この間、ラッセンとその他の画家の展示会に行ってきました。
ラッセンを買う気はなかったのですが、私がいいカモに見えたのか、3人の社員が1人ずつ順番に来て、それぞれが一生懸命私の首を縦に振らせようとしていました。
その過程で私のことを誉めたり、「本物を持っている人はやっぱり違う。偽物で満足する人はしょせんそれだけの人間」「ここで決断しないのはだめな人間」みたいなことを言われました。もちろん、遠まわしにですが。

2人目の社員の段階で、私が気に入ったラッセンを「88万を78万に値引きする」と言われました。
最初は78万なんだけどプレミアがついて88万になったので、そのプレミア分を値引きすると言われました。特別にあなただけ、みたいな感じで。
そこで質問なんですが、そう言うのは値引きできるものなのでしょうか?
10万て結構大きな値段だと思うのですが、一見の客(私)に対してそんな値引きはできるのでしょうか?その社員が言うには
「今回はたまたま専務が来ていて、その人がうまく決済してくれる」
「がんばっている若い人にこそ、絵を持ってもらいたいから値引きする」
とのことでした。

ラッセンは原画を版画で300枚ぐらい刷って、それに通し番号とラッセンのサイン(直筆らしい)を書いて販売しているようです。
私はこう言うことに関してはさっぱりわからないので、どなたか教えてください。
しばらくネットから遠ざかりますが、よろしくお願いします。

A 回答 (12件中1~10件)

アールビバンは元々百科事典の販売をやっていたところだったと思うのですが、高額な無用の長物を売る才能に長けた人々です。



だいたい、絵をポン引きに売らせるところが凄いですよね。ラッセンの絵に価値があるかどうかを判断するのは個人の自由ですが私はタダでももらいません。たまに芸能人のお宅拝見などで「この手」の絵が飾っているのをみると「あちゃぁ」と思い知性を疑ってしまいます。ここまで書いたのは

>「本物を持っている人はやっぱり違う。偽物で満足する人はしょせんそれだけの人間」

などとポン引きが発言しているようなので思わず書いてしまいました。

80万円あれば若手の作家の本物や大御所カメラマンのプリントが変えます。

私の知人が「そこ」の関係者だったのでこれは真実なのですが版画の場合、作業の質と刷り師のテクはかなりの人たちが関わっているので品質は大変凄いものの様です。(刷り師にしたらテクを磨くにはいい素材のようです。版が多いしキメは細やかですから)
ただ、そこの関係者も作品の善し悪しに関しては笑っていました。

あと、この企業に関しては「サイゾー」という本に詳しく企業案内が書かれてありました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私が行った展示会の主催者は「アールビバン」という名前ではありませんでした。

すみません、私はポン引きという言葉の意味はわからないのですが、私に値引きを持ちかけてきた男性社員は、セールストークの滑らかさといい、人の誉め方といい、ホストみたいでした(ホストクラブには行ったことはないけど)。

>版画の場合、作業の質と刷り師のテクはかなりの人たちが関わっているので品質は大変凄いものの様です。
セールストークの中に「ラッセン専属の刷り師がやっている」というものがありました。
真偽の程は不明でしたが、版画自体はすごくきれいな色でした。
買わせるためだったら何でもするという姿勢は、怒りを通り越して尊敬してしまいます(笑)。

お礼日時:2002/06/30 17:11

ものの価値は、それを購入した人が、欲しいと思った動機によるものであると思います。

絵画に限らず宝石やコレクターズアイテムには、その価値が判らない人には無謀としか思えない値段が付いたりしています。
時にそれを一般の興味のない人に、当然の価値として高い値段で売りつけたりする業者がいたりします。
どうしても欲しいという強い動機が無いにも関わらず、言われるままに購入するのはどうかと思います。
特に絵画のように投機色の強いものについては、値段はあって無いようなものですから。
ラッセンの絵は、オークションなどでは10万円前後で頻繁に出品されています。
どうしても欲しいのならば、最初にそのような情報を集めた方が賢明でしょう。
「盗んででも手に入れたい」と思うようなものであれば、悔いを残さない金額を支払うのも悪くは無いですね。

参考URL:http://www.art3.ne.jp/list/listA.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
HP見ました。
私が勧められたラッセンはなかったけど、全体的にあまり高額な値段はつかないようですね。ちょっとビックリしました。

>時にそれを一般の興味のない人に、当然の価値として高い値段で売りつけたりする業者がいたりします。
私もラッセンにはこの位の価値があるものだと、当然のことのように思っていました。
危うくひっかかるところでした。

もしいつか買う機会があったら、情報収集をちゃんとして、オークションサイトなどもチェックしてから判断したいと思います。

お礼日時:2002/06/30 16:58

もう、あからさまに怪しいですね(^^;;


やめましょう。

私は絵を見る眼なんてないですから、1000万の物を78万で売っているか, 1000円の物を78万で売っているかわからない自信があります(笑)
こういう人間はうかつに高額な絵には手をだすべきではないでしょう。

しかし、この手の売り込みって、買わないとなんかボロクソに言われますねぇ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうですか、あからさまに怪しいですか・・・。
ここでお話を聞くまでは、「あやしい」の「あ」の字も思い浮かびませんでした。

>私は絵を見る眼なんてないですから、1000万の物を78万で売っているか, 1000円の物を78万で売っているかわからない自信があります(笑)
私もそう言う部類の人間です。
なので、terra5さんの言う通り、うかつに手を出さないように気をつけます。

私も「買わない人間はダメ人間」と言うような事を言われたけど、
「知らない人間に何と思われようがいいや」と考える人間なので、惑わされずにすみました。
でもそう思えない人はローン組まされて買ってしまうのでしょうね・・・。

お礼日時:2002/06/30 16:51

ラッセンに限らず、絵の販売については、いろいろと良くない話を聞きます。

あなたが書き込みをされているように、大勢で取り囲んで半ば強制的に絵を交わせているケースもあるようです。そのため、消費者トラブルとして国民生活センターへの相談もあります。

今回のケースが当てはまるかは知りませんが、そんなに貴重な絵なら、あなたに執拗に購入を薦めないでしょう。私なら、もっとお金をもっていそうな人を探して売ります。それに、バブルでもあるまいに、たかが1枚の版画で、そんなに儲かるわけがありません。ちょっと冷静に考えれば分かることと思います。

私があなたなら買いません。1枚の版画に78万円を出すくらいなら、自分の価値を高めるために資格の勉強します。78万円あれば半年は遊んで暮らせます。もっとお金のために、よい使い道を考えたほうがいいのではないですか?お金が泣きますよ。

また、ラッセンの絵は版画ですよね。版画は印刷と同じで、大量に増刷できます。直接、油絵で書いたものならいざ知らず、版画なんかに投資する価値は無いと思います。300枚限定といっても、どうせあなたを囲んで売らせるようなものなら、他の人間にも口八丁手八丁で売りつけて大金を巻き上げることなど、目に見えています。通し番号なんざ、いくらでもごまかせます。同じ番号のものを大量に刷ればいいんですから。no.125を2000枚とかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私の場合は大勢に取り囲まれてではなく、社員と私のマンツーマンだったのですが、結構強い態度でした。
言葉はやさしいのですがその裏には「買えよ」的な雰囲気がプンプンしていました。

>それに、バブルでもあるまいに、たかが1枚の版画で、そんなに儲かるわけがありません。ちょっと冷静に考えれば分かることと思います。
そうですね。でも私は「ラッセンは有名=価値がある。だからこの位の値段は当然だ」とここでお話を聞くまでは思い込んでいました。
実際あの場で契約書にサインしている人もいたし。
それにしても”無知”というものは恐ろしいですね。

>1枚の版画に78万円を出すくらいなら、自分の価値を高めるために資格の勉強します。
ポスターでも買って、私もそうしようと思います。
78万円あったら、結構ちゃんとした資格も取れるだろうし。

お礼日時:2002/06/30 16:47

他の意見と同じで、 絶対に版画は買うのは止めましょう!!


絶対に後悔します。

ラッセンにそんな価値は有りません。
バブルの頃よりも、販売価格が上がってませんか??
絶対に怪しいです。

どうしても欲しくなったら、 ポスターで我慢しましょう。
私も以前は、 ヤマガタ ヒロミチ を買おうと思いましたけど、
バブル当時でも、 結局は価値を見いだせませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうですね、買うのはやめておきます。

>ラッセンにそんな価値はありません。バブルの頃よりも、販売価格が上がってませんか??
ラッセンを知ったのはここ5年くらいのことなので、バブル期の値段は知りません。
でも結構知名度が高いラッセンでもそんなに価値はないんですね。
有名=価値がある、と思っていたのでちょっとビックリしました。

まずはポスターで我慢したいと思います。

お礼日時:2002/06/30 16:37

そこの会社「アール××××」と言うような名前ではないでしょうか?



そうでないとしても
『絵画商法』だと思われます。

キャッチセールスを良く見かけますが、
絵画展の案内が来たりすることもあるようです。

http://www.heavy-moon.jpn.org/actok/picture.html

http://www.heavy-moon.jpn.org/rusama/summary.html#【あ】

参考URL:http://www.heavy-moon.jpn.org/actok/picture.html,http://www.heavy-moon.jpn.org/rusama/summary.html#【あ】

この回答への補足

書くのを忘れていましたが、そこの会社は「アール××××」という名前ではありませんでした。

補足日時:2002/06/30 16:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
HP見ました。
『絵画商法』のページですが、私のケースと大体あっていました。
ただ違うのは、「学生だ」と言っても「じゃあバイトを増やしてローンを組めば買える」と言われましたが(笑)。

あと、2つ目のページも見ましたがどうやら今回の会社は『儲かる業者一覧』表には載っていないみたいです。
うまく立ち回っているということなのでしょうか?

お礼日時:2002/06/30 16:34

ラッセンに版画の販売サイトがありました。



勧められた版画があったりして…

参考URL:http://www.art-tm.com/rassen/rassen.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
HP、見ました。
最初、ある1枚の絵を執拗に勧められていたのですが、私が話しをそらすために「こっちの絵もいいですね」と言って、2枚目の絵が登場してしまったのですが、まさに1枚目の絵がありました!
『マジカルモーメント』です!
値段を見ましたが、ほんっっっっっっっっっとうにビックリしました。
その次に「29万かよ!」と叫んでしまいました。
値引き後でも78万と言われたのに、なんなんだ~!!!!
それに『シーフライト(s)』はもう手に入らない、というようなことをラッセンの画集を見せられながら言われたんですけど・・・。

これって詐欺に近いですよね・・・。

お礼日時:2002/06/30 16:23

ラッセンの絵は決して下手糞でもまずくもないし、ジグソーパズルなんかであるとたまに買っちゃったりもしますけども・・・


版画で数多く出回っており、通し番号やらサインがあったところでそこまで値段は高くなりません。

転売しても儲けなんか出ませんよ。
単純に好きかどうかで判断しましょう。


ちなみに質問内容の値引き云々の話は絵に限らず営業さんのセールストークの基本です。貴方だけとか今だけとかね。絵の良さではなく、その一期一会的なチャンスしか売り文句にならないのなら、大した商品ではないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>ラッセンの絵は決して下手糞でもまずくもないし、
おっしゃる通りです。だから私みたいにあまり絵に詳しくない人間でも、フラフラと行ってしまうんですよね。

私は転売などは考えてはいなかったのですが、通し番号やサインがあってもあまり高くはならないようですね。

考えてみれば、値引きの話しは営業マンのセールストークの基本ですよね。
引っかかりはしなかったけど、そんなこと考え付きもしませんでした。

お礼日時:2002/06/30 16:15

こんばんは。


300枚刷って枠は壊すという話をよく聞きますが、実際はもっとたくさん刷っているようですよ。詳しい人から聞きました。
ぜったい手を出すべきではありません。ローンで組んでもだめ!そんな価値ないよ。所詮印刷だもん。
ラッセンが悪いとかいうのではなく、売り方が私は気に入りません。
あなただけにではなく誰にでも言っていることだと思います。彼らは買ってもらえる為だったら嘘でも何でも言います。優越感を与えるように「あなただけ」みたいなことをも言います。
私だったらポスターで満足します。それだけの人。。。って絵を持ってる云々で判断できる訳ないじゃないですかね?
ラッセンとかの版画の展示会は私は危険なものが多いと思います。
相手は勧誘のプロですから、その気がなくても乗せるのが上手です。近づかないのが賢明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>300枚刷っては枠は壊す。
まさに同じ話しを聞かされました。
「大物のラッセンでも刷るのは300枚」と言われました。
数字もぴったりです。

私は買わなくて正解だったわけですね。
相手は「若い人でもローン組んで買っているんだからおまえも買え!」と言わんばかりの態度でした。
私の懐状況を聞き出すと「バイト増やせば買えるよね」とぬかしました。

私は「あなただけに」という類の言葉を言われると、優越感を感じるより、胡散臭さを感じるタイプなので、セールストークが全開になっていくごとにだんだん冷めていきましたが。

それにしてもラッセンの展示会で危険なことがあるなんて、ちょっとショックでした。
でも自分の身を守るために近づかないようにします。

お礼日時:2002/06/30 16:10

 版画にどれだけの価値があるかということでしょう。


 殆どプレミアがつくことなどあり様がありません。
 価格は、買う人がいるから、値がつくのです。誰も買わなければ、ただも同然です。
 高値を出してでも、買いたい欲しいという人がいるから、その値で持ち主が売るだけの事です。
 版画は一点画と違い、何十万もするはずがありません。
 この絵画商法は、以前も、質問されていましたが、問題は尽きないようですね。騙されないようにしたいものです。
 版画を買うくらいなら、数千円でそのポスターを買ってもいいのではないですか?
 何の為に、購入するかですが、プレミアはつきません。版画にしては、高すぎます。ピカソのものでも、高くて10万位でしょう。誰も欲しがらないですからね。

 絵画商法では、シルクスクリーンと言う方法で描かれた絵を、50万円~数百万円と言う値段で販売します。シルクスクリーンと言うのは、簡単に言うと「版画」のことで、全く同じ絵が数百枚作られます。セールスマンの談によると、「限定数を設定して作成されるので、希少価値がある」とのことですが、そのような絵は、せいぜいナンバーが一桁のものだけです。だから、数十万円で買っても、その価値は数万円でしかありません。「値上がりが期待できる」なんて、夢のまた夢、竹久夢二って感じです。

 多くの人は「心だけでも豊かに」と幻想を抱き、現実的なローンに追われて心がすさんで行くばかりです。まさに、「働けど働けど、我が暮らし楽にならず、じっと絵を見る」です。また、絵画商法のいくつかは、統一協会とのつながりも噂されています。普通の人は、教会に飾ってある「ルーベンスの絵」に憧れるだけにしておくか、美術館に通って絵の何たるかが分かってきてから買いましょう(^^)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
これを絵画商法というのですか。
この展示会は自治体の建物で催されていて、2人目の社員が
「公共の建物だから、賃料が安い。その分審査がしっかりしているから、変な会社じゃ入れない」
と言っていたので、私は「公共の建物だったら怪しいことはないか」と思っていました。

>版画を買うくらいなら、数千円でそのポスターを買ってもいいのではないのですか?
実際本物(版画)とポスターなどの印刷物とを見比べると、版画のほうが色がいいな~と思いました。
でも、よくよく考えると、同じ絵で片や88万、片や数千円だったら、やっぱりポスターのほうを選びます。

>「限定数を設定して作成されるので、希少価値がある」
まったく同じ事を言われました。
私はそう言う言葉を聞くと、「うそ臭い」と思うタイプなので惑わされませんでしたが。

それにしても、こういう商法に統一教会とつながりがあるなんて初めて知りました。
いつかもし買う機会があったら、絵の何たるかがわかってからにしたいと思います(笑)。

お礼日時:2002/06/30 16:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ