芥川龍之介と彼の作品に魅了されてしまいました!

芥川龍之介の生い立ち、また、資料館等、出来るだけ知りたいです。
どなたか、そのような事が載っているページをご存知の方、教えてください!彼の考え、思想などが載っている物でもかまいません!
過去の質問もいろいろ見たのですが、残念ながら載っていたURLはほとんど現在開く事の出来ないページばかりでした・・・

よろしくお願いします!

A 回答 (3件)

日本文学全集の冒頭の解説が一番わかりやすいです。


それにしても、「地獄変」の描写や物語の発想がどのようにして
生まれたのかは今もってわかりません。「鼻」にしても、数行の
原典から、どの様にしてあれだけ話を膨らませていくことが出
来たのかなど、わからないことはいっぱい有ります。
    • good
    • 0

芥川龍之介の一愛読者です。



>芥川龍之介の生い立ち、また、資料館等、出来るだけ知りたいです。

学生さんでしたら、まずは大学の図書館の蔵書目録を検索なさってみてはいかがでしょうか。
他の作家と比較しても、芥川に関する参考文献の量となると桁違いに多いはずですから。
その上で、より詳しく知りたいと思うようになったら、駒場の日本近代文学館にでも赴けば、浩瀚な文献・資料を閲覧することも、閑静な環境の中で思う存分芥川と付き合うこともできます。
9月からは、同館で芥川に関する講演会も開催されるようです。

>残念ながら載っていたURLはほとんど現在開く事の出来ないページばかりでした・・・

そうですね、あまり安易にネット情報に頼るよりは、できるだけ自らの身体を動かし、図書館等に出向き、芥川の作品なり参考文献なりに直接触れてみるようにお勧めいたしたいところです。

なお、「芥川龍之介の生い立ち」には、確かに伝記研究家の猟奇的な興味・関心を惹き付けるところがありますが、ヴァレリーがいみじくも語ったように、ある作家の伝記とはその作品が作り出したものであって、決して伝記が作品を生み出したわけではないと思います。

その意味で、まずは虚心坦懐にテクストと交わり、芥川の世界にのめり込み、作者の手玉に取られ、作中人物と喜怒哀楽を共にすることが一等大切なのでしょうね。

ところで、芥川は一読しただけでは、いかにも知性派の作家のように見えなくはないですが、私には、知性が作品の額縁、フレーム以上の役割を発揮しているとはとても思えませんでしたし、生涯、彼自身持て余し気味だった主観的感慨、抒情的精神に翻弄され続けたのではないかという気がしてなりません。

最後に、私の管見した中で最も興味深かった芥川論を二つ紹介しておきます。
一つは、芥川の自殺直後、まだ学生だった小林秀雄の書いた「芥川龍之介の美神と宿命」、もう一つは、福田恆存「芥川龍之介I・II」でして、これは芥川に対する一種のオマージュですが、同時に出色の芥川論だと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に沢山ありがとうございます。
そうですね、図書館には帰国後に出向きたいと思っています。
私はまだ高校生なのですが、いつか文学館にも訪れたいと思っています!何しろ、情報源がインターネットだけなので、いろいろな情報を提供していただいて、うれしいです!
最後に書かれた本も読みたいと思っています。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/07/24 17:46

芥川龍之介は 近代の作家であるにも 関わらず その作品は すでに 古典の風格を持っている 希有な作家です。



ただし 彼は 同時代にも 続いた文学者にも 類を見ないくらい 高い 知性があり 教養のある 作家だったため 彼を正当に評価した人は 居なかったと言っていいと思います。そして 現在も居ないとおもいます。

たとえば 一般的には 現代の教養の正当な 本箱と 言って良い 岩波新書にも 関口安義氏の 「芥川龍之介」という本がありますが その本は 芥川龍之介の 文學に ふれた人が うたれた感動の 十分の一も 百分の一も 書き表していないのです。
こういうことも 関口氏の罪とか 岩波書店の怠慢 というよりも それほど 評価の難しい作家だと言う事ではないでしょうか。

また 彼の作品と言えば 初期の 「羅生門」「鼻」「地獄変」「薮の中」などの 王朝シリーズや 「或る阿呆の一生」「西方の人」などなどの 自殺直前のものが 一般的に良く読まれていますが 中期の「雛」や「保吉もの」などにも ぞっとするほどの作品が たくさんあります。

伝記は Wikipedia で十分でしょう。
それよりも 岩波書店から出版されている 「芥川龍之介全集」全24巻
 買うには たかいけれど どこの図書館にもありますから まず 全部読んでみる事をお進めしたいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • お気に入りの俳句、短歌を教えてください

    国語の時間に習ったはずの「短歌」や「俳句」、解説された内容や意味は覚えていないのに、なぜか耳に残って、いまでも諳んじられるものがありませんか? 今回はそんな、記憶に残るお気に入りの一首・一句についてのQ...

  • 家の中の鳥、海亀スープ、傑作だと思ったなぞなぞ

    子どもの頃によくやったなぞなぞやクイズ。いま思えば頓智やユーモア満載の世界で、大人でも楽しめる秀作も少なくなかったように思います。教えて!gooにはこんなQ&Aが寄せられていました。 「『これは傑作だ!』...

  • そんな方法があったのか!百人一首の覚え方

    百人一首を、授業で暗記した経験をお持ちの方も多いと思います。ただ読むだけでは、中々覚えられずに苦労した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。教えて!gooには、以下のような相談が寄せられて...

  • 小説をうまく書くコツを教えて欲しい!

    小説を読んでいると、その面白さに入り込んでしまい、時間すら忘れて読み続けることがあります。そんな小説に魅せられ、自身で書いてみようと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。教えて!gooには、小説...

  • 童謡「森のくまさん」で「お嬢さんお逃げなさい」と言ったのは?

    「ある日♪森の中♪くまさんに♪出会った♪」ではじまる森のくまさんは、遠足やピクニックなどで誰もが歌った思い出がある曲ではないでしょうか?そんなアップテンポな童謡「森のくまさん」について教えて!gooにはこん...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ