ウォッカトニックのつくりかたについておたずねしたいのですが、カクテルの本などでは、「ウォッカとライムとトニックウォーターでつくる」というのが一般的のようですが、バーなどで飲むウォッカトニックに近い味が家では出せずに悩んでいます。お店などで飲むときは、かすかに甘味を感じるような気がするのですが、材料に甘味を感じるものはないので、自分がつくるとほのかな甘味もなく、飲みにくいのです。他の方はどのようにしてウォッカトニックをつくられていますか? やはり、ライムとウォッカとトニックウォーターのみでしょうか?

A 回答 (3件)

 ロシアンウォッカ、ヨーロピアンウォッカ、アメリカンウォッカはそれぞれ全く別のお酒です。


 味自体が。(俺はそう思います)

 ロシアンウォッカは「身体を温めるために飲む」という文化があるので、やはり甘みがあって飲みやすいですね。
 それと、トニックウォーターもメーカーによって味が違いますし(個人的にはレモンペリエかカナダドライ社製のものがオススメ)、お店によっては苦味料などを別に加えているところもあるかもしれません。

 ちなみに、配合は「トニック3:ウォッカ1」が基本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウォッカでもそんなに違いがあるのですね。
今まで知らなかったので、考えたことがありませんでした‥

今まで自分で作ったのがイマイチだったのはウォッカのせいかもしれないですねー!
これから自分にあったウォッカ&トニックウォーターを探してみたいとおもいます。

ロシアンウォッカ、ぜひ試してみたいです。
次にウォッカを購入する際に参考にしてみます。
貴重なご意見ありがとうございました!

お礼日時:2005/09/09 23:50

ウォッカが違うかもしれませんねー。



甘みのあるのは「リモナヤ」とか「クバンスカヤ」とかかな。
「デルジャーブナヤ」が口当たりがいいんじゃなかったかな。

バーテンの友人いわく、カクテルは作り手によって違う!そうです。
気に入ったお店があるのなら、聞いたほうがいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー!

いつもお酒を買いに行って、たくさんウォッカをみるんですが、違いがわからなくて何を買っていいものか困っていました。
(店員さんも詳しくなくて、「国の違いですね~」くらいしかアドバイスがなくって‥)

次にウォッカを購入する際に参考にしてみます。
貴重なご意見ありがとうございました!

‥カクテルは作り手によって違う!ってのは、なんとなくわかる気がします。やはり、プロの方には独自の特別な感覚があるのかもしれませんね~

お礼日時:2005/09/09 23:45

こんにちは。



先ずトニックウオーターは結構いろんな種類があるのでそれで大分味は違いますよ。
バーで何を使ってるか聞いてみたらどうでしょ。

甘いのならウィルキンソンかもしれませんね。緑色のでこぼこの特徴あるビンです。

ライムでも甘みを感じることはあると思うんですが。(と言うか他の素材の甘みを引き立てているのかも)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

トニックウォーターの種類で味がそんなに違ってくるとは知らなかったので勉強になりました。

ウィルキンソンなど、色々試して自分にあったものを探してみます。

ご意見をありがとうございました!

お礼日時:2005/09/09 23:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

料理レシピ検索
入力例) BBQ -  弁当 -  作り置き
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ
ヘルシーレシピお悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか?旬の野菜を毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!

カテゴリ