森鴎外は、軍医総監・医務局長→帝室博物館総長兼図書頭→帝室制度審議会御用掛→帝国美術院初代院長とずっと仕事を持っていました。
文学と二束のわらじで大変だったと思います。
どうして漱石のように文学一本で立とうとしなかったのでしょうか。
金銭的な理由によるのでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

興味ある問題だと思います。

逆説的ですが、鴎外は本業を形式的にしかしていなかったと思います。脚気の対策の責任者であったのに、犯罪とも言えるほどの失敗をしています。海軍の脚気対策を無視して陸軍の兵隊を無意味に死なせた罪は重いはずです。もう一つは鴎外のエリート志向があります。これは教育ママにいわゆるエリート教育の猛勉強を押しつけられた子どもが成長後もこの価値観を引きずって一生を生きるという例だろうと思います。漱石はお金の価値と限界を知っていて朝日新聞の社員になって経済的な保証を得て、その余裕で文学をやっていたと思います。鴎外は本業を適当にやりながら、やはり好きな文学をやっていたように思います。どちらが文学に専念していたのかわからないところがあります。
    • good
    • 0

森家が学問(特に医学)の家だからでしょう。


娘さんは作家になっていますが、森家の多くは学者であって、物書き(というと言葉が悪いかもしれませんが、とりわけ戦前でしたらこういう印象の方が強いかと思います)ではなかったということです。現在でも、大学の教員で「森」という名字を見たら森家の系譜を疑え、といいますが。
私の母校にも森鴎外と血縁のある先生がいましたよ。

「文学一本で立つ」よりも、鴎外の場合は「なぜ文学をつづけていたのか」の方が不思議な話ではないでしょうか。
そもそも漱石とは生まれも育ちもだいぶ違う人なので、同じ視線で考えると混乱しやすいと思います。漱石ほど鴎外は立場上自由ではなかったみたいですね。
    • good
    • 0

小説家なんて、まともな人間がやる仕事ではないと認識していたから。


これにつきるでしょう。
江戸時代の感覚で言えば、文人が余技で行うのが芸術活動です。余技で生活を考えるなんて、まっとうな人間のやることではなかったのであります。
夏目漱石も、朝日新聞社に入社によって、一種の小説家専業になりましたが、発行物の著作権で生活したわけではない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • お気に入りの俳句、短歌を教えてください

    国語の時間に習ったはずの「短歌」や「俳句」、解説された内容や意味は覚えていないのに、なぜか耳に残って、いまでも諳んじられるものがありませんか? 今回はそんな、記憶に残るお気に入りの一首・一句についてのQ...

  • 家の中の鳥、海亀スープ、傑作だと思ったなぞなぞ

    子どもの頃によくやったなぞなぞやクイズ。いま思えば頓智やユーモア満載の世界で、大人でも楽しめる秀作も少なくなかったように思います。教えて!gooにはこんなQ&Aが寄せられていました。 「『これは傑作だ!』...

  • そんな方法があったのか!百人一首の覚え方

    百人一首を、授業で暗記した経験をお持ちの方も多いと思います。ただ読むだけでは、中々覚えられずに苦労した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。教えて!gooには、以下のような相談が寄せられて...

  • 小説をうまく書くコツを教えて欲しい!

    小説を読んでいると、その面白さに入り込んでしまい、時間すら忘れて読み続けることがあります。そんな小説に魅せられ、自身で書いてみようと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。教えて!gooには、小説...

  • 童謡「森のくまさん」で「お嬢さんお逃げなさい」と言ったのは?

    「ある日♪森の中♪くまさんに♪出会った♪」ではじまる森のくまさんは、遠足やピクニックなどで誰もが歌った思い出がある曲ではないでしょうか?そんなアップテンポな童謡「森のくまさん」について教えて!gooにはこん...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ