三国志を小説で読みたいと考えています。
北方謙三、吉川英治などいろんな作家が書いているようですが、
三国志初心者が読むにはどの作家のやつがおススメでしょうか?
私的には北方謙三が気になっているので、
そっちにしようと思うのですが。

三国志はビジネスマンにとっても
経営者にとっても必須だということで
社会人になる前にぜひ読んでおきたいと思っています。

A 回答 (6件)

児童書ですが、偕成社の『三国志』(全4巻)は大人が読むにも耐えられる作品だと思います。


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4037442604.h …
    • good
    • 0

#1の方と同じく



まずは、吉川三国志をお奨めします、

その後、宮城谷昌光氏ですね、2009年1月の時点では7巻まで、文庫は2巻まで出ています。
宮城谷氏のたの本もお奨めです、
ビジネスで役立つと思います。
「晏子」「孟嘗君」「楽毅」など
    • good
    • 0

「北方謙三が気になっている」ということなので、それにすればよろしいと思います。


他人のオススメを伺ってるようでは社会人として失格。
己が判断を下し、己が責任を負うことです。
    • good
    • 1

北方謙三は『演義』でなく『正史』がベースで、オリジナルキャラクターも多いので、


世間の一般常識と違うキャラクターイメージや架空の人物を実在と信じる危険があります。

日本の一般的な『三国志』は『三国志演義』です。
ある年代以上には吉川英治で、横山光輝の漫画もNHK人形劇も『三国志演義』なので、
吉川英治が世間の一般常識的な『三国志』の基本イメージです。
吉川英治か横山光輝の漫画を読んで基本を押さえてから、他の作家の本を読んで下さい。
    • good
    • 0

まずは



吉川英治「三国志」
(講談社、吉川英治歴史時代文庫他)
を、どうぞ(@^^)/~~~

 もちろん、北方先生、柴田錬三郎先生とかも、面白いですが、
基本は吉川三国志。史書「三国志」、説話「三国志演義」を
元に、人間味あふれるキャラクターを描き出し、現在では
中国語にも翻訳され、向こうでも大人気です(@^^)/~~~
    • good
    • 0

 初めは吉川英治版からがオススメです。

『演義』をベースにしているので、感情移入もし易く、読み易いと思います。

 三國志は『正史』と『演義』の2種類があって、それぞれ正反対の立場から描かれているので、いろいろと読み比べてみるのも面白いと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ