『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ghostbuster

自己紹介

116 哲学者たちが語 ―「知識」「存在」「対象」「自我」「命題」「名」など―を用いて、ものの“本質”を把握しようとしているとき、ひとは次のように問わなくてはならない。いったいこの語は、その元のふるさとである言語の中で、実際いつもそのように使われているのか、と。――
 われわれはこれらの語を、その形而上学的な用法から、ふたたびその日常的な用法へと連れもどす。

――ウィトゲンシュタイン『哲学探究』

Q質問

非公開
5
解決数 / 率
5 / 100%
お礼数
12
削除数
0
取り消し数
0
投稿が多いカテゴリ

A回答

ghostbusterさんが投稿した回答
943
ベストアンサー獲得数 / 率
432 / 66%
1stアンサー獲得数
272
獲得数
540
削除数
0
投稿が多いカテゴリ

これまでのグレード実績

過去にグレードの
獲得はありません

  • S ×0
  • AAA ×0
  • AA ×0
  • A ×0
  • B ×0
  • C ×0
  • D ×0
  • E ×0
  • F ×0
  • G ×0