以前に占いの世界での晩婚とは、何歳くらい?という質問を致しました。

『50歳前後をさしますが、若い方なら厄年を過ぎてから』 という回答をいただきました。

そこでまた、新たな疑問ができました。

女性で、「晩婚のほうが良い」などといわれた場合、大厄33歳はもちろん小厄37歳の後厄までが過ぎてからになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

晩婚は生まれ年の干支3回りつまり36歳、適齢期は2回り24歳ですこれは子供を産み育てるのに適した時期を表していますが時代(医学の発

達により)により少しずつれているようです                                                                       厄年に子供を産むと一緒に厄も落とすと言って良いという説もあります                                               昔結婚すると言うことは子孫を増やすことが前提の為(50歳なら産めないでしょう)ぎりぎりマルコウの36歳が限度だったみたいです

この回答への補足

>ぎりぎりマルコウ
とはどんな意味ですか?お恥ずかしい質問ですみません。

補足日時:2005/04/15 21:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「このくらいの範囲なんだな…」と大体把握できました。

占っていただいた経験がある友人たちは、私も含み「晩婚ですね」とか「晩婚のほうがうまくいきますよ。」とか「30少し前に結婚の可能性があるけど、そこでしないほうがいいですよ」等等言われたことがあるので、質問してみました。

晩婚にもいろいろ意味があるんだな…と思いました。

お礼日時:2005/04/15 21:39

マルコウとは高齢出産のことです

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。辞書引いても分からなかったので…すみませんでした。

お礼日時:2005/04/16 16:57

晩婚には、何歳からとハッキリとした決まりは、有りません。


晩婚の定義というものもハッキリしませんが、ただ晩婚は時代によって変わって来るものでしょう。
さしずめ現代に於いては、35.6歳位ではないでしょうかね。
昔は、確かに何歳からと言う事で見ていたようですが、それを現代に当て嵌める事は一種異様ですから、やはり時代に沿った考え方をする事が良いのではないでしょうか。

では、その何歳という数字を出す手懸かりは何かと言えば、これには至って簡単な手懸かりがあります。
普通、世の常識で見て何となく結婚しようとしなくなる年齢を言えばよいのです。

「晩婚の方が良い」と占い師が言ったならば、その解釈は、結婚運が悪いので、貴女は年を重ねて世の裏表を学びそれを前提条件にして相手を選び、夫婦生活に入れば、ある程度は妥協をして生活できる巾が人間的に少しは出来ている筈だから普通の結婚よりも少し、ずらして行けば多少しはましですよと言われて居ると、こう考えてください。
本来、結婚運が悪い人は幾つで結婚しようと悪いものは悪いのですし、それは老若男女を問いません。

結婚運が悪い時には自分の好みと反対の人との結婚が、その結婚運の悪さを改善する方法ですが、この方法は余程、人間が出来ていないとまず耐えられませんから、晩婚と言う話になってくるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんとなくですが、目安がつかめた様な気がします。

お礼日時:2005/04/15 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q晩婚って、何歳ぐらいから上の結婚のことですか。

晩婚って、何歳ぐらいから上の結婚のことですか。

一口に晩婚と言っても、人によって思い浮かべる年齢に
幅があると思うのですが、みなさんは何歳以上の結婚を
”晩婚”と思いますか。
また、男性に関して or 女性に関してでは、晩婚のラインとなる
年齢も違ってくるかと思います。男性に関しては何歳以上、
女性に関しては何歳以上というようにお答えいただけたら、
嬉しく思います。

もしできれば、回答者さまの性別・年齢(年代)も
お教えくださいませ。

Aベストアンサー

5年位前ですが、当時70代の伯母が結婚しました。
「一緒に歳をとりましょう」ということらしいです。
自分たちの結婚がままごとに思えてしまうような
「大人の結婚」って感じでした。
驚いたのは、誰からも反対意見が出なかったこと。
私の「晩婚」のイメージを根底からくつがえしてくれました。

Q大厄はいつまで?

今年一年、あまりにもいろいろなことがありすぎて、今、この瞬間にも「発狂するのではないか?」「自殺してしまうのではないか。」という程の不安の中にいます。
こんなに様々なことが起きたのは初めてです。

占い師に相談すると「大厄だからしょうがない」という答えでした。
大厄に入ると、こんなにも様々なことが起きるのでしょうか?
大厄に様々なことが偶然重なったのでしょうか?
これ以上、今の状態が続くと本当に命絶ってしまいそうです。

私は昭和39年10月生まれなのですが、この場合の大厄とは、平成17年1月1日から年末までのことなのでしょうか?
それとも誕生日から誕生日までのことなのでしょうか?

大厄から外れることによって、はやく日常の生活に戻れたらと思うのです。
それくらい今年の一年は辛いことばかりでした。

開運できたらと思っています。

キチンとした文章になって無くて申し訳ありません。

Aベストアンサー

厄の数え方は数え年ですから1月1日から年末まででしょう。

Q晩婚

占いの世界で晩婚といったら何歳以降くらいでしょうか?最近は晩婚化ですけれど…

Aベストアンサー

「晩婚」と云ったら、50歳前後からを指しますが、もし若い人(時)に聞かれた場合は、ストレートな返事はせずに、「厄歳」を過ぎてからの方が良いでしょうと言います。
例えば「晩婚ですよ!」と云われた場合は、その方が幸せな結婚生活が求められる率が高いのであって、早い結婚をして上手く行かなかったとしたら、晩婚にかければいいと思います。

参考URL:http://www.an-kikei.com

Q厄落とし

会社の派閥争いに巻き込まれてしまい、
退職する羽目になってしまいました。
厄落としをして、心機一転がんばりたいと思います。

厄落としにいい方法がありましたら、教えていただきたいです。

また、こんな方法で気分転換している、
などのアドバイスもありましたら、
教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんわ。
実は今日、偶然にも私の勤める会社の古株ともいえる方が、同じく会社の派閥争いに巻き込まれて退社されました。とても穏やかで人の良い方でしたので、私は好きだったのですが。
 ですから、なんだか質問を拝見していてとても他人事とは思えませんでした。。。

 簡単な厄落とし方法は天然塩を使います。塩化ナトリウムではないので御注意下さい。塩には浄化作用があるとのことで、そのような関連書籍にもよく載っています。

 家や部屋などの四角に盛り塩をしたり、玄関に塩をまくのが一般的な方法です。盛り塩については白いお皿に盛って、量は10gくらい。3日に1度くらいは塩を交換するそうですが、効果を狙うなら1日ごとが良いでしょう。あと、お風呂に天然塩を入れたりしても良いそうです。

 使い終わった塩には毒素?が入っているそうですから、調理に使うのはダメです。もったいないのですが思いきって捨てて下さい(お風呂の残り湯も)

 派閥争いは本当に疲れますよね。私も現在ほとほと嫌気がさしております。新しい環境でより良い未来を築かれることをお祈りしております!

 こんばんわ。
実は今日、偶然にも私の勤める会社の古株ともいえる方が、同じく会社の派閥争いに巻き込まれて退社されました。とても穏やかで人の良い方でしたので、私は好きだったのですが。
 ですから、なんだか質問を拝見していてとても他人事とは思えませんでした。。。

 簡単な厄落とし方法は天然塩を使います。塩化ナトリウムではないので御注意下さい。塩には浄化作用があるとのことで、そのような関連書籍にもよく載っています。

 家や部屋などの四角に盛り塩をしたり、玄関に塩をまくのが一...続きを読む

Q晩婚っていつから?

一般的に晩婚って男性は何歳?女性は何歳からなのでしょうか?

Aベストアンサー

男性は40代からと思います。
女性は30代後半からと思います。
男性で40代で子供が0歳で勘定すると定年を迎える頃に成人になります。
女性の場合は結婚願望が希少的な望みになるようです。
中には男性45×1、女性41未婚で結婚する方もいます。
一般論は世間体で本人同士の問題で周囲が勝手な判断で決め付けるのでしょう。

参考までに。

Qトイレの厄落とし

だいぶ前ですが、宜保愛子さんがテレビで教えていた、1階と2階のトイレが縦に重なっている場合の厄落としの方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

力あわせてゴーゴゴーで放送された内容ですよね。たしか1階と2階のトイレが縦に重なっている場合は厄はたまりにくかったと思います。縦に重なっていない場合に厄除けの盛り塩をしていたと思いますよ。
どっちにしても効果はあるとおもいますので、やり方の説明をしておきます。
まず、小皿に盛り塩をします。塩の量は人指し指と中指と親指の三つ指で塩の袋(容器)にグサっと指してつかんだ量です(1つかみでOK)。そして、主にそのトイレを使う人たちの数え年の分の米粒を盛り塩の上にかけます。
それをトイレに約1年くらいおき、1年たったら塩と米はトイレから一番近い窓から外に投げ捨てます。小皿は石などで割り、燃えないゴミとして普通に捨てます。これで完了です。

Q晩婚

晩婚の利点を教えて下さい。
よろしくおねがいします。
また、何歳からをいうのでしょうか?

Aベストアンサー

「晩婚の利点」について私なりに考え、少しものを言うことができるとしたら・・

 正直な話、結婚というのは早ければ良いというものではありません。若いときというのは自分自身を振り返っても、一気呵成というか、まだまだものごとへの考えが未熟で、いろいろな角度からの歩み寄りも足らず、「自分とは何か」についても浅墓でした(と言うか、確信が出来ない部分がありました)。それは純粋さの裏返しでもあったものの、そんな時期に、全くの他人と人生を共有するという結婚の意味(あるいは脆さ)がどの程度把握できていたものか、冷や汗ものです。

 その点晩婚というのは人生を重ねた分、自分の不足、他者の価値、生きることの重み、老いる現実・・ いろいろな意味で、粋も甘いも嗅ぎ分けたならではの良さがもたらされるのではないかと思います。

 「何歳からが晩婚か」は人それぞれでしょうが、少なくとも45歳、50歳以上であれば、「晩婚」という言葉があてはまるような気がしますが、如何でしょうか。昔は「人生50年」といい、隔世の観がありますが、 ”残りの人生は・・”と悟れば尚のこと、大切にしなければならないものが分かるというのも、人の人たる所以かもしれませんね・・。

「晩婚の利点」について私なりに考え、少しものを言うことができるとしたら・・

 正直な話、結婚というのは早ければ良いというものではありません。若いときというのは自分自身を振り返っても、一気呵成というか、まだまだものごとへの考えが未熟で、いろいろな角度からの歩み寄りも足らず、「自分とは何か」についても浅墓でした(と言うか、確信が出来ない部分がありました)。それは純粋さの裏返しでもあったものの、そんな時期に、全くの他人と人生を共有するという結婚の意味(あるいは脆さ)がどの程度...続きを読む

Q厄について(お払いなど)

現在24歳で、もうすぐ25になる女性です。
去年、今年と、今まで生きてきた中で一番のどん底状態が続いております。仕事・家族・お金・健康など、こんなにいろいろイッキに困難が訪れたことはありませんでした。精神的にもかなりまいっています。
友人から聞いたところによると、「あなたは去年は厄年で、去年お払いしてないからじゃない?」と言われたのですが、厄年という観念そのものがよくわかりらないのですが、全てが厄のせいではないにしろ、藁をもつかむ思いなので、神社に行ってみようというかんじです。先ほどここで検索していたら前厄や後厄などもあるようで混乱しておりますが…。

自分はお払い(厄払い)してもらったらこんなに変わった・変わらなかったなどという体験をお持ちの方、厄などについてのアドバイス等、ありましたらよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
男は24・42で、女が19・33だったように思います。その前後の年も
前厄・後厄といいますね。
人それぞれなんでしょうが、私はあまり、信じていません。信じている人は、何でも厄に結び付けて考えるみたいですよ。
42歳は男の大厄ですが、私の父は、神社へのお参り、お払いはもちろん、親戚を集めてお金撒きなど、かなり派手な?厄除けをしましたが、満42歳の誕生日の2ヶ月後、突然死しました。
夫は、前厄、本厄、後厄の3年間、きちんと厄除け神社で、お払いを受けましたが、前厄で難聴になり、本厄で足を骨折、後厄で交通事故にあいました。厄を本気で信じている夫は「やっぱり厄のせいだ」「お払いを受けていたから、これですんだのかも」と言っていますが、たまたま続いただけかもしれないし、「これですんだ」とはいっても十分災難だと私は思います。
私本人は、昨年後厄夫がうるさいので、とりあえずお参りだけはしましたが、祈祷は受けていません。別に何にもありませんでした。お参りのおかけがどうかはわかりません。
ところで、厄年って、だんだん増えているように思うのは私だけでしょうか?やっと34才で後厄も終わってやれやれと思っていたら、神社の厄年の一覧表に「女・37才」と書いてあり、びっくりしました。
前厄・後厄をいれてまた3年間お参りしないといけないのか…?
役を信じない私ですが、何かあったら「ちゃんとお払いしないから、厄のせいだ」といわれるとやっぱり、いい気はしないので、いやだなーと思っています。
ちなみに、厄除けグッズとして七色のものを身に着けると良いそうですよ。
私は母から、七色の組みひもの携帯ストラップをもらって、かわいいので、厄が終わった今も使っています。

こんにちは。
男は24・42で、女が19・33だったように思います。その前後の年も
前厄・後厄といいますね。
人それぞれなんでしょうが、私はあまり、信じていません。信じている人は、何でも厄に結び付けて考えるみたいですよ。
42歳は男の大厄ですが、私の父は、神社へのお参り、お払いはもちろん、親戚を集めてお金撒きなど、かなり派手な?厄除けをしましたが、満42歳の誕生日の2ヶ月後、突然死しました。
夫は、前厄、本厄、後厄の3年間、きちんと厄除け神社で、お払いを受けましたが、前厄で難...続きを読む

Q晩婚された方へ質問です。

晩婚された方へ質問です。

34歳女性です。
今は彼氏がおらず、このままいくといつ結婚できるやら。
そんな状況です。
『結婚は~歳までに』という目標も叶わず、
大幅に人生計画が狂いっぱなしです(笑)。

そこで、あえて目標を掲げず、
『結婚できた時が自分の適齢期』と、
居直ってしまう事にしました。
絶対、私は晩婚だと思います。
晩婚でもいいのです。素敵な伴侶を得て自分の臨終に、
『いい人生だった...』と、満足して
家族に看取られて旅立つ。
これができればいいなと思います。

質問ですが、
(1)晩婚の方、ご本人&奥様は、何歳でご結婚されましたか?

(2)お二人の出会いのきっかけは何ですか?

(3)お子様はいらっしゃいますか?

(4)晩婚で良かったー!と思いますか?

(5)晩婚ならではの充実した結婚生活はありますか?

他、『晩婚のススメ』がありましたら、教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
超晩婚の者です。

(1)両方とも43歳でした。
(2)職場です。
(3)計画していません。
(4)思ってます。
(5)とにかく落ち着いて生活出来ます。

Q-ladyさんはまだ34歳なんですね。
思い返せば、その頃は一番楽しい時でした。
独身だったおかげで、私は30代が一番充実してたように思います。

『結婚できた時が自分の適齢期』
特に居直らなくても、誰しもこうじゃないかと感じてます。
私は特に結婚願望はなく、死ぬまでにパートナーと呼べる人に出会えるといいな-程度にその時を楽しんでました。
とは言っても、途中で急に不安を感じたり、焦ったりした事もありましたがっ・・。

でも、焦ってもどうしようもない事なんですよね。
こればかりは目標等を立ててしまうと、自分で自分の首を絞める事になって苦しいですもんね。
結婚する機会があればしてもいいし、なければ先に書いたようにパートナー位欲しいかな~??
程度にどちらに転んでもいいようなポジションに自分を置いてあげると気が楽ですよ。
・・・ただ、周り(家族・親戚等)がうるさいと言う事がありますが・・・。
それでも、自分の先の生活も見越して考えながら、その日その時を楽しんでました。

そう思い始めてから2年後、新しい職場に気になる人が出来、日に日に思いは募り、私からお誘いした結果 結婚に至りました。
自分でも驚きでした。
ちゃんと披露宴もし、おばちゃんながらウェディングドレスも着ました。
40代であんなにときめく程大好きな人と今一緒に生活出来て、いまだに信じられず幸せです。

この年から今更子どもは要らない-という夫の考えで、その予定はありません。
時々これってどうだろうか-と、考える事もありますが(私の母が孫を熱望したりで)、
出産のリスクも高くなるし、結局は納得してます。 
どちらも動物好きなので、多分そのうちペットが増えるでしょう。
でも、友人は42歳で結婚し、43歳で立派に出産してました。
お互い40代ともなるとホントに落ち着いたもので、若い時のようなくだらないケンカに発展する事がなく平穏無事な生活が続いています。
それぞれ自分のペースが出来ているので、生活する上で自然と認め合っていってます。
私はさんざん自分のやりたいようにやってきたので、こんな結婚が出来て誰に感謝していいのか分からない位です。

そうそう、仕事をはじめ、いろんな事がうまく行き始めたのは意識して周りの事に感謝し始めてからなんですよ。
そんな話は聞いてましたが、ホントにいい事あるんだ-とびっくりしてます。
常に「ありがとう」と、心の中で言うだけですよ、簡単でしょう?
Q-lADYさんも、じっくりと余裕を持って今をしっかり楽しんで欲しいです。

こんにちは。
超晩婚の者です。

(1)両方とも43歳でした。
(2)職場です。
(3)計画していません。
(4)思ってます。
(5)とにかく落ち着いて生活出来ます。

Q-ladyさんはまだ34歳なんですね。
思い返せば、その頃は一番楽しい時でした。
独身だったおかげで、私は30代が一番充実してたように思います。

『結婚できた時が自分の適齢期』
特に居直らなくても、誰しもこうじゃないかと感じてます。
私は特に結婚願望はなく、死ぬまでにパートナーと呼べる人に出会えるといいな-程度にその時を楽しんでました。
とは言...続きを読む

Q後厄でもマンション購入はしないほうがいい?

私の場合、昭和39年2月生まれなのですが、
今年は本厄で、来年が後厄です。

新築マンション購入を、今月に契約して来年10月に入居予定です。

なんとか、引越しは、今年の本厄を避けて、来年入居なら問題ないと思いましたが、後厄でも引越しは避けたほうがいいでしょうか?

※いま、会社の借り上げ社宅に住んでおり、さ来年の2月に会社からの家賃補助期間が切れるので、来年中(遅くともさ来年の2月)には、引っ越さないといけない事情があって、マンションを購入予定です。

Aベストアンサー

僧籍の者ですが、どうも厄年の本義を勘違いされているようですね。

 厄年というと災いが起きる年と一般に考えられていますが、もともとは村落共同体社会で特定の年齢に達すると、祭礼における神事を司ったり、神社仏閣を守る「宮座」に加入したりしました。それに加わる年齢になると、通過儀礼の一つとして「忌み」、つまり神を祀るために心身を清め、特定の言動を慎むなどの精進潔斎(しょうじんけっさい)を行いました。その際に禁忌を犯してはいけない。侵した事による災いを「厄」としました。現在でも特定の年齢に達すると、寺社仏閣や霊山・霊場に一定期間、参拝参籠を行う、神体を家に迎え、一定期間その神を祀るなどの信仰は各地に残っています。そしてそれを達成することにより、初めて村落社会で重要な責任を持つ一員に加えられる。つまり「役(やく)」が与えられる「晴れの年」なのです。
 しかし近世の都市部では前述の意味合いが薄れ、「忌み」の面のみが重視され、さらにはその年齢も「42歳は『死に』」「33歳は『散々』」などの語呂合わせがで固定化され、さらには精進潔斎ではなく「厄払いのお参り」と称しての物見遊山的な寺社参詣へと変化していきました。

 以上を踏まえ、厄年(役年)の本義に立ち返れば災いが起こる悪しき年ではなく、今までの生活を改めて、神を尊び仏を敬う。さらには今まで育ててくれた先祖・親族兄弟や友人に感謝するとともに、国家や社会・他者に奉仕する。そのような責任ある一員になるための出発点、それが厄(役)年です。逆にいえば、いくら厄払いをしても、自らを顧みることなく災いを他者へとなすり付けるだけでは、何の意味もありません。

「厄除けをしてくれ」と願う人に私はまずこう言います。
「厄除けをお願いするのはいいけれど、幸せなときにあなたは神仏や他者のお陰と感謝したことがありますか?」
 多くの人は首を横に振りますね。災いが訪れたら“神仏や先祖の祟りだ”“だれそれの仕業だ”とばかりに押しつけるが、幸せなときは自らの努力のたまものと言わんばかりに感謝しない。そんな傲慢な心こそが真の「厄」です。そんな厄を払って、「役」を迎えることが重要です。それをせずに「本厄」だ「後厄」だと気にしても、いずれにせよ新たなる「不幸の原因(責任)」を何かに押しつけて「どうしよう、どうしよう」となるだけですよ。

僧籍の者ですが、どうも厄年の本義を勘違いされているようですね。

 厄年というと災いが起きる年と一般に考えられていますが、もともとは村落共同体社会で特定の年齢に達すると、祭礼における神事を司ったり、神社仏閣を守る「宮座」に加入したりしました。それに加わる年齢になると、通過儀礼の一つとして「忌み」、つまり神を祀るために心身を清め、特定の言動を慎むなどの精進潔斎(しょうじんけっさい)を行いました。その際に禁忌を犯してはいけない。侵した事による災いを「厄」としました。現在でも特...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報