こんにちわ
かなり前に見て忘れた、世に奇妙のストーリーで
女の人がバイク(オートバイ?)で東京からトンネルを抜けてド田舎の場所へ行きます。それで喫茶店みたいなところに女の人が入ると、老人がいます。老人は「早くここから立ち去れ」みたいなことを言いますが、女性は「こんなところに住みたいな」と言います。でも今女性がいる田舎は「ここに住みたいな」みたいなことを言うと、一生出られないという場所だったのです。女の人は、トンネルを抜けても抜けても、元に戻ってしまします。老人もこの罠にかかってしまい、「早く立ち去れ」と言ったのです。
それで女の人が脱出したくて、森みたいなトコに行って変な人?見たいな人が出てきます。その人?は条件付で帰してやろうと言って女性を帰します(ここはよく憶えていません)それで女の人は、森を出て道に出ます。その時車が通り、女の人は東京へ連れてってもらいます。しかし、着いたときに見た東京が・・・・。
長々と書いてすみません;
質問は、このストーリーの題名はなにか?と
東京はどうなってたのか?です
ご回答待ってます

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

91.2.14



『峠の茶屋』 伊藤かずえ主演

主人公はOL。
都会暮らしに疲れ、仕事でのミスも続いたため、
気晴らしのためにバイクでツーリングする。
緑が豊かな道を走り回る内に癒される主人公。
途中にあった峠の茶屋で休憩することにする。
回りの景色を誉めるとなぜか怯える主人。
「こんな所でずっと暮らせたらいいなぁ」
主人公が何の気もなしに言った台詞に
諦めの表情を浮かべ、早急に下山するよう促す主。

走り続ける主人公。
だが、どうしても元の茶屋に戻ってきてしまう。
木霊に先ほどの台詞を聞かれたために
魅入られたのだと主人に説明される。
主自身も下半身が樹木に変化していた。
このループから抜け出す方法を教わる主人公。
茶屋の裏の林を必死に下っていくと、
木霊に魅入られ、完全に木人と化した者達に遭遇し
逃げるとき後ろを振り向くと二度と戻れなくなると忠告される。


幹線道路に抜け出ることに成功する。
偶然通りかかった東京行きのトラックをヒッチハイクする。

東京が見えてきたと言われ喜ぶ主人公。
都会の遠景を見て愕然とする。
既に東京も森の中に沈んでいたのである。


だそうです。 これのことですよね?
    • good
    • 0

タイトルは忘れちゃったんですけど、


伊藤かずえ主演のやつだったと思います。

東京に着いたと思ったら、都心が
ジャングルで覆われていて、彼女が
最後に悲鳴をあげて終わり・・

こんな内容だったと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング