題名の通り、『スウィングガールズ』のラスト辺り、
音楽コンクール?で演奏されていた吹奏楽曲を
ご存知の方、是非教えてください!
もしかしたら有名なのかも知れませんが…お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最後の方の曲でしたら・・・・一番最後の曲は「マーチ ベスト・フレンド」という曲ではないでしょうか。

その前に一瞬演奏されていたのは「マーチ SLが行く」だったような気はするのですが、こちらの曲は自信がありません、ごめんなさい。でもどちらも吹奏楽コンクールの課題曲だと思います。弟が吹奏楽部で、私自身も吹奏楽部員だったのですが、ちょうど3年違いなので。詳しくお知りになりたければ、ここ5年くらいの吹奏楽コンクール(中高生)の課題曲を探してみてはいかがでしょうか。ちなみに課題曲は、毎年、マーチ系の曲とそうでない曲が交代で来ていて、今年(2005年)はマーチなので、2003年、2001年と遡ってみるといいかもしれません。長くなってしまって、ごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事が遅くなってしまってすみません!;
音源はとれないとは思うのですが、早速吹奏楽コンクールの曲調べてみようと思います。
マーチ系だったことしか覚えてないので、自力で何とかするのは大変かもしれませんが…
ご回答、本当にありがとうございます!

お礼日時:2005/05/27 14:29

 最初に演奏したのが「ムーン・ライト・セレナーデ」、グレン・ミラーの作曲・編曲で彼のオーケストラで演奏され大ヒットしました。


 2曲目は「メキシカン・フライヤー」で作曲はケン・ウッドマン。
 ラストは「シング・シング・シング」で作詞・作曲はルイ・プリマですが、ベニー・グッドマンの演奏の方が有名です。編曲はジミー・マンディです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
が、申し訳ございません…。
スウィングガールズの演奏曲ではなく、
他校の吹奏楽部が演奏していた吹奏楽曲を探しているんです;
せっかくなのに本当にすみません!

お礼日時:2005/04/24 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学からユーフォをやろうと思います。 ユーフォは吹奏楽でちゃんと吹けるにはどこの音まで出ればよいです

大学からユーフォをやろうと思います。 ユーフォは吹奏楽でちゃんと吹けるにはどこの音まで出ればよいですか?

Aベストアンサー

チューニングのB♭の1オクターブ上のB♭を綺麗に出さればまず大丈夫、

Qスウィングガールズ!ファースト&ラストコンサート/16人

スウィングガールズ!ファースト&ラストコンサート 見ました。

人数が16人しかいません!でした・・・。
位置的に、
関口(メガネ掛けた真面目な子)役の女の子がいないと思います。
欠席の理由が 分かりますか?

それから、
関口/役の女の子の、名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

NHKの朝ドラ主演が決定したころで、コンサート主演についての許可がNHKから下りなかったのが真相らしいです。
本当に残念ですね。

Q中学、吹奏楽でトロンボーンを担当しており、高校で何にしようか迷ってます。 候補は ユーフォ バストロ

中学、吹奏楽でトロンボーンを担当しており、高校で何にしようか迷ってます。

候補は
ユーフォ
バストロンボーン
テナーバストロンボーン
テューバ

トロンボーンは高い音を出すとき唇にできものができてしまうほど力んでしまったり、スライドを持つほうにトロンボーンの重さをのせてしまったり、両手の中指がはれたり痣ができる持ち方をしてしまうなど、悪い癖がついてしまっています。また、ベルが下がる吹きかたになってしまいます。
一応昨年11月から何も吹いておらず、癖が少しとれてる、なんてこともあるかもしれませんが…。

どの楽器もとてもとても大好きで音も楽に出て、とても迷ってます!!

また、バストロについてはよくわかりません。
基本的に低い音が得意で、高い音は苦手です。
なので、低い音担当のバストロは得意かもしれない!?と思ってます。

そこで、バストロの主な担当音域を教えてください!


また、どれが良さそうか教えてください!というかおすすめとかでもいいです。

Aベストアンサー

ペダルのFからハイB♭は確実に出せないとバストロは厳しいと思います。
また、音程の正確性と音楽的センスが非常に重要なポジションとなりトロンボーンセクションだけでは
なくバンドの良し悪しはバストロにかかっているといっても過言ではありません。一番上手い人がバストロをやっているバンドも多いようです。

私の経験上ですが、バストロが上手いバンドは間違いなく上手いです。

私はバストロをお勧めします。ソロ(アンサンブルが薄い箇所も含む)もあり、伴奏、ハーモニーと
なんでもこなし、最悪バンドを壊すこともできる音量。
難しいですが楽しみも多々ある楽器です。

Qスウィングガールズで使っている楽器メーカー

スウィングガールズで使われている楽器のメーカーをご存知の方、教えてください

上野樹里(鈴木友子役)のサックス
貫地谷しほり(斉藤良江役)のトランペット
本仮屋ユイカ(関口香織役)のトロンボーン

何れも物語の設定上古くてぼろぼろのためメーカーが検討もつきません

よろしくお願いします

Aベストアンサー

知り合いのヤマハ社員が「うちの会社で楽器協力している」と言っていたのでほぼヤマハではないでしょうか?
「いくつかの楽器メーカーでバックアップ」と言う可能性もゼロではありませんが、普通はメーカーは一業種一社が担当します。

Qユーフォ二ウム

私は吹奏楽部でユーフォ二ウムを担当してるんですが、なぜオーケストラにユーフォ二ウムがはいっていないんでしょうか?
誰か知っていませんか?お願いします!

Aベストアンサー

考えが逆です。
吹奏楽は基本的に弦楽器はありませんよね。
(コントラバスを使うときはありますが・・・)
そこで、オーケストラの中音域を担当する楽器(チェロなど)に相当する物が必要で生まれた楽器です。

でも近代音楽では、ホルストの「惑星」などに使われはじめてますよね(^_^)

Qスウィングガールズの矢口監督の仕事と収入について

ウォーターボーイズ、スウィングガールズ、ハッピーフライト、ロボジー、と
娯楽ヒット作品を出し続けている矢口史靖(ヤグチ・シノブ)監督ですが、
彼の劇場発表作品は、リリース期間が非常に長いです。

劇場作品だけピックアップしても
裸足のピクニック (1993年)
ひみつの花園 (1997年)
アドレナリンドライブ (1999年)
ウォーターボーイズ (2001年)
パルコ フィクション (2002年) ※鈴木卓爾との共同監督によるオムニバス作品
スウィングガールズ (2004年)
歌謡曲だよ、人生は (2007年) ※第9話「逢いたくて逢いたくて」脚本・監督
ハッピーフライト (2008年)
ロボジー (2012年[1])
(wikipedeiaより)

このように、作品と作品の間がいつも2年から4年ほど空いています。
ひとくちに映画監督と言っても、
「映画会社から監督業を依頼されたから、原作、脚本はよそに任せて、自分は撮るだけ」
という分業派の監督から、
「取材、原作、脚本、出演者スタッフなど全ての人員選定、シナリオハンティング、ロケ交渉、撮影、編集まで全部自分が主体となって取組み、まさに”この映画はすべてが私の作品”」
という方までいます。

矢口監督は後者のタイプなので、前作品公開後に次回作の取材活動などをしている様子は、メイキング映像などで見ることができるのですが、ぶっちゃけ、公開作を作って、脚本料、監督料を映画会社からもらう以外の時は、彼は一体どうやって糊塗して(収入を得て)いるのでしょうか?
次回作を必ず劇場公開してもらえる確約はいつ取り付けるのでしょうか? 
取材費は誰が負担しているのでしょうか?

奥さんがパートに出て支えているのでしょうか?

フジテレビ、あるいはアルタミラピクチャーズから固定給をもらっているのでしょうか?

それとも実家がめちゃくちゃ金持ちであり、この年齢(1967年生まれ)でもいまだに親から仕送りをもらっていて、映画製作は完全に「趣味」「道楽」でやっているんでしょうか?

この前、映画館で舞台挨拶を見てきました。その際に観客との質疑応答コーナーがあったので質問しようと思ったのですが、勇気がなくて質問できませんでした。

こんな勇気のない私にどなたか教えてください。

ウォーターボーイズ、スウィングガールズ、ハッピーフライト、ロボジー、と
娯楽ヒット作品を出し続けている矢口史靖(ヤグチ・シノブ)監督ですが、
彼の劇場発表作品は、リリース期間が非常に長いです。

劇場作品だけピックアップしても
裸足のピクニック (1993年)
ひみつの花園 (1997年)
アドレナリンドライブ (1999年)
ウォーターボーイズ (2001年)
パルコ フィクション (2002年) ※鈴木卓爾との共同監督によるオムニバス作品
スウィングガールズ (2004年)
歌謡曲だよ、人生は (2007年) ※...続きを読む

Aベストアンサー

矢口監督のことに関してははっきりわかりませんが、東宝など大手映画会社で配給公開される映画の監督をすると、まあ国産高級車が買えるくらいのギャラはもらえます(監督を雇う立場になる下請けの制作プロダクションや監督の作品歴などにより、これもピンキリですけど)。

で、年に1本でも公開作品が作れていれば食うには困らないのですが、そういう売れっ子監督はほとんどいません(三池崇史監督や少し前だと金子修介監督はコンスタントに仕事がありました)。

が映画監督は自身の作品に関しては著作権があるので、二次使用料と言って、DVDの発売やTV放映(地上波にBSに地方にケーブル局などすべて)があれば、それに応じたお金が入ってきます。
近年は放送局もすごく増えましたし、映画専門チャンネルもありますし、DVDは海外でも発売されます。
大ヒット作になると、監督料としてのギャラよりもDVD発売から得られる収入の方が多かったりもします。DVD一枚につき印税●●円(売値によってバラバラです)なので発売枚数が数万となればけっこうな額です。
大手配給会社の公開作品はどこのレンタル店にも置きますから、こうした副収入が大きいです。

取材費などに関しては、企画を製作会社に持ち込んで、製作・完成・公開の見込みがあれば、製作会社が持ってくれることもけっこうありますよ。

監督の中には実家が裕福で映画が当たろうが外れようが、食うに困らないという方もいます。
「キャシャーン」や「ゴエモン」の監督は実家が大手パチンコ業で、自身が監督した映画がコケてもぜんぜん困らないと業界では噂されています。

矢口監督のことに関してははっきりわかりませんが、東宝など大手映画会社で配給公開される映画の監督をすると、まあ国産高級車が買えるくらいのギャラはもらえます(監督を雇う立場になる下請けの制作プロダクションや監督の作品歴などにより、これもピンキリですけど)。

で、年に1本でも公開作品が作れていれば食うには困らないのですが、そういう売れっ子監督はほとんどいません(三池崇史監督や少し前だと金子修介監督はコンスタントに仕事がありました)。

が映画監督は自身の作品に関しては著作権がある...続きを読む

Q吹奏楽部で慣れやすい楽器

吹奏楽部の楽器で、吹きやすいものを教えてください。
全て簡単ではないのは重々承知の上です。
私はパーカッションとユーフォ経験者ですが、パーカッションの方が難しく思えます。
サックスとユーフォは音が出やすいと聞きましたが、どうなのでしょうか。

私は体験入部して、フルートやトランペット、ホルンなどは難しく感じました。
私は今パーカッションで、途中で楽器を移動しそうなのですが、なれるまでに時間がかかる楽器だと迷惑だと思うので、
失礼な質問だとは思いますが、どうかお答えください。
ちなみにユーフォならふけるし大好きなのですが、人数の都合で入れないようなので。。。

Aベストアンサー

慣れやすいというか、初めてでも吹きやすいのはユーフォニアムかなと思います
ただ、一定のところから上手になるのは難しいかもしれません。

吹きやすいのはマウスピースの口径が大きすぎず、小さすぎず、ですし
音が柔らかいので、ある程度きれいな音が出るというか
極端に汚い音にはなりにくいからです。
トランペットは口径が小さく目立ちますし、ホルンはとにかく難しい楽器の代表です
ホルンは管が細くて長いので、音が当たりにくいし
後ろを向いているのでかなり音がきちんと出せていないと
直接聞くとそこそこ聞けていても、客席から聞くとヘロヘロと情けない感じになってることもあり
その差を考えて吹かないといけないところも難しいです。

パーカッションはとにかく楽器の種類も多いですし、あれもこれもこなさないといけませんね。
リズムを一定にたたくというのも難しいと思います。
ただ、私は音程を合わせるのが苦手だったので
そういう人には、パーカッションの方が合っているのかな、と思います。

しかし、楽器の個性による慣れるまでに迷惑がかかる、というのはだれがやっても同じことですね。
あとは合う、合わないもあると思います
歯並び、唇の厚さ、メロディが好きか伴奏が好きか。
教えてくれる先輩との相性も重要だと思います。

私は性格的に運指をたくさん覚えないといけない、譜面が細かい、手入れが大変な
木管楽器は合いません。無理です。
譜読み苦手、こまめな手入れが苦手。

ホルンが難しいからどこの楽団でもホルンが足を引っ張るかといえばそんなことはないですよね。
それに、人員が足りないところに行ってくれる人が
仲間からしたらありがたいと思います。

ユーフォ経験者なら、初めてではないのでトランペットでもホルンでもテューバでも割といけるのでは?
指番号や倍音の基本的なところや
マウスピースでの音を出す仕組みの根本のところはどれも同じです。

質問者さんの本音を言えば、本当はユーフォに入りたいのに、っていうのが一番強いかもしれませんが…

難しいけどユーフォ同じ中低音、裏メロもあったりという意味ではホルンもいいと思いますよ!
チューバもユーフォと形はかなり同じで運指も近い、パート練習を一緒にやることも多い
欠員が出たときに移動することもある、って意味ではいいんじゃないかな。

慣れやすいというか、初めてでも吹きやすいのはユーフォニアムかなと思います
ただ、一定のところから上手になるのは難しいかもしれません。

吹きやすいのはマウスピースの口径が大きすぎず、小さすぎず、ですし
音が柔らかいので、ある程度きれいな音が出るというか
極端に汚い音にはなりにくいからです。
トランペットは口径が小さく目立ちますし、ホルンはとにかく難しい楽器の代表です
ホルンは管が細くて長いので、音が当たりにくいし
後ろを向いているのでかなり音がきちんと出せていないと
直接聞くとそこ...続きを読む

Qスウィングガールズ

「スウィングガールズ」を見られた方にお聞きしたいの
ですが、この映画は小学4年生の子供が見ても楽しめる
ような内容でしょうか。最近子供が小学校のブラスバンド
部に入ったんですが、見てみたそうな様子だったので。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
『スウィングガールズ』、公開初日に観てきました。
私が観に行った映画館にも、小学生くらいのお子さん達は沢山いました。
みんな同じシーンで笑ったり、とても楽しかったですよ。
ジャズを全く知らない私でも楽しめましたし、特に難しかったところはなかったと思います。

是非楽しんで来て下さいね!!
※一応サイト載せておきます。

参考URL:http://www.swinggirls.jp/index.html

Q吹奏楽経験者

吹奏楽経験者の方にお聞きします。こんな常識ありませんでしたか?

・トランペット→ペット クラリネット→クラ マウスピース→マッピと略して呼ぶ
・トロンボーンに後からどつかれる(事故)
・ユーフォなどは素人に言ってもどんな楽器か分かってもらえない。他にありましたら教えてください。

Aベストアンサー

懐かしいですね~。
ペット、クラ、マッピ、全部そうでしたね。
トランペットはラッパとも言ってました。

トロンボーンは舞台演奏の時はポジションが遠かった(Fl)ので事故はなかったんですが
うちではマーチングもやっていたので、そのときはすれ違いとかヒヤヒヤものでしたね^^;
わりと鬼顧問だったので、屋外練習も容赦なくて、サックスやチューバに雨水がたまっていくのを見た時も何も言えませんでした・・・。

Qスウィングガールズ、シコふんじゃった 等で使われるプロットについて

お世話になります。
「スウィングガールズ」と「シコふんじゃった」を鑑賞し、面白いなあと思いました。

さて、この二作品はプロット(物語の組み立て、あらすじ)に共通点が非常に多くあります。
「怠惰な日常を送る主人公がふとしたきっかけで『それ』(物語の主題となるもの)に出会う。
最初はまったくやる気が無いものの、引くに引けない事情でどうしても取り組まざるを得なくなり、しぶしぶ表面上は『それ』の活動をはじめる。
次第に『それ』の魅力に目覚め、いつしか能動的に取り組むようになる。
途中、山あり谷ありの難関を乗り越え、いつしか『それ』に取り組むように命じた者の予想をはるかに超える目標を自ら求め作り出し、周囲の人間を巻き込んでついに目標達成する。」

そこで質問です。
1 この手のプロットを一言であらわす業界用語・専門用語というのはあるでしょうか?(●●型プロットなど)
2 この手のプロットの手本となった小説、戯曲、映画の古典作品は何でしょうか?
3 この手のプロットで私が未鑑賞のものを教えてください。
ちなみに鑑賞済みは
「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」「秘密の花園(矢口監督作品)
「シコふんじゃった」
「ロボコン」
漫画「タッチ」(広い意味で当てはまると思いますが)
などです。

お世話になります。
「スウィングガールズ」と「シコふんじゃった」を鑑賞し、面白いなあと思いました。

さて、この二作品はプロット(物語の組み立て、あらすじ)に共通点が非常に多くあります。
「怠惰な日常を送る主人公がふとしたきっかけで『それ』(物語の主題となるもの)に出会う。
最初はまったくやる気が無いものの、引くに引けない事情でどうしても取り組まざるを得なくなり、しぶしぶ表面上は『それ』の活動をはじめる。
次第に『それ』の魅力に目覚め、いつしか能動的に取り組むようになる。
...続きを読む

Aベストアンサー

>1 この手のプロットを一言であらわす業界用語・専門用語というのはあるでしょうか?(●●型プロットなど)

こういった”若者が目的に出会い、壁を乗り越えつつ目的に向かって邁進していく”という構成は映画や物語の王道的なものなので、とくに名称など無いんじゃないかと思います。

ハリウッドだとストーリーアナリストなどの専門家は”バディピクチャー”とか”カミングオブエイジ”とかいったぐあいにカテゴリーわけしているようですけど。

2 この手のプロットの手本となった小説、戯曲、映画の古典作品は何でしょうか?

小説戯曲の古典はよくわかりませんが、映画だと1976年製作のアメリカ映画「がんばれベアーズ」あたりからこういった類の作品が増えてきたと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=5059



3 この手のプロットで私が未鑑賞のものを教えてください。

「がんばっていきまっしょい」ボートと出会う少女たち
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=90314
「シムソンズ」カーリングで頑張る少女たち
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=324049
「ドラッグストア・ガール」ラクロスに熱を上げる中年親父たちと美人コーチ
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=318881
「木村家の人々」とにかくお金を貯めることに熱中する家族
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=150453

ほかにも「Shall We ダンス?」や「逆境ナイン」といった作品も加えてもいいのかもと思います。

>1 この手のプロットを一言であらわす業界用語・専門用語というのはあるでしょうか?(●●型プロットなど)

こういった”若者が目的に出会い、壁を乗り越えつつ目的に向かって邁進していく”という構成は映画や物語の王道的なものなので、とくに名称など無いんじゃないかと思います。

ハリウッドだとストーリーアナリストなどの専門家は”バディピクチャー”とか”カミングオブエイジ”とかいったぐあいにカテゴリーわけしているようですけど。

2 この手のプロットの手本となった小説、戯曲、映画の古典作...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報