子供のアクションドラマのヒーローの中に入っている人って、その役の人でしょうか?
 違うとしたら、アクション俳優ですよね。
 でも、簡単なアクションのない場面でも、アクション俳優がするのでしょうか?
 それとも、その役の人ですか?
 どなたかご存知の方がいたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問タイトルにある最新の2作についてのみ、配役をご紹介しますね。



変身後役名(変身前役名)変身前俳優名/変身後俳優名 の順です。

百獣戦隊ガオレンジャー
ガオレッド(獅子走)金子昇/福沢博文
ガオイエロー(鷲尾岳)堀江慶/竹内康博
ガオブルー(鮫津海)柴木丈瑠/今井靖彦
ガオブラック(牛込草太郎)酒井一圭/日下秀昭
ガオホワイト(大河冴)竹内実生/蜂須賀祐一

未来戦隊タイムレンジャー
タイムレッド(浅見竜也)永井マサル/高岩成二
タイムピンク(ユウリ)勝村美香/中川素州
タイムブルー(アヤセ)城戸裕次/竹内康博
タイムイエロー(ドモン)小泉朋英/日下秀昭
タイムグリーン(シオン)倉貫匡弘/蜂須賀祐一

ということで、ヒーローの中に入ってる人(スーツアクター)は素の役者さんとはすべて別人であることがわかります。
それも、顔を出す人は作品ごとに入れ替わりますが、スーツアクターはシリーズを通じて長く続投される方が多いようです。
竹内さんも蜂須賀さんももう10年以上やってらっしゃるんじゃないかな?
また、女性役も基本的に中に入っているのは男性であることがほとんどです。

「アクションのない場面でもアクション俳優が演じているのか?」
答えはYes.です。これは、スーツがスーツアクターさんの体格に合わせて作られることと、スーツシーンはまとめて大体のシーンを撮りだめてしまうため、いちいち素の役者さんと入れ替わるような手間はかけない、という理由のようですね。

参考URLはスーツアクターデータベース。歴代各作品のヒーローの中に入ってた人がすべてわかります(^^)

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/6514 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
 すごくおもしろいURLも紹介していただいてあいがとうございました。
 最終回は、その役者が演じることが多いともかいてありました。うーん、なるほど。
 ということは、役者もある程度アクションが出来ないと駄目ですね。
 

お礼日時:2001/04/01 10:14

ヒーローのかっこう(フルフェイスのヘルメットをかぶった状態)の時と、


素顔の時とでは、人が違うのが普通でしょう。
あの戦隊シリーズで、大体女の子が一人~二人いますけど、
昔、女の子が変身した時、(顔が見えないとき)体型が違ったって話を聞いたことがあります。
アクションがない時でも、あの衣装はかなり体にフィットしてますから、
顔が見えない限り、アクション俳優と考えていいと思います。

ちなみに、シリーズのうちのどれだったか忘れましたが、
外国に輸出された時、顔の見える部分は向こうの俳優で取り直し、
アクションの部分は日本の画像を使ったことがあって、
女の子が一人増えていたそうです。
この場合、あきらかに、アクションの時の俳優は違うってことになりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですよね。
 違うのが普通ですよね。
 でも、ちょっと?と思ったものですから。
 回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒーローものでヒーローが飛ぶとき

昔からかなり気になっているので、ご存知の方がいたら是非教えてください。

ヒーローものの番組でヒーローが飛ぶとき、必ず「とうっ!!」と掛け声をかけますよね。

なぜ「とうっ!」なのでしょうか?
また、これはいつから始まったのでしょうか??

Aベストアンサー

私の記憶も「仮面ライダー」ですね。
「へぇ~んしん!とうっ!」でジャンプしてその風力でライダ-ベルトの風車を回しその回転エネルギーで変身します。
飛ぶと言うよりジャンプですね。

「とうっ!」は変身時だけではなく戦う時も「とうっ」、「とりゃ!」など掛け声として使いますね。
これは後々の戦隊物にも継承されているようです。

ある説に戦いは空手の動きを取り入れた事により攻撃の時の掛け声を採用する事によって迫力を出すためなどと言われている事もあります。

必殺技の予告も必殺技を申告する事によって見ている人への期待感と間を持たせる事が出来る演出だそうです。
きっとこじ付けでしょうけど日本の武士道である剣道の面やこてなど攻撃の時の掛け声だそうです。

余談ですがライダー対多数の敵は男のロマンですよね。
一方戦隊物の5対1などはこれってううの?なんて思ってしまいます。
強い物には力を合わせば勝てるという事だそうですがやっぱり男は1匹狼でしょう!(笑

Q韓国ドラマ:オールインの俳優について

マイケルチャンの愛人?役の人の名前はなんというのですか?本名が知りたいです。
イナ(イビョンホン氏)に色々と一般常識などを教えていたあの女性のことです。

Aベストアンサー

登場人物の中で言うと
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/allin/chara/chara_04.html

オチダ・リエ役の笛木優子(ユミン)さんでしょうか。
2001年から韓国で活動を始めた日本の女優さんです。
ちなみに本名も同じのようです。
http://skycorporation.co.jp/page.php?tl_id=17

詳しくは公式サイトをご覧下さい。
http://www.fuekiyuko.net/japan/

参考URL:http://www3.nhk.or.jp/kaigai/allin/chara/chara_04.html,http://skycorporation.co.jp/page.php?tl_id=17

Q芸能人の中でも、俳優のオーラは特別なのでしょうか?

俳優さん以外にも、テレビにはいろいろな人がでていますよね。
お笑い芸人、アナウンサー・レポーター、モデル、グラビアなどのアイドル、などなど。

それらの人がかなり売れて、キラキラ輝きだし(いわゆる「ブレイク」)、いざドラマで起用され、そのドラマでみると、さっきまで出ていた輝きが、とたんに薄れてしまうように思います。
演技はまあまあなので、下手でしらけた、ということでもないです。

ということは、共演している俳優さんたちのオーラに負けて、埋没してしまうのでしょうか?
それほど、今が旬で輝いている人のオーラよりも、俳優さんのオーラが強いのでしょうか?

これは私だけそう思うのかもしれませんが、もし共感していただける方がいれば、理由の分析をお願いしたいと思いました。

Aベストアンサー

オーラというより経験の違いではないでしょうか。
俳優や女優はドラマにでるまで演技指導などが過酷でしょうし、
芸人やアイドルとはまた違った経験を経ていまがあるんだと思います。

ですから、逆に俳優がバラエティーにでていても、あまりおもしろくないと思う時もありますし…
俳優には俳優の、芸人には芸人の経験があってからこそ輝いてみえるのではないでしょうか。

Q嫌われ者からヒーローになった有名人

先日の試合で世界王者に輝いた亀田興毅選手のように、激しいバッシングを受けて嫌われ者になった後に長い時期を経て、新たに評価されて人気を得た有名人っていますか?
スポーツに限らず、分野・時代は問いませんが、意図的な演出でヒールを演じていた人物は対象外です。

亀田選手がどうこうという回答はおやめ下さい。
ちなみに、私は亀田選手がヒーローになったとはまだ思いません。その過程の中間、だと思います。

Aベストアンサー

ヒーローってわけじゃないけどタレントの柳沢慎吾。今でこそ面白い人でとおってますが20年位前、いろいろドラマに出て人気になった頃からテングになりスタッフとかにもよく怒鳴り散らすという事があったみたいです。そのせいでテレビから一時期干されたそうです。意外ですよね。

Q「ヒーロー番組は教育番組」………なの?

「ヒーロー番組は教育番組だ!」
仮面ライダーV3・風見志郎役の宮内洋氏のセリフです。
皆さんはこの考えに賛成でしょうか?反対でしょうか?

ちなみに私個人としては
「教育番組そのものではないが、子供の心に人としてやってはいけない事・それに対する報いを教えてくれる事を考えるとそれなりにプラスになるだろう」
と、考えております。

Aベストアンサー

「教育」という言葉の定義をきちんと決めないことには、なんとも言えない質問です。
『反面教師』という言葉もありますし、どんな低俗番組からでも、「学ぶ」ことはできますでしょう。
(人の顔を便器に見立ててはいけないとか、食べ物を粗末にしてはいけない、とか。もちろん、学び取る力が必要ですが)

子どもにとってのヒーロー番組は、「悪いと思ったら暴力でやっつけてもいいんだ」という様なとらえ方もできてしまうような気がします。
(多少はそういうことに気をつかった番組もあるようですが、全てではないでしょう)

個人的な意見ですが、「教育番組」というものは、子どもが一人で見て『正しく、健やかに、良い影響のみを受けるもの(あるいは、悪い影響を受けないもの)』というふうに定義したいと思います。
ですので、見た後で解釈や注釈や指導が必要な番組を「教育番組」とはいいたくないですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報