よく、映画や海外ドラマに出てくるような、
一枚の画像を拡大表示して、細かいところに実は###が映っていて、それが手がかりになった・・・そんな画像処理は一般的に出回っているパソコン(WIN98、2000)とかで、可能なんでしょうか?   どうか教えてください!もし、ソフトがあるのならば販売元データーもよろしくお願いします!   あるわけない!?

A 回答 (10件)

随分前の質問ですが、たまたま見つけましたもので...


もとの画像に写ってないものは出てきません。当たり前ですけど。コンピュータに取り込む段階で、フィルムの粒子より細かい解像度でスキャンしないと全くダメなのは言うまでもありません。
フラクタルを使ってやっているのは、自己相似性(画像の一部を拡大したものは、もとの画像に似ている)という仮定(多くの天然物がそうです)を用いている訳で、いわば嘘の絵を作っているに過ぎません。意味のある情報が出てくることはないのです。
普通では非常に見えづらいもの(たとえば明暗のコントラストが小さく、ぼけていて、しかも背景にグラデーションがかかっている)を、適当な画像処理で見やすくしたり、「写っているのは文字だ」と決めて掛かって、最も似た文字を当て嵌める、などの方法はあります。しかし、映画のように鮮やかに拡大されることはない。あれは単なる作り事です。
    • good
    • 0

>国家的予算をかければできるが、個人では、無理!


というわけでもなく、
企業規模での予算ならいける
と考えるべきではないかと。
まあ、実際の費用等を把握しているわけではないのですが、
いくらなんでも国家規模とはいかないのではないかと。 
    • good
    • 0

ひょっとしたら私の知識が古くて、


実は既に市販されているモノがあるのかも知れませんが…

私の知る限りでは、その様な画像処理というのは、
事例に応じて、各々プログラムを組み上げて処理するとか、
経験と勘に基づく手作業により復元するとか、
そういったことになったと思います。

プログラムによる場合、
使用機材など、同一のモノを用意し、
可能な限り同様な状況で撮影し、
それらのパターンを蓄積・解析し、
集まったデータをパターン解析する等だったと思います。
それこそ「tty」様指摘にあるような
フラクタル理論とかも応用したり。

手作業というのは、
先の「パターンを蓄積・解析」する部分をヒトの能力に頼る
ということですね。
「どこそこの機械で、これこれいう環境においては、
 コレくらいの日照ならコレくらいの温度であろうから、
 空気の揺らぎはこの程度になるから、
 ぼける度合いはこの程度で、となると補正のパターンは
 コレで良いだろう。
 周囲にある判別可能な文字との比較からだいたい絞り込んで、
 出てきた値(画像)を特別な辞書にかけると、
 候補としてこれだけ上がってきて、
 今回の事例においては、コレが適切な言葉の並びになりそうだ」
みたいな感じで。

結論としては、「もとの画像の精度による」ということで。
…月並みですねぇ(笑)

この回答への補足

どうも、ありごとうございます、「お答え」
なるほど、結局、そのような処理は、国家的予算をかければできるが、個人では、無理!という結論に達しました。  
最後に皆さん、ありごとうございます。

補足日時:2000/08/14 10:57
    • good
    • 0

ご質問の内容とはちょっとずれてるかもしれませんが、


どんどん拡大してもドットが粗くならない画像ってありますよね。
フラクタルってやつです。よくわかりませんが (^^;;
たとえば↓のページで体験できますね。一部をどんどん拡大していけます。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/hideaki/mandel3. …
Vectorでフラクタル関係のソフトだと↓にあります。
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/g …
ただ、これだと任意の画像というわけにはいきませんね。
確か昔に、フラクタル圧縮をかけた画像は拡大しても粗くならないという噂を
聞いたのですが、どうなったのでしょうね。
確か拡張子はFIFで、http://www.iterated.com/
にツールがあったような気がしたのですが…。

この回答への補足

w(゜o゜)w オオー!、思わず、拡大をし続けてしまいました(笑)
その「フラクタル圧縮」とても気になりますね、詳しい事わかる人、是非!よろしく!
 
下の天体観測の面白いソフト見つけたんでhttp://www.astroarts.co.jp/products/stlimg3/inde …ここに書いときます、
「お答え」ありがとうございます。

補足日時:2000/05/25 12:55
    • good
    • 0

ピンボケ画像にももともとの情報は残されているようで


それを復元するのに「最大エントロピー法」というのがあります。
もちろんそれなりに解像度の高い素材で無いと意味ありませんが。

画像復元は天体写真の分野で使われているようですのでそちらをあたってみては?

フォトショップなどでいろんなフィルタがありますが、
あれはどれも”加工”であり”復元”では無いようです。

この回答への補足

え!「天体観測」!
その分野のことはぜんぜん知らないんで、大変興味を持ちました。
とりあえず、検索デスクにて、調べたところ、いろいろ出てきました、ただ、ここにリンクを貼ってもよいか、ただいま問い合わせ中なので、とりあえず今回はここまで。 「お答え」ありがとうございます。

補足日時:2000/05/25 11:03
    • good
    • 0

もとの絵の解像度が低ければ、拡大してもドットが粗くなるだけです。


絵を拡大してゆくと細かいところ「ここでは###」が見えてくるには、
もとの画像にもともとそれだけの解像度があったということです。
あるいは、画像処理の特徴パターン抽出で、「###」のようなものがあったら、
それを見やすくする処理をすることをやっているのかもしれませんが、
いずれにせよ、解像度が高い画面(データとしては思いですが)を処理する必要
があります。(なお、ソフトウェアだけで解像度をあげるという手法はありません。
ただ、特徴を強調してみやすくする機能はあります。
画像をとらえた、カメラの焦点に関する情報があれば、ぼやけた解像度の悪い絵を
みやすく(あたかも解像度があがったように)することは、できるかもしれません。

この回答への補足

ふむふむ、なるほど、結局ソフトウェアだけでは、むりなんですね、
 「お答え」ありがとうございます

補足日時:2000/05/25 05:19
    • good
    • 0

たぶん hide104 さんが聞きたいのは、「スパイものの映画等で、画像の一部をどんどん解析していったら、ある文字等が出て、それが手がかりとなり・・・」ということを言いたいのではないかと・・・私も、もしそういうソフト?があれば面白いとは思いますが、軍事レベルならいざ知らず、民間のものではそこまで解像度が上がるのはないのでは?


KoKaさんの言うとうり、ただドットが荒くなるだけだとおもいます。誰か教えて(笑)

この回答への補足

はい!まさしく!それなんです!
在ったら面白そう!なんか、《使う機会はあんまりなさそう。(笑)》
ほしーなって思って、(笑)とりあえず、「お答え」ありがとうございます(笑)

補足日時:2000/05/25 02:35
    • good
    • 0

Adobe Premiere などの動画編集ソフトを使って、地道にすれば、


やろうと思えば出来るんではないかと思います。
(やった事がないので、本当にできるかどうかはわかりません(^^;))
一枚の画像にズームしていく映像を、ズームの倍率を変えた映像を
何段階か録画して、それを合成していけば、出来るような気はします。

それとも、CGでやりたいという意味だったのでしょうか。

いづれにしても、細かい作業が必要になると思いますよ。

この回答への補足

はい、そこなんです!知りたいのは!(笑)
スパイ映画で見るような、簡単操作でできんのかなー、って、ふと思ったもんで、(笑) 「お答え」ありがとうございます。

補足日時:2000/05/25 01:07
    • good
    • 0

 kenji-osakさんがおっしゃるように、普通の画像処理ソフトで、取り込んだ画像


を拡大表示することは可能だと思います。

 ただ、“パソコン上”だと、画像データはあくまでドットの集まりでしょうから、
拡大表示したところで、ドットが粗くなるだけだと思います。
 「映画や海外ドラマのような…」というのがいまいちイメージがわかないのです
が、元の画像がフィルム等で残っているのであれば、“光学的”に拡大表示(引き
伸ばし)してやると、肉眼では視認しにくい部分も見えてくる場合があるのでは
ないでしょうか?

この回答への補足

はい、それもなんとなく、解ってるんです(笑)、「お答え」ありがとう!

補足日時:2000/05/24 18:20
    • good
    • 0

画像を扱うソフトなら、ほとんどのもので一枚の画像を拡大表示することは


可能だと思いますが。

この回答への補足

はい、それは知ってるんですが・・・(笑)
質問の仕方まずかったかな?

補足日時:2000/05/24 17:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ