徴兵制にすれば競技人口の多いスポーツでプロを目指すような運動神経抜群の男子を士に、東大や国立医学部に行くような天才を幹部にできます。
日本の若者全員の中からトップを集める徴兵制度と、志願者の中から選ぶしかない今の志願制では前者のほうが優秀な人材をより多く集められるのは明らか、野菜の品ぞろえで言えばスーパーマーケットとコンビニぐらい違うと思います。
日本の若者全員を徴兵検査して合格者のみを自衛官とすれば自衛隊は今より、はるかに精強な集団に生まれ変わると思うのですが、なぜ徴兵は強くないと主張する人が多いのでしょうか。

A 回答 (13件中1~10件)

そりゃ簡単な話でね。

質問者さんがどこかの会社に就職したとしましょう。そのときに「掃除の部署に優秀な人がいないからそこに行ってくれ」といわれても、面白くもなければやる気にもならないでしょう。
いくら才能が優秀な人であったとしても、本人がその気にならなければその人の持っている才能は発揮されないんですよ。人間はシミュレーションゲームのキャラクターではないのでね。

昔から、エリート部隊というのはすべて志願制だったんです。例えば王様の親衛隊みたいなのもそうなんですね。本人が「王様のために戦いたい。王様に忠誠を誓います」って人じゃないと死ぬまで戦わないのです。

例えばですが、もし質問者さんが中国軍に徴兵されたとしても、中国政府や中国人民のために戦って死のうとは思わないでしょう?もし戦場に送られたらどうしますか。たぶんなるべく敵の弾の届かないところにいて、可及的かつ速やかに逃げるか降伏するかを考えるでしょう。どうしても逃げられそうになければ、とりあえず安全な場所にいて命を張ってまで戦おうとは思わないでしょう。
頭がいい人だろうが悪い人だろうが、自分の命が惜しいことには変わりありません。むしろ自分は優秀だと自覚している人の方が「優秀な自分がこんなところで死んだらもったいない」と思うでしょう。

プロスポーツの世界も、選手はみんな自分で望んでプロになった人ばかりです。自分で望んでやってきたのだからつらい練習にも耐えられるし向上心も高いんですね。これがいくら本人に才能があろうと「お前は力があるから相撲をやれ」とか「お前は足が速いからサッカーだ」と誰かから勝手に決められたら本人だってやる気にならないでしょう。ま、そういうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:17

徴兵制だと反対が多くなるし、死ぬのはアホだけで良いということでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

 その、「スポーツでプロを目指すような運動神経抜群の男子を士に、東大や国立医学部に行くような天才」が、多分兵役期間終了とともに除隊してしまう可能性が高いからですよ。

そんな才能をもった人だったら、民間や官庁に行けばもっといい待遇や社会的地位を占められる可能性が高いですから。
 残るとしたら、そうした個人的利益より公を優先する人だけでしょう。結果的に志願制と同じになっちゃうんじゃないですか。
 「除隊を認めない」徴兵制だったら可能かもしれませんけれど。

 それから徴兵制と志願制の問題は、強い弱いより経済性や効率の面をあわせて論じられることが圧倒的に多いですよ。単純に強い・弱いと主張する人はあんまり見たことがないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

結局、軍隊において強い兵隊とは相手を殺す能力が高い兵隊です。


冬季オリンピックのバイアスロンの選手を入隊させれば強い兵隊になるでしょうか?
おそらく演習では優秀な結果を残すでしょうが、実戦ではどうでしょう。
数百メートル離れたところに敵国の兵隊がいて、こちらは照準に入れているが相手は全く気づいていません。その相手にたいして引き金を引けるでしょうか?
志願兵なら躊躇なく引けるでしょうけど…。

実戦での強さを求めるなら、敵兵を殺すことを前提に入隊した志願兵が圧倒的に強いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

1,今の米国が志願制です。



志願制だと、応募してくるのは民間会社に入れなかった
人ばかりになります。
例えば、黒人とかプアホワイトとか、不法移民です。
不法移民は市民権を餌に入隊してくるわけです。
だから、最前線で働いている人間は底辺層ばかり
ということになります。
彼らの年収は200万円ぐらいだと言われています。

安倍さんは憲法改正を画策しているようで、それは私も
賛成なのですが、志願制で戦争なんか出来るのか、
疑問に思っています。
米国と異なり、日本には、兵隊になるような底辺層が
存在しない、ないし少ないからです。

米国軍が強いのは、人材に期待できないので機械化が
徹底しているからです。物量です。
志願制だからではありません。


2,志願制では国民全体の国防意識が脆弱になるでしょう。
国を守るという強い国民意志に支えられていない軍隊は
脆いですよ。
独裁国家が簡単にひっくり返るのはそれが原因です。
イラク戦争や湾岸戦争でイラク軍はまことに脆弱でした。
これは国民全体の支えが無かったからです。


”なぜ徴兵は強くないと主張する人が多いのでしょうか”
     ↑
1,徴兵制はイヤだ、という結論が先にあるからです。
 そのための理由付けとして徴兵制は強くない、という
 理屈を創るのです。

2,戦争の表面しか見ないからでしょう。
 大砲を揃え、兵隊を大勢集めれば、それで戦争に勝てると
 考えてしまうのです。

 そのよい例が日清戦争です。
 兵力から言えば清国が圧勝するはずでした。
 世界もそう予測していました。
 しかし結果はご存知の通りです。

 当時、清国の軍隊はやる気がなく、賄賂を渡さないと
 戦争しない、なんて将校がゴロゴロしていました。
 やる気があったのは李鴻章とその軍隊だけでした。

 これに対し、日本は天皇を始め公務員が給料を返上したり
 して軍隊を支えました。
 日本国民も寄付をしたりして支持し、まさに一丸となって
 協力したのです。

 つまり、全日本 VS 李鴻章
 というのが日清戦争の実像でした。
 これではいくら兵力に勝っても、勝てる道理がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

どなたかが指摘されると思ったのですが、指摘が無いようなので…



質問者さんの想定されている徴兵制とは国民全てをかなり若い年齢の時点で一度入隊させて、その中から有能な人材を軍が優先的に確保するシステムで指名された個人には拒否権が存在しない事になります。

これは徴兵制云々以前に、軍が全てを支配している国家形態でなければ不可能です。

存在し得ないシステムです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

>なぜ徴兵は強くないと主張する人が多いのでしょうか。



客観的データの裏付けがあるからです。


例えば、第二次世界大戦当時のアメリカの兵士が、実際に敵に向けて銃を撃った兵士は何%いたか調べたところ、わずか20%の兵士しか、敵に向けて銃を撃っていなかった事が分かりました。

徴兵はそもそも、敵であろうと人を殺す事すら嫌な人も戦場に送っているので、この結果はそれほど不思議な事ではないでしょう。

これを深刻に見たアメリカ政府は、その改善策を徹底し、軍教育を施したり、志願制に変更したりしました。その結果、湾岸戦争では90%にまで向上しました。



>精強な集団に生まれ変わると思うのですが

どんなに強靭でも、実際に敵を殺す意思の無い者は必要ありません。と言うかいないほうが良いです。
何故なら、兵士が敵を殺さないと、その生かされた敵は、いずれ自国民を殺します。その行為に加担している事になるのです。そんな奴は、屈強であろうと害にしかなりません。だから徴兵制は駄目なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

 軍隊の仕組みや、なぜ先進諸国で徴兵制度が廃止されたかを調べもせずに、徴兵で英才を集められると説得するのは難しいでしょう。

かつての陸軍大学は英才を集めたが、結局、国を滅ぼしたではないか。

 第一、人材を軍隊に取られる大学や企業が、賛成するはずがない。若者も、どんどん海外の大学や企業に逃げ出すだろう。軍隊は、生産にはなにも貢献しない壮大な無駄です。それでも軍隊は必要かもしれないが、ロボットで十分ではありませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

貴方の言うとおりですね、軍に格上げ徴兵制で志願兵だけの軍隊より精強な軍出来るのは間違い有りません、不適格者は片っ端からハネテ行けば良いんですから、で戦闘部隊でも軍医でも優秀なの取り放題、選別する人間が増えるだけ選択肢が広がって軍にはマイナスは無い、ハネラレタ徴兵者は予備役にして置けば良いだけですから、年何週間の訓練義務付けて手当で一般社会に戻ってもらって災害時など徴集して国の為に働いて貰うと。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

>思想問題のある者や犯罪歴のある人物は徴兵検査で排除されます。



徴兵という大量採用システムでは、身体検査、体力検査を主とし、採用する方向のベクトルが働きますので、思想検査を取り入れない限り排除は難しいでしょう。
戦時下では、思想的問題を事前事後に検知すると、前線に送り込むという方法で排除できましたが、平時の歯止めは下士官任せになってしまいますが、大量採用、流れ作業の教育で、果たして強制排除ができるかどうか。

これは徴兵制か志願制かという問題ではなく、教育担当側にとって目が届く範囲の採用数か否かということかもしれません。

>それに左翼やスパイの入隊は志願制で、分母が小さい今のほうが容易なのでは?

集団教練ですので、自然と言動言行がおかしな者は見えてくるそうです。「命令が無くても撃ってやる」とか「命令があっても絶対に撃ちません」とかは隠し切れないようです。
訓練された筋金入りのスパイが紛れ込んでいたとしたら、何かの拍子に浮いてしまいそうですね。それでもスリーパーとして潜り込んでいけるのであれば、それはどうあっても防げないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/19 15:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ