動向を史料に基づいて詳細に記述した井上氏の著書は、読み応えがあると思います。

井上氏の『王政復古』は歴史学界での評価も高く、例えば歴史学の重要文献を解説した『日本史文献事典』(弘文堂)という本にも、『王政復古』は掲載されています。特に、井上氏の討幕の密勅に関する議論や公議政体論に関する議論は、その後の幕末史研究に大きな影響を与えています。討幕派に関する史実を知りたいのであれば、読んでみて損はない本です。

歴史学界で評価されているということで、難解で読みにくい研究書というイメージをもたれるかもしれませんが、決してそんなことはありません。確かに書かれている内容は非常に高度ですが、堅苦しくなくて読みやすいです。軽快なテンポで読めると思います。

学界で高く評価されるほど緻密で高度な内容ながら、素人にも読みやすいということで、井上氏の『王政復古』を愛読書にしている幕末好きは多いですよ。小説でなくても構わないのであれば、参考にしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深い書籍ですね!とても参考になります。
>いわゆる討幕派が成立したのは慶応3年5~6月以降とされていて~
そうなんですか!ますます読んでみたくなりました。
>堅苦しくなくて読みやすいです。軽快なテンポで読めると思います。
助かります。(笑) 早速書店で探してみます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 22:27

史実を淡々と書き連ねた作風なら吉村昭です。


倒幕ものではないものの、尊王譲位思想のつよい水戸藩が引き起こした事変に材をとったのが「桜田門外ノ変」と「天狗争乱」。
このほか幕末を舞台にした作品としては「生麦事件」「長英逃亡」「黒船」など。

桜田門外での彦根藩士と水戸浪士の争いは斬りあいではなく、鍔ぜりあい、雪道には血にまみれた指がたくさん落ちていたそうです。近くの屋敷から襲撃の一部始終を目撃していながら知らぬ顔の半兵衛を決め込んだ藩があって、お咎めを受けたとか。そうした事実を「桜田門外ノ変」を読んではじめて知りました。淡々と記されていても事実の重みで迫力にとみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これから幕末あたりを色々読み進めてみようと思っているので、こういった作風の作家を教えていただけるととても助かります!
是非読んでみたいと思います。
淡々としているからこそ、胸に響くものがありますよね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 20:51

どうも今晩は!



>子母澤寛の新撰組三部作のような「史実を淡々と書き連ねてる倒幕派側の小説」

新撰組幹部の生き残り隊士である永倉新八の語り残した『新撰組顛末記』はいかがでしょか。
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E6%92%B0%E7%B5 …

小説ではありませんが、同じく永倉新八の幻の手記『浪士文久報国記事(永倉新八日記)』と、
『島田魁日記』を細かく解説した『新選組日記』もお薦めです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E9%81%B8%E7%B5 …

ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新撰組生き残り隊士の小説や手記があるんですか!驚きました。
丸々倒幕派の小説を探していたのですがこれは嬉しいです。
早速書店で探してみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/18 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ