よくチャットや漫画でそもさん、せっぱって言う台詞を見かけるんですが、
これ、もともとなんですか?そして、どういう事の例えで使うものなんですか?
雰囲気的に常識事のようなので恥ずかしくて人に聞くに聞けないんですが・・・誰か詳しく知ってる方、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

禅問答で、


修行者が師家に質問することを「怎麼生」(そもさん)と言い、
それに師家が答えることを「説破」(せっぱ)と言います。
    • good
    • 0

そもさん 【作生・什生】 〔禅宗で、問答の際に用いられる〕どんなか。

どうする。いかに。どうなのか。

せっぱ 【説破】  議論をして相手を言い負かすこと


「一休さん」というアニメでよく使ってましたよ。
問題を出してそれをどううまく言い負かすか・・・ってとこでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。一休さんは昔小さいころに観ていたと思うんですが知りませんでした。今度TUTAYAでビデオ借りてきます(;^_^A

お礼日時:2001/02/08 23:40

禅問答の際に用いられる言葉です。


そもさん(そぅら質問だ)
せっぱ(答えてみせまひょ)

昔、「一休さん」というアニメの中でよく使われていたため有名です。
    • good
    • 0

「そもさん」は「これいかに?!」「さあどうだ!」の意味。


中国の、たしか宋代の俗語から来ていて、禅宗用語です。
「これいかに?!」の流れから、せっぱ=「説破」(論破の意味)
とくるわけです。
    • good
    • 0

「一休さん」が参考になるのではないかと。

    • good
    • 0

せっぱつまって-て良く使います。

意味は、思いっきり忙しい時(締め切り間近で大変)とかいう時に使ってます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ