レスリング経験者の方、レスリングの練習メニューを教えてもらえませんか。すっごく知りたいです。
あと、レスリングが強い道場、大学はどこになるのでしょう。是非、教えてください。

A 回答 (2件)

基本的にはレスリングの練習だけでもまあまあスゴイ体になります。

力はあればあるほど有利なのでさらにウエートトレーニングを行うわけです。レスリングは全身運動なのであらゆる部位を鍛えます。本に載っているようなトレーニングはほとんどやります。レスリングでは、特に「引く」動作が重要なので背筋が発達しますし、最も重点的に鍛えるわけです。各種目5セット前後行うセット法を基本としてパワーの向上に努めますが、ときどき7~8種目×3~5ラウンドのスーパーサーキットもおこない筋持久力&心肺機能の向上に努めます。
まじめにやっていたら、そりゃスゴイ体になります。
    • good
    • 2

まず軽くランニングをした後、柔軟、ブリッジ、マット運動(前転、後転、倒立等)をたっぷりやります。


ここからがレスリング自体の練習になります。
(1)二人一組になって「打ち込み」をします。パートナーを3回程度代えながら15~20分くらい、最後は軽いスタンドのスパーリングのような感じになります。
(2)二人一組でグランドの練習を行います。二人一組攻守交替しながら、何回も相手を代えて、30秒×20~30回程度行います。攻守ともに協力なしで全力で行います。
(3)「片足タックルの体勢からの攻防」「がぶりの体勢からの攻防」等、二人一組で何回も相手を代えて、30秒×20回程度行います。攻守ともに協力なしで全力で行います。
(4)スパーリングを行います。3分×20~30ラウンド程度行いますが、スペースの関係上、だいたい一人あたり10ラウンド程度になります。
時間がある場合は補強運動やスーパーサーキットトレーニングを行います。特にレスリング流のスーパーサーキットはキツイです。
最後に整理体操をして終わります。
コーチがいる場合は(1)の後にスタンドの技を1~2種類伝授して、二人一組協力しながら技の習得に励みます。(2)の前後も同様にグランド技の習得に励みます。もちろん攻撃だけではなく防御の練習もします。(3)や(4)の合間にはコーチが気づいた点を選手にアドバイスします。
以上がだいたいフツーの練習です。
なお、ウエートトレーニングはだいたいそれぞれの選手が各自の自覚のもとに行います。
強い団体は日本レスリング協会ホームページをご参照ください。検索すればすぐでてきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ウエートトレーニングは各自で行うと言うことですが、どのようなことをするのでしょう。格闘技の大会に出てくる選手でレスリング出身の選手はすごい体していますもんね。特に背筋がすごい!普通のウエートトレーニングではあんなにはならないですから。できればその辺も教えてほしいです。

お礼日時:2005/09/17 21:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ