『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。


 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
早速チェックしますね!!

お礼日時:2012/11/26 18:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【芝居】棒読みにならない方法【練習】

私は演劇を学ぶ学校に通っており、役者になりたいという夢があります。
今年で二年目になるのですが、今、息詰まっていて本当辛いです。
同じ夢を持って勉強している方、力を貸してください。

私の悩みは、10個台詞があるとしたら、その内の半分が棒読みになってしまうことです。
自分の声を録音したところ、そのことに気がつきました。
以降、表情の変化や感情表現を大きくし、役が何を感じているのか意識しながら芝居しているのですが、全く上手くいきません。
特に驚きや怒りが駄目で、「お前はただデカい声を出しているだけだ。感情が伴っていない」と講師によく指摘されます。

私は普段の喋り方も(どちらかと言うと)淡々としており、歌も上手くありません。
自分ではそれが関係しているのかなと思います。
現に私の芝居は音の変化があまりありません。

この状況を打破しようと練習に励んでいるのですが、上手くいかず焦りを感じています。
情けなくて泣きたい気持ちでいっぱいです。
どなたかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
私が友達に話すならば、という軽い気持ちで読んでいいただければと思います。

役者にも個性があります。
感情を表に出すのがうまい人、感情を内に秘めた芝居がうまい人。
質問者さんは、後者のタイプですよね。

芝居の表現もさまざまなはずです。
寡黙な人が、陽気なイタリア人になれと言われても、いきなりうまくはいかないもの。
まず、表現したい芝居が自分の感情のそれとあっているのか考えてみませんか。
無理に芝居でラテン系の人になろうとしてはいませんか。(オーバーな表現ですが)

質問者さんには質問者さんにあった、感情表現の仕方があるはずです。
役者がさまざま役をこなせることは大切です。でも、芝居の勉強を始めてまず最初にしたことは「自己解放」なはず。
まずは自分の感情に見合った感情を出せばいいのだと思います。
身振り手振りはその後でもいいのではないでしょうか。(場合によっては、演出がつく可能性がありますし)

独特な台詞回しでよく物真似をされる田中邦衛さんを、誰も大根とはいいませんよね。
彼のセリフには心があります。
やはり、身振り手振りよりまず心だと思います。

それと、セリフを話しながら同時に冷静に自分を観察している、もう一人の自分が強くなってしまうことはありませんか。
私が先生に教えていただいたことを一つ。
西洋のセリフは、日本のそれと違って「あぁ」とか「おぉ」とかありますよね。
普段言わない言葉ですし、みんなが恥ずかしいと戸惑っていた時の話です。

「セリフに集中すれば、それは決して恥ずかしくは感じない」

だそうです。
また「芝居に集中している時は周りが気にならないものだ」とも言われました。
頭で考えるのではなく、まずは心。
自分の気持ちがどこにあるのか、それをしっかりと見極め開放してあげること。
これが一番大切な気がします。
芝居の派手さに惑わされずに、内側から湧き出るものを大切にしてください。

こんばんは。
私が友達に話すならば、という軽い気持ちで読んでいいただければと思います。

役者にも個性があります。
感情を表に出すのがうまい人、感情を内に秘めた芝居がうまい人。
質問者さんは、後者のタイプですよね。

芝居の表現もさまざまなはずです。
寡黙な人が、陽気なイタリア人になれと言われても、いきなりうまくはいかないもの。
まず、表現したい芝居が自分の感情のそれとあっているのか考えてみませんか。
無理に芝居でラテン系の人になろうとしてはいませんか。(オーバーな表現ですが)

質問...続きを読む

Q演劇のセリフを覚えるコツとかってあるんでしょうか?

明日オーディションなんです。
セリフを覚えて演じなきゃいけないんですが、人より努力しても人より物覚えが悪いんです(滝涙)
セリフを覚えるコツみたいなものってあるんでしょうか?(記憶術というものがあるぐらいなので)
あったら誰かぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 私がセリフを覚えるときは、ずっと根を詰めて台本とにらめっこはせずに、コマ切れに練習します。

 人の記憶は一旦忘れて「思い出す」時に定着するそうなので、そうしています。

 最初はなんとなく流れを掴んで、少し言えてきたらちょっと息抜きして、また同じように練習を始めて、特徴的なセリフをかいつまんで覚えて、また息抜きをして、覚えてるセリフの前後を増やしていき、息抜き、順番を整えて、「てにをは」やいつも間違う所を重点的に気をつけるようにして…と繰り返します。
 ボイスレコーダー(携帯でも可)で、暗唱してる声を録音すれば間違っているところが明確にわかるので、覚えるのが多少楽になる気がします。


 とはいえ、むいている練習は人それぞれですから、絶対これがいい!というわけではないです。
 私が舞台をやっていて聞いた事があるのは

■トイレの正面にセリフ貼って一日に何度も見るようにする
■寝る前に詰め込む
■とにかく返す。集中あるのみ
■よく読みこんで、理解を深め、台本を好きになると自然に覚える
■「覚える」のではなく「演じる」練習をする。完全になりきれば自然にセリフが出る


 こんな感じです。

 オーディション頑張ってください。
 覚える段階で適当だと、本番に「思い出す事」に精いっぱいで、しかも飛ぶと頭真っ白…何て事にもなりかねないですから、しっかり覚えて、本番はのびのび演技に集中できるようになると良いですね。
 応援しています。

 私がセリフを覚えるときは、ずっと根を詰めて台本とにらめっこはせずに、コマ切れに練習します。

 人の記憶は一旦忘れて「思い出す」時に定着するそうなので、そうしています。

 最初はなんとなく流れを掴んで、少し言えてきたらちょっと息抜きして、また同じように練習を始めて、特徴的なセリフをかいつまんで覚えて、また息抜きをして、覚えてるセリフの前後を増やしていき、息抜き、順番を整えて、「てにをは」やいつも間違う所を重点的に気をつけるようにして…と繰り返します。
 ボイスレコーダー(携...続きを読む

Q映画をつくるのに費やす時間・日数はどのくらいですか

映画を一本つくるのには、どのくらいの日数がかかるのでしょうか?

出演する俳優・女優は、一本の映画をつくるのに、どのくらいの時間・日数の労働をするのでしょうか?
一日何時間で、延べ何日くらいでしょうか?

よく俳優・女優が語るのをきくと、「映画の撮影で待ち時間が長くて・・・」と言うことがありますが、映画撮影の「待ち時間」とは何を待っている時間なのでしょうか? 

Aベストアンサー

一口で映画と言っても、予算等の規模は様々です。今年は映画バブルと言われ、数々の作品が正に「量産」されましたが、予算は1億円クラスから20億円クラスまで様々でした。
基本的に、映画の場合は30から45日位が目処です。(あくまで目処)
スタジオにセットを建てるスタジオ撮影や、地方に撮影に行くロケ、既存の建物を借りるロケセット撮影など、撮影場所・形態があります。
また、夏の場面、冬の場面など、年間の四季を通して撮影しなければならない場合もあります。依って、作品毎に日数が違います。
とは言え、スタッフの拘束や、機材の拘束等、時間=お金ですから、なるべく効率的に短い期間で撮りたいのが本音です。

出演する俳優さんは、無論脚本にも依りますが、主役ですと撮影日数の期間中は毎日、と言ったケースもあります。主役に近い程多くなると考えて良いでしょう。

待ち時間が長いというのは、映画の撮影は、撮影場所優先でスケジュールを組むので、S#1の次はS#15と、バラバラに撮っていきます。
更に、一方向にカメラを向けて照明を組んだ場合、その方向のカットから撮っていくので、その場面に必要な俳優さんでも反対向きにならないと、その間「待ち」になるのです。
それに、俳優さんの「入り時間」は成るべく計算して決めますが、なかなか時間通りに行かないのが撮影なのです。
解って頂ける俳優さんも居ますが、気の短い俳優さんもいらっしゃるので大変です。

一口で映画と言っても、予算等の規模は様々です。今年は映画バブルと言われ、数々の作品が正に「量産」されましたが、予算は1億円クラスから20億円クラスまで様々でした。
基本的に、映画の場合は30から45日位が目処です。(あくまで目処)
スタジオにセットを建てるスタジオ撮影や、地方に撮影に行くロケ、既存の建物を借りるロケセット撮影など、撮影場所・形態があります。
また、夏の場面、冬の場面など、年間の四季を通して撮影しなければならない場合もあります。依って、作品毎に日数が違います。
...続きを読む

Q茶色い瞳の理由は?

瞳が明らかに茶色の人がいます(2人ほど知っています)。
たぶん2人とも、純日本人だと思うのですが…なぜこの人たちの瞳は茶色なのでしょう?
ちなみにどっちも男性です。カラコンなどではないそうです。
髪の色は特に茶色ということもないです、1人は白髪です(歳は50代くらい)。
老化現象なのでしょうか? でも、全ての人がそういう色の目ではないような気もします。
大きな病気などはたぶんどちらもしていないと思います。
視力も悪くないみたいです(1人はすごく良いらしい)。

単に、生まれつきなのでしょうか?

あと、こういう色の瞳の場合、嫌な思いをすることがあったりするのでしょうか? 私は綺麗だと思うのですが…。
仲が良い1人は私にいわれるまで瞳の色が茶色いことに気がつかなかったということで、特に嫌そうではなかったですが…

御存知の方、回答いただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

日本人って、自分たちの瞳が黒い、と思い込んでいるようですが、世界中探しても瞳が黒い人ってのは存在していません。程度の差こそあれ日本人のほとんどは茶色の瞳だそうです。(視能訓練士の友人いわく)
アメリカの免許証などでも日本人の名前は、brown、と書かれるみたいですよ。
たぶんあなたの瞳も、濃い茶色なんじゃないでしょうか?

また、生粋の日本人でも、稀に瞳の青い人も入るみたいです。
特に東北の方に多いようですが、ずっと大昔に日本に渡ってきた渡来人の血が流れているから、と言われているようです。しかし、その理由は定かではありません。
あなたの友人は、瞳の色が明るい茶色だという、遺伝なんじゃないでしょうか。


昔から日本にすんでいた、弥生人・縄文人・アイヌ民族・琉球民族。
オランダ人・ポルトガル人・中国人、東南アジア人、またシルクロードに乗って渡ってきたペルシャ人など、日本人には意外と多くの人種の血が流れてるんです。

顔が一人ひとり違うように、瞳の色も髪の色も肌の色も、同じ日本人でもいろんな人がいます。それを、認めていくことが大事なんだと思います。

日本人って、自分たちの瞳が黒い、と思い込んでいるようですが、世界中探しても瞳が黒い人ってのは存在していません。程度の差こそあれ日本人のほとんどは茶色の瞳だそうです。(視能訓練士の友人いわく)
アメリカの免許証などでも日本人の名前は、brown、と書かれるみたいですよ。
たぶんあなたの瞳も、濃い茶色なんじゃないでしょうか?

また、生粋の日本人でも、稀に瞳の青い人も入るみたいです。
特に東北の方に多いようですが、ずっと大昔に日本に渡ってきた渡来人の血が流れているから、と言われてい...続きを読む

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む


人気Q&Aランキング