「セーラームーン」の2匹目のどじょうを狙った、CLAMPの「レイアース」は業界では大失敗作だったといわれています。
失敗の原因、なぜ失敗作といわれているのかなど情報をお持ちの方教えて下さい。また、上の質問以外に「レイアース」についての作品の感想のみでも結構です。宜しくお願い致します。

A 回答 (15件中1~10件)

失敗作!?(マジっすか?)


ウチこの時小3~4ぐらいでも
十分話も分かりましたし。
(でも幼稚園や低学年じゃムリか・・・)
すでにどなたかのレス出てますが
やっぱりグッズのせいでしょうか?
バンダイは子供向けでもセガはセガトーイっていう
子供向け専門分野が出てくる前でしたし。
ゲームは売れたと思うんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。(LESS遅くなってしまい申し訳ありません)
ゲームは売れたんですかぁ。マーチャンダイジング化された商品の中で
どれくらいゲームが売れたか一度調べてみます。

お礼日時:2001/12/17 16:26

なるほど……。

#13のかたの回答を見て、思い当たることがあります。

「~彼女たちの作品は原作以上に味付けが出来ない、面白いものにしようと思っても出来ない~」とのことですが、原作モノをアニメ等にもっていく場合、原作ファンの幻滅というか異論は避けられません。
その点では、CLAMP作品は「CLAMP作品を逸脱する」ことがありません。
ファンにとっては「完璧なCLAMP作品に余計な手は入れてほしくない」わけだし、CLAMP側も「作品のイメージを壊すことを避けて」いますよね。

そういう意味では、業界のかたからは「作りにくい作品」なのかもしれませんが、一般視聴者には「関係のないこと」だし、ファンにとっては「失敗作ではない」のですよ、きっと。

で、御質問の意図は、作品の出来という問題ではなく、商業的な実績上の失敗なわけですね。

それでしたら、まず、CLAMP作品そのものが「ウケる人にはウケるけれど、ウケない人にはウケない」という傾向が強いのが問題と思います。

さらに、当時のCLAMP作品の良さ(作品のテーマやキャラの動向、ストーリィの流れ)は、子供では理解しえないものだと思います(最近は子供にもわかるレベルの作品もあるようですが)。
ですから、子供の頭では素直に共感できないのでは?
子供にわかりやすくするなら、子供のレベルで作らなければいけませんよね。
レイアースも含めたほとんどのCLAMP作品のように、悪役が「悪」ではなく、それは運命の皮肉な巡り合わせなのだ……では、子供にとっては「ねえ、どうしてあの人は悪い人なのにやっつけないの?」になってしまうのでしょう。
それに対して、「ひどいことをする人はみんな悪い人なの。許せないわっ!!」で基本的に進んでしまうセーラームーンは、あまりにもわかりやすい勧善懲悪ですよね。
……とすると、子供がおもちゃを買って「なりきって」遊ぶには丁度良いのではないでしょうか。

それから、セーラームーンはキャラが多いですよね。
「数打ちゃ当たる」で、あれだけたくさんいれば、誰かひとりくらいは気に入るキャラが出来るのでは?

それから前にも書きましたが、いわゆる「おたく」な男性(まあ、男性だけとは限りませんが?)が、お人形買って喜ぶ……というのもざらにあったと思います。
最近の少年向けのターゲットが必ずしも少年だけでなく、そういう趣味の「お姉さん」も含まれているように、セーラームーンのファン層のなかに、そういう趣味の「お兄さん」が締める割合も多かったのは事実でしょう。
そういう意味では、セーラームーンのファン層の「お兄さん」には、キャラグッズを完璧に揃えたがるようなタイプが多い気がします。逆にレイアースの場合は作品を哲学的に掘り下げるようなタイプが多いのでは?
「○○、カワイイ~~。萌え~~!!」とかいってる人のほうがキャラグッズに落とすお金は多いですよね。

これは究極にイヤな言い方ですけど(別に、「レイアースが、セーラームーンが」ということではありません)。
「高尚なモノより多少下世話なモノのほうが一般ウケする」というやつではないですか?

そうそう。「二匹目のどじょう」論で行くとしたら。
「セーラームーンって、なんで変身するときにハダカにするかな~~。おまえはキューティハニーかっつうの!」というのもアリですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答有り難うございます。(LESSが遅くなってしまってごめんなさい)。確かにreisさんのいうとおり、CLAMPは視聴者の好き嫌いがはっきりしやすい作家の一人にあげられますよね.....。本当参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2001/12/17 16:23

CLAMP作品を敵に回すとはっ(笑)。


しかしながら、私の意見です。面白くなかったです。
と、いいますか、CLAMP作品は、業界人のウケは確かに良くないですよ。これはレイアースに限らずです。
「全てを仕切ってしまう方がメンバーの中にいらっしゃるから、彼女たちの作品は原作以上に味付けが出来ない、面白いものにしようと思っても出来ないんだよ。」と、言われる著名なアニメ関係者がいることを知っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の回答が遅くなってしまって申し訳ありません。
CLAMPのメンバーにそんな方がいらっしゃるなんて.......。しかし、昨今の
アニメーションといえば、そのほどんどがMDを非常に意識してつくられてて、その方面の関係業者の意見が結構反映されるって聞いた事がありますが、原作以上の味付けをできないのはつらいですよね。
貴重な意見有り難うございました。

お礼日時:2001/12/17 16:06

なんでも2匹目のどじょうは一匹目にかなわないものです。


スケバン刑事に対してのセーラー服反逆同盟、花のあすか組、少女コマンドーいずみ。どれも成功とは言い難いですよね。
セーラームーンの後番組のキューティーハニーの大失敗の方が僕は印象に残っていますが。

でもデジモンはがんばっていますね。
最近ではあまりパチものと思われなくなってますね。
他に金田一君より後発のコナン君も大人気だし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。(LESSが遅くなってしまってごめんなさい)
まったくPEPSIさんのおっしゃる通りですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/17 16:00

sanotatsuさん、私も失敗作だったなんて今回初めてききました。

(業界人ではありませんが・・・)
放送時間に仕事から帰って来れず、毎週録画をしながらみてました。
「レイアース2」の最終会は1時間特番だった気がしますが、TVに張り付いて見入ったほどです。歌もサイコーでしたし、絵もきれいでしたし。
それ以後「CLAMP」さんの作品(アニメ化されたもの)は好きで、ビデオなどレンタルしてみています。
逆に「セーラームーン」のほうが何故あんなに人気が出て続・続・続・・・編が続いたのか不思議です。(やっぱり子供の力はすごいんでしょうか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本日11人の方から、「失敗作ではない」との意見を頂いております。アニメーションとしての評価も高いようですね。ただ、おもちゃやグッズの販売実績はセーラームーンに遠くおよばなかったらしく、それが作品として失敗だったのではという意味だそうです。私も方こそもっと詳しく調べてもし分からない事があればまた質問させて頂きます。そのときはぜひお願い致します。有難うございました。

お礼日時:2001/12/11 14:47

子供に受けなかったので、思ったほど関連商品が売れなかったことじゃないでしょうか?


当時、着せ替え人形とかモコナのぬいぐるみとかでてましたよね。
前述のとうり子供にはあまり受けなかったので、商品を買っていくのはマニアな人たちばっかりになってしまいました。
やはりマニアな人たちもそんなに多くはいないので、商品があまり売れませんでした。
レイアース自体はおもしろくても、商品が売れなきゃね。
ここらのことから、業界では大失敗作といっているのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

new4000kmさんのおっしゃるように、たぶんその辺が失敗といわれる原因だと思うんです。キャラクターマーチャンダイジングの部分ではウエディングピーチもレイアースもとおくセーラームーンには及ばなかった....。その辺の詳しい事情が今回知りたくて投稿させて頂いたんです。なにか分かる事があればまた教えて下さい。宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/12/11 14:46

「業界では大失敗作」……なんて言われてるんですか?



そうですね……。
子供が見るには難しくて暗かったかもしれませんね。
で、セーラームーンって、「お子さま」にもウケたけど、「おたく」なお兄さんにもウケたじゃないですか。レイアースって、そういう面でもウケなさそうですよね。
つまり、ファン層が狭くて、一部にしかウケない……。
あえて、理由を見つけるならそのへんかと思いますね。

でも、「2匹目のどじょう」って、どうでしょう?
似てるところなんて、コスチュームの原型が制服だってだけじゃないでしょうか。

レイアースは特に好きなわけではないんですが……王道のCLAMP作品だな~~とは思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な御意見有り難うございました。このような意見が私にとっては非常に役立ちます。また機会があれば質問させて頂きますので宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/12/11 14:39

 失敗だったんですか?自分はそうは思いませんでしたよv原作から読んでたんですが、確か第3か4話くらいでテレビアニメ化ということがのってたので、びっくりした記憶があります。

第2部は何が何だかよくわからなくなってしまったのが残念でしたね。(でも、出てきたキャラの名前は結構覚えています。タータとタトラにアスカ、その他もろもろ・・。) 2部のほうは、エメロード姫の柱がだれになるか、これはアニメとマンガは違うので、少し驚きましたね。
 光の「炎の・・矢ー!」ってのがいまだに忘れられない、つい口づさんでしまうセリフですね。「水のーーーー竜ーー!」ってのも案外ツボでした(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本日11人の方から、「失敗作ではない」との意見を頂いております。アニメーションとしての評価も高いようですね。ただ、おもちゃやグッズの販売実績はセーラームーンに遠くおよばなかったらしく、それが作品として失敗だったのではという意味だそうです。私も方こそもっと詳しく調べてもし分からない事があればまた質問させて頂きます。そのときはぜひお願い致します。有難うございました。

お礼日時:2001/12/11 14:38

テレビアニメ版はそんなに悪くもなかったと思います。

特に第二部はかなり私好みの内容で結構ハマってましたが、世間一般的に見るとシリアスかつ暗すぎる内容ではあったかもしれません。晩御飯食べながら見るアニメじゃなかったかも。
原作版は確かに失敗作だと私も思います。第一部はテレビアニメ化が決定してからの話の進行があまりにも駆け足過ぎて(雑誌連載を一話目からリアルタイムで読んでいました)前半と後半の「話の濃さ」があまりにもアンバランスな上、話のつじつまがどう見ても合っていません(笑)。いわゆる「デウスエクスマキナ」的な決着なので「なんだよそりゃあ!」と言いたくなります。次いで第二部は、アニメ版では明確な敵が存在していたのに対して原作版では悪役、敵役が存在せず出てくるキャラが軒並みいいヤツなので、主人公達の戦う理由が希薄過ぎて感情移入できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な御意見有り難うございました。このような意見が私にとっては非常に役立ちます。また機会があれば質問させて頂きますので宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/12/11 14:37

セーラームーン の二匹目のどじょうは  ウエディングピーチ  じゃないですか?   内容とかそっくりですよね    レイアース よ

り ウエディングピーチ の方が セーラームーン に似ていますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りですね。レイアースよりウェディングピーチの方がセーラームーンに
似ているという意見は非常に多いです。レイアースにしろウェディングピーチ
にしろ、作品の2次利用の部分でなぜセーラームーンに遠く及ばなかったのか
ということを調べてます。その方面で分かる事があればまた教えて下さい。

お礼日時:2001/12/11 14:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ