今日、当て逃げをしてしまいました。今となってはいぃわけですが、車のキズを確認してからすぐにもとのいたところに行けばよかったのですが、動揺しずぎてそのような行動がとれませんでした。時間がたつにつれ罪悪感が増してきたので、駐車していたところに電話をし、「ぶつけられたという方がいましたら、すぐ連絡ください」といって今にいたります。
今はどしたらよいのかという気持ちでいっぱいなのですが、
ぶつけられた方が見つかり、警察に行くというものでしたら警察にもいくつもりです。
わたしが今一番知りたいのは、まず、ぶつけられた人が見つかった場合、どのようにすればいぃのか?
やはり見つかったら見つかったでまた動揺してどのような行動をとっていぃのかわからないので、是非詳しく教えていただきたいです。
宜しくお願いいたします

ちなみに、キズはおもった以上にあり、
私の車は後部の下あたりに30センチくらいの長さで線がありました。
よくいたずらでつけられるような傷より細い感じです。
へこみは見当たりません
相手のキズはどのようになっているのかはわかりません。

A 回答 (18件中1~10件)

気持わかります。

と言うのは自分も2年ほど前同じ境遇に遭ったことがあるからです。

スーパーの駐車場で、強風の為ドアが急に開いてしまい、隣のくるまに薄くキズがついてしまいました。相手がいれば謝罪、及び修理代の支払いはやぶさかではなかったので、暫く待ったりしたのですが、結局帰宅してしまいました。

翌日罪悪感がおさまらず、警察に電話で「自首?」しました。電話に出た警察官には名前、住所、電話番号、クルマのナンバーなどを訊かれ、「届け出があったら連絡します。」と言われました。

その行為で罪悪感は可成り薄れました。幸か不幸か今のところ(2年後)連絡はありません。
    • good
    • 128

私も全く同じような経験をしたことがあるので、その時のことを参考までにお伝えします。



・深夜のコンビニの駐車場で、発進しようとして隣の車のバンパーにぶつける
・車の持ち主が帰ってくるまで、しばらく(10~15分くらい)車の中で待っていたのですが、戻って来なかった&動揺してしまい、とりあえず家に帰る
・家に帰ってから「このままではいけない!」と思い、ぶつけた現場の管轄の警察署に出向く
・「当て逃げ」として、被害を受けた車の持ち主が届け出ていた
・警察署で事故の届け等、手続き書類を書く
・翌日、警察立会の元、車の持ち主と会い、今回は被害が車だけだったこと、人への被害がなかったこともあり、双方の示談で進めることになる(修理代の負担)


まずは警察署に届け出ることをおすすめします。

車の修理等で、損害保険を適用する場合にも、警察に事故届けがされていないと保険手続きができません。
    • good
    • 109

正直に当て逃げしました!と出頭しなさい!!



これくらいの事でビビってるようじゃ、絶対にボロが出る。
おまわりさんはナメない方がいい!!
敵にするのでは無く見方につけよう!

○過去に当て逃げした経験あり!

相手がいて追いかけて来たが振り切り逃走!
ナンバーで身元がわれ後日、御用。

反則金無し・加点無し
相手との示談ですみました(笑)

脅してきたので逆に訴えますよ!と言ったらおとなしくなった(笑)

相手次第だよ!
タチ悪い相手なら弁護士入れよう!
    • good
    • 88

一番問題になるのは、当て「逃げ」の事実でしょうね。


私も一度被害者になってしまった事があったのですが、とても気分の悪いものでした。
禊を受けると同時に、相手の方への精一杯の謝罪を実行して下さい。
処罰に関してはケースバイケースでもあると思うので....。
修理代金は真っ当に直すとすると、かなり掛かると覚悟しておいて下さい。
当て逃げ告発サイトも存在します。
→ http://www.moon-cross.com/
このサイトにはこうあります。
時効:刑事責任3年間 民事責任20年間
    • good
    • 59

 当てられた車の方には気の毒でしょうが、これですんでよかったですね。

後は相手方に誠意を持って謝り、車の弁償ですね。話しは代わりますが、理由ともあれ逃げる事自体が卑怯です。悪い事はいつかはばれるものです。
    • good
    • 52

当て逃げは、器物破損ですから犯罪になりますよ。


相手がわかっていれば事情を話して修理すべきです。
やましい気持ちを持っていると、心理的にもよくないですから。
反省の色が見られますが、後悔先に立たずという言葉があります。
見当がつかないのであれば、待つしかないでしょう。
    • good
    • 21

そのまま逃げればよかったのに。


相手も運が悪かっただけです。
人身でもないのでせいぜい、修理代払って
謝るんですね。
ちょこっとくらいなら、お互い様なのに。
自分もぶつけられていたことに来がついて
「ちきしょう~!」と思った事がありますが、
どこで誰にぶつけられたのかわからない、
泣き寝入りです。
あなたもナンバーを見られていなければ
しらを切れたのに。
まあ、人身でないだけ、たいした問題ではないです。
保険に入っているなら保険で払いましょう。
でも、人身で逃げていたら、人生終わった、というくらいの
罪でしたよ。物損でよかったですね、今後、人身起こしたら
絶対にに逃げないでくださいね。
    • good
    • 43

心苦しいですよね。


その気持があるからこそ相談されているのだと思います。

私は、自分の契約している駐車場で隣の車に傷をつれられまくっています。
でも怒る気にもなりません。
というか、そういう神経の人って怖いじゃないですか。

それから、スーパーの駐車場でドアに線傷を付けられたこともあります。
目の前だったのでその時は注意しましたが、修理代もらうのも気が引けて。

私は別に良い人ではないです。
ただ、面倒を避けたいというだけ。
もちろん、自分が相手に損害を与えたら弁償しますが。
こういう人もいますし、誠意を持って対応したいという人もいると思います。

貴方の状況では相手がわからないので、
誠意を持っていても何ともしようがないのしょう。仕方ないです。
ただ、人の気持というのは伝わると思います。
貴方のような誠意を持っていれば、悪い結果にはなりませんよ。
故意に当て逃げしたのではないのだから。

相手の修理代高くても20万円程度じゃないですか。
超高級車って確率は低いでしょうし。
人生いろいろありますから、20万円で安心できるなら安いものだと思います。
数百万円の損失もありますよ。・・・経験しました。
その覚悟でいればいいと思います。
    • good
    • 45

>私の車は後部の下あたりに30センチくらいの長さで線がありました。


>よくいたずらでつけられるような傷より細い感じです。
>へこみは見当たりません

その程度の接触痕で、貴方が当てたと良くわかりましたね。

多分相手はぶつけられた(擦られた)事すら、わからないでしょう。

ですから、いままで連絡が無いのでしょうね。

まあ、今回の事を反省して運転は慎重にどうぞ。

あ、警察に行っても、相手にしてくれるかどうか。
    • good
    • 27

法律はともかく、当て逃げをしたという自分に対する嫌悪感・罪悪感にこれからの人生、一生ずっと耐えて生きますか? 私ならサッサと警察に行って楽になります。

 人生は一度きりですよ。
    • good
    • 44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 夜間時のライトの注意点は?ニコニコニュースのユーザーの意見をまとめてみた

    先日、「教えて!gooウォッチ」では「車のハイビーム、夜間は『原則つけっぱなし』が正しい?」という記事をリリースした。道路交通法によると、夜間は原則ハイビームを使用し、対向車とのすれ違い時のみロービーム...

  • 駐車の切り返し、何回まで許せる?

    男性でも女性でも、クルマを駐車や車庫入れが上手にできる人は3割増しでカッコよく見えるもの。でも、駐車が上手い下手は一体どこで決まるのだろう。やはり“切り返しの回数”ではないだろうか。ということで、今回は...

  • クルマの運転は片手?両手?それとも膝!?

    秋は気温も風も心地よくドライブにいい季節!ということで、今回は運転について「教えて!goo」から、「車の片手運転と両手運転」という質問をピックアップしてみた。 質問者のjun5125さんは、ハンドルさばきもウイ...

  • 車の中に放置しておくと危険なものを専門家に聞いてみた

    夏のレジャーで車を長時間駐車場に止めておくことはないだろうか。車を長時間野外に止めておくと、車のなかがサウナ状態になってしまい、ハンドルは火傷しそうなくらい熱く、シートに座るのもやっとである。だが、も...

  • 最高温度は90℃!?車内の暑さ対策を専門家が伝授

    夏、最も憂鬱なことの一つといえば、車内に乗り込んだときのあの蒸し暑さ。ハンドルに触れると火傷しそうになるほど熱が籠っているので、非常に危険だ。 「教えて!goo」の「真夏の車内の暑さ、影響は?」という質問...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ