実家で飼っていたセキセイインコが窓から飛んで逃げてしまいました。ペットショップで買ってから一週間もしないうちに・・・。
生後1ヵ月のブルーのセキセイインコ(オスらしい)です。母が近くを探したのですが、いなかったそうです(母と私は別々に暮らしていて実家が遠いので探しにいけませんでした)母は、ひどく落ち込んでいて電話でも元気ある声は聞けません。逃げていってから、3日がたちました。もう帰ってくるのぞみはないのでしょうか?また、そんな母にセキセイインコを飼ってあげたいのですが、どうしてもオスがいいと言うのです。オスだとしゃべるからです。新しいセキセイインコを買おうと思ってペットショップを見にいっています。あるペットショップの人の話だと、オスかメスかを見分けるには、確実にわかるのが生後半年ぐらいと言われました。しかし、他のペットショップの人に同じことを質問すると、生後1ヵ月ぐらいで分かるとか言われ、どれが本当なのかわかりません。オスとメスを見分ける方法があるらしいのですが、どういう方法なんでしょうか?あと、生後1ヵ月で飛んで逃げていってしまったのですが、生後1ヵ月で飛ぶものなんでしょうか?色々と疑問ですみません。値段は、2500円(税別)したのですが、これって高くないでしょうか?大体、相場はいくらぐらいなんでしょうか?母は、65歳で一人暮しなんです。鳥がいないとさみしくて仕方がないようです。鳥を飼うのは3回目なんですけど、いずれも自分で飼ったことがないので、本当によくわかりません。(育てていたのも母なので)今回、不注意で飛んで逃げてしまったわけなのですが、色々とセキセイインコについて知りたいので教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

うちの母も今までに3回もインコに逃げられてしまいましたが、3羽とも戻ってくることはありませんでした。

専門家でないのでよくわかりませんが、帰巣本能という点では他の種類の鳥よりも完全ではないのでしょう。
オスとメスを見分けるのは非常に難しいらしいです。鼻の穴の周りが薄い水色のものがオスだという説もありますが、絶対とは言い切れないという話もよくききます。
生後1ヶ月ならかなり飛ぶと思います。
値段についてもそれぐらいが相場だと思いますが、生まれてまもないヒナは少し値段が安くなっています。
ヒナの場合はメリットとデメリットがあります。育てるのはかなり難しく手間もかかります。自信が無ければ避けた方が無難です。餌は自分からは絶対に食べませんので人間が食べさせてあげないといけません。40℃ぐらいにしないと食べませんし、すり鉢などで砕いてやる必要があります。場合によっては朝から夕方の暗くなるまで1~2時間おきにやらなければなりません。ただヒナから育てた場合は人を怖がることもなく簡単に手の上に乗ってきます。
オスの方が良いのであればペットショップで確実にオスであることが把握されているインコを探してみてはいかがですか。わからないことは店員さんにきけば色々と教えてくれると思います。大規模で売り場の担当が別れているような店なら専門的なアドバイスが受けられるでしょう。小さい店なら犬猫中心ではなく、亀や熱帯魚が充実していて子ども客が多いところが狙い目です。直感的に儲け第一主義だと感じられる店は敬遠すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戻ってくる可能性は低いかと思いますが、もう少し待ってみます。セキセイインコの事を詳しく教えてくださり、感謝しています。オスかメスかを見分けるのは至難の技みたいですが、自分でも知っておきたかったので、ぜひ参考にさせていただきます。また、ヒナがこんなに育てるのが大変だとは知りませんでした。母は仕事があるので、ヒナはムリだということもわかりました。やはり、生後1ヵ月ぐらいのセキセイインコを探して購入しようと思っています。値段の事や店側の応対などを考えて、ペットショップを探したいと思っています。できるかぎり、鳥類専門のペットショップに行きたいと考えています。色々と教えていただきありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/05/01 13:28

回答にはならないんですが、オスメスを見分けれるのはむずかしいようです。


私は詳しくは知らないんですが(スミマセンm(__)m)
私も今セキセイインコがほしくて昨日ペットショップに見に行ったところ
1300円で売ってましたよ。相場はわかりません。

ほんと参考にならなくてごめんなさい、、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

値段の事を教えてくださり、ありがとうございました。参考にさせていだきます。もう少し、色々なペットショップをまわって値段を検討したいと思っています。でも、できるかぎり、鳥類専門のペットショップで購入したいと考えています。

お礼日時:2001/05/01 13:20

はじめまして、kasayaと申します。

私も過去にセキセイインコを飼っていた者です。

■セキセイインコの性別の判断は、下の方もおっしゃっているように「鼻の色」です。
セキセイインコの鼻は「はなこぶ」と呼ばれており、ブルーだとオス・ピンクだとメスです。
■2500円という価格は妥当だと思います。ペットショップによって違いもありますが・・。
■生後一ヶ月では、、、まだあまり飛べなかったような気がします。
 部屋の隅々やベランダは探されましたか?生後一ヶ月でそんな遠くまでは
 逃げられないような気もします。セキセイインコが幼い頃、「いなくなった!」
 と探すと、思わぬ所(ソファの下やタンスの裏)に隠れていた経験があります。
■あと本題ですが、私の飼っていたセキセイインコ(オス)も一度、ベランダから
 逃げてしまったことがあります。私も母もひどく落ち込んで探しまわりました。
 そして、手書きのポスターを作り、近辺の高層マンション(だいたい7階以上ある建物)
のロビーにそのポスターを貼らせてもらいました。
すると、その某マンションの10階の住人から電話があり、セキセイインコは
そこにいました。

セキセイインコは外の大空を飛びなれていないため、体力も限られています。
人なつっこいので、マンションの住人が手を出すとポンッ!と手に乗ってきた
そうです。ちなみに見つかったマンションは、家から100m以内のすぐ近くでした。

nyankomamaさんも、お母さま(実家)の近くにポスターを貼らしてもらっては
いかがでしょうか。セキセイインコが休息しやすい(止まりやすい)木々も
注意を払って探してみてください。

セキセイインコが逃げた悲しみは私もよくわかります。
言葉をしゃべると、より一層かわいくて愛くるしいんです。
無事、見つかることを祈っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

セキセイインコの鼻は「はなこぶ」と言うんですね。オスかメスかを見分けるのは至難の技のようですが、自分でもどうやって見分けるのかを知っていたかったので、教えていただきありがとうございました。母が言うのは、飛んでいった方向はわかっているんですけど、どうしても探しても見当らないというんです。誰かがみつけて育ててくれているといいんですけどね。なにせ、猫が多い所なので不安です。ポスターを貼りたいのですが、実家は市営住宅でペットを飼ってはいけないんです。でも、みなさん内緒で飼っているみたいですが、ちょっとポスターを貼るのはムリみたいです。とても良いアドバイスをくださったのに、実行できなくて残念です。もう少し帰ってくるのを待ちますが、今度買う時には、鳥類専門のペットショップに行って買おうと思っています。本当に、色々と教えていただきありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/05/01 13:16

逃げてしまったのですか。

それは、残念ですね。。。
オスとメスを見分けるには鼻の色です。
メスは茶色っぽいのですが、オスのは青みがかっています。うちのインコははじめ青っぽかったのでオスだと信じていたのですが、2年くらい経った今ではすっかり茶色なのでメスだったみたいです。
もっとも迷い込んできたインコだったのでどっちなのかは知らずに飼い始めたのですが。
お値段は2500円なら妥当だと思います。
だいたいいつもそれくらいでした。
生後1ヶ月では飛べないはずです。(たぶん・・)
うちのインコはマンションのベランダに迷い込んできたのですが小さかったので近所から来たものだと思いポスターを貼ったりしたのですが、飼い主のかたが名乗り出てこられませんでした。
それからオスのほうがよくしゃべるのかもしれないですけど、うちのメスの子もわりとおしゃべりします。
逃げた子がみつかるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オスかメスかを見分けるのは至難の技なようですね(;^_^A 帰ってくるかもしれないので、もう少しだけ待ってみますが、今度買う時にはぜひ参考にさせていただきます。2500円なら妥当だと聞いて安心しました。ちょっと高い・・・と思っていたので。私は、メスの方が好きなんですけど(芸を教えるとやってくれるらしいから))、母がどうしてもオスがほしいというので、仕方がありませんね。今度は、鳥類専門のペットショップに行って、良い鳥を探してきます。どうもありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/05/01 13:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ