こんばんは。
「ジャンプ」などの雑誌の中には、なぜかたいてい
「この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などにはいっさい
関係ありません」と書かれています。
けれども「りぼん」や「なかよし」などの少女向けの雑誌には
「この作品はフィクションです」という注意書きは書いてありません。

なぜ少年誌には「この作品はフィクションです」と書いてあって
少女誌には書いてないのでしょうか。

またよろしければ、なぜわざわざこのような表記(注意書き)をしているのか
教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

こんにちは。


確かに少年誌だと、かなりの確率で書かれていますよね。
ただ、少女誌にかかれていない・・・・と言うわけではないと思いますよ。
例えば、りぼんに以前掲載されていた酒井まゆ先生の「永田町ストロベリィ」などはりぼん本誌に
「この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ありません」
と注意書きされていたと言う記憶があります。
その漫画は題名の通り永田町のフィクションのお話でしたのでやはり、注意書きが必要だったのではないでしょうか。
なかよしなど少女誌はファンタジーものが多いですし
ジャンプなど少年誌などやはり歴史や実際にあるものが出てくる場合には
注意書きをしなければいけないのではないでしょうか。

理由はそれと言って分かりませんが、私なりの意見と受け止めてくだされば光栄です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
なるほど。確かに舞台が舞台(?)ですからね。
そういえば「りぼん」は「ちびまる子ちゃん」を連載していましたね。
大変ありがとうございます。
また返事が遅くなりまして、申し訳ありせんでした。

お礼日時:2005/12/28 22:32

少女漫画のコミックを数点確認しましたが、


「花とゆめ」は『フィクションです。』とは、書いてありますねー。
「KCなかよし」は書いてありません。
「少コミフラワーコミックス」にも書いてありません。
対象年齢が低いと書かれていないような。
対象年齢が低いほど、書いてあった方がいいような。

いくつか想像してみましたが、すっきりする答えは思いつきませんでした。

「この作品はフィクションです。」をつけるようになった訳ですが、調べてはみたのですが、ソースは見つかりませんでした。
確か昔の特撮の敵の名前が、どこかの領事館の息子と同じだったため、いじめにあったとか。
それが始まりだと聞いた事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、注意書きがある雑誌と、そうでない雑誌があるのですか。

昔あった特撮番組の敵の名前が、どこかの領事館の名前と同じだった、
この話は初めて知りました。
ありがとうございます。
また返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2005/12/28 22:31

テレビのドラマなどのエンディングでも「実在の人物・団体とは関係ありません」などとクレジットがでます。


フィクションです、と明記しておかないと、この設定は自分をモデルにしているのではないか、と思い込んだ人がモデル料を請求してきたり、実際にそういう団体があると思い込んで探したり、と、うっとうしいことになるからです。
少女向け漫画でも、描写がリアルな作品などではこの注意書き、書いてありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。大変ありがとうございます。
そうなのですか。そういえばテレビドラマにも、たいてい
「フィクションです」というテロップが出ますね。
(私はあまりドラマを見ないのですが…)

私の場合は、「この作品は作り物なんだ」と思って読んでいるのですが、
「実話なんだ」と思われる方もおられるのですかね。
返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2005/12/28 22:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 最近の女性誌の付録がすごいのはなぜ?

    ここ数年、女性ファッション誌の付録が注目されています。以前はそれほどクオリティの高くないものが多かったのですが、最近ではブランド各社やメーカーとのコラボレートにより、そのアイテムの種類は増え、クオリテ...

  • 牛丼まで割り勘の彼と暮らせる!?

    付き合っている彼氏や彼女のお金の使い方を見ていて、相手の金銭感覚が理解できず結婚を躊躇してしまうという話をたまに聞くが、その真っ只中で悩んでいる女性が「教えて!goo」に「牛丼さえ割り勘の彼氏」といった...

  • 【ヨーグルトとハチミツで作る】篠原涼子特製 生姜焼き

    ご飯がすすむおかずの定番、生姜焼き。家庭によって、またお店によって、様々なレシピがある中、女優の篠原涼子さんの作る特製生姜焼きのレシピが非常に興味深い。テレビで披露されたことのあるこの作り方は、なんと...

  • ウエディングドレスはなぜ白なのか?

    挙式予定の花嫁にとって、結婚式の準備は大変なものだ。特に新婦にとってのドレス選びは選択と迷いの連続。そのドレスであるが、白無垢も含め、色は総じて「白」である。だが、なぜウエディングドレスをはじめとする...

  • ゲーム業界ダンナ観察日記:第59話「増えろ脂肪」

    ダンナ様のねむねむ。奥様のとぽすけ。ごく普通のふたりは、ごく普通の結婚をし、だらだらと夫婦生活を送っていました。でもただひとつ違っていたのは、ダンナ様はゲーム会社勤務だったのです。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ