阿部寛が古代ローマ人を演じている映画「テルマエ・ロマエ」が、
イタリア全土で公開されるそうですが、
阿部寛は、イタリア人から見て、古代ローマ人として認められるのでしょうか。

A 回答 (4件)

顔、濃いですしね。


少なくとも多くのイタリア人がイメージする日本人の顔より
かなり濃くて、思ったより違和感は少ないかも。

また、現代のイタリア人も「古代ローマ人」を直に見た事はないので、
私たちが江戸時代の時代劇を見る時に敢えて指摘しない
「その時代そんな顔じゃないでしょ」の類はスルーなのでは。

コメディという事で、イタリア人には受け入れられ易かったのかも。
外国映画で日本のシリアスな過去を間違って捉えてあると微妙ですが、
忍者モノとかで完全なコメディに徹してたら楽しそう。

まぁ、イタリア映画界と一般市民が大らかなのかも知れません。
    • good
    • 0

お芝居ですから


オペラ「蝶々夫人」の国、イタリアですから
気にしないでしょう。

イタリア人役は阿部寛だけではないようです。
    • good
    • 0

ローマでの2月の試写会では、好評だったようですよ。


実写版としては「おくりびと」の40館を越え、50館程度で公開予定だそうです。
    • good
    • 0

イタリア人からもオオウケで、「阿部寛はとても日本人には見えない」と言われているそうですよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ