次々とアニメが制作されていますが、良い作品にも拘らず、アニメ化されていないものがまだまだ埋もれているように感じます。アニメ化されてほしいけれども、埋もれてしまっていると思われる作品を挙げてください。原作完結後、5年以上経っている、または原作開始から10年以上経っている作品でお願いします。

私自身の希望は下の通り。
立原あゆみ 「本気 !」
島崎譲 「THE STAR」
小山田いく 「ウッド・ノート」「マリオネット師」
山原義人 「龍狼伝」
池沢さとし 「サーキットの狼」
赤石路代 「P.A. プライベート・アクトレス」

A 回答 (12件中1~10件)

こちら30代半ばの者です(ので、No.10さまの回答は共感いたします)。




個人的には久美沙織「丘の家のミッキー」(現在の集英社コバルト文庫)ですね。
いわゆる今でいう「マリアさまがみてる」のような女子校で育ってきた中学生の未来が、父親の夢の実現のため(これには裏があるんですが)に都心から葉山(湘南あたり、ですかね)に越すことになり、そのために三流(というか不良が通ってる)女子校に転校していろいろ経験する、ってお話です。
数年前に新訂版が発売され(全巻ではないようですが…)たので、若い人でも覚えがある人はいるのでは、と。

こちらは一部しかマンガ化されてませんし…。でも、キャラクター原案めるへんめーかー先生は難しいかなぁ…。
    • good
    • 0

■漫画


川原正敏「修羅の門」
藤田和日郎「からくりサーカス」
新谷かおる「ファントム無頼」
みず谷なおき「ブラッディ・エンジェルス」

■小説(ラノベ含む)
秋津透「閃光戦隊ジュエルスターズ」
嵩峯龍二「ソルジャークィーン」
流星香「電影戦線」
清水文化「気象精霊記」
飛沢磨利子「隣界ハンター」
    • good
    • 0

小説系からいくつか。



氷室冴子 「雑居時代」
 憧れの叔父に相応しい女性になるべく、外面を磨き上げた才色兼備の女の子のコメディ。
 先日、「彼氏彼女の事情」を見ていて思い出しました。

氷室冴子 「シンデレラ迷宮」「シンデレラミステリー」
 ひきこもりの少女を主人公とするファンタジー/ミステリー。
 「ジェーン・エア」を題材にした作品。
 先日、「文学少女」の原作を読んでいて思い出しました。

佐々木譲 「そばにはいつもエンジェル」
 特殊な能力を持つ少女と愛犬エンジェルにまつわるサスペンスミステリ。

アキフ ピリンチ 「猫たちの聖夜」「猫たちの森」
 頭がよくてちょっと生意気な雄猫フランシスを主人公とするミステリ。

新井素子 「グリーンレクイエム」「緑幻想」
 大学の研究室で植物学を研究する青年が、長い髪の女性・三沢明日香に恋心を抱く。
 彼女の髪の毛の本当の色は緑色だった。
 実写映画化、コミック化されましたが、ぜひアニメで視てみたい作品です。
    • good
    • 0

・ルーンマスカー


・マトゥルスの血族
・BLADE
・クロノスヘイズ
・ラブやん
・黒鉄
・お父さんは心配症

色々ありますが最近減ってきたオリジナルアニメーション
にももっと頑張ってもらいたいですね
    • good
    • 0

福本伸行、最強伝説黒沢


板垣恵介、餓狼伝
荒木比呂彦、スティールボールラン
原泰久、キングダム
東條仁、合法都市
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0

小山田いく「すくらっぷブック」


西川秀明「Z MAN」
    • good
    • 0

おはようございます。



なんといっても一番は水島新司「あぶさん」(ビッグコミックオリジナル連載)ですね。現在も連載中で、日本で最も長く連載が続いているスポーツ(野球)漫画です。
なっていないのが不思議なくらいですが、実在の選手が多数出てくるので難しいのかな?

秋月りす「OL進化論」(モーニング連載)
なかいま強「黄金のラフ~草太のスタンス~」(ビッグコミック連載)
一丸「おかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記」(ビッグコミックオリジナル連載)
など。

質問者&回答者が挙げた中で「うしおととら」はすでにアニメ化されています。
「本気 !」「サーキットの狼」「ねじ式」「逆境ナイン」は実写化(映画やVシネなど)にはなっていますね。
    • good
    • 0

BANANA FISH


CIPHER
ポーの一族
銀曜日のおとぎばなし
ねじ式
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

BANANA FISH は存じ上げませんでした。Wikiの情報では、なかなか面白そうな、こんがらがりそうな… 機会があれば読んでみたいと思います。

CIPHER は、続編の ALEXANDRITE と共にアニメとしても楽しめる作品ではないかと思います。私も見てみたいですね~。

ポーの一族 は、私自身は読んだことはありませんが、有名な漫画ですよね。これを機に読んでみようと思います。

銀曜日のおとぎばなし は、まったく存じ上げませんでした。ほんわかしたお話のようですね。

ねじ式 は読んだことありませんでした。実際に見た夢を題材に書いたようですね。面白そうです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/12/12 22:48

拳児 藤原芳秀


うしおととら 藤田和日郎
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「拳児」ですか。確かに良さそうな感じですね。こちらは読んでいましたが、忘れていましたw 連載中は結構好きだったんですけど、どうして忘れちゃっていたのかなぁ…  絵の感じは確かに地味な部分はありましたね。

「うしおととら」は他の回答者様の話では既にアニメになっているようです。テレビではなくOVAとして販売されているようですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/12/12 21:32

『ヴァンデミエールの翼』


著者:鬼頭莫宏
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

寡聞にして、こちらの作品も存じ上げませんでした。
Wiki を見た限りでは、なんか良く分からない雰囲気でした。
機会があったら読んでみようと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/12/12 21:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ