Our capacity for culture must have evolved over the vast period of five million years , during which man's development departed from that of our relatives , the anthropoid apes .

この文の during which ~あたりの構造がわかりません。言語をテーマとした論説の一節です。よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

我々の文化というものは、500万年もの長い間に渡って培われてきたものです。

その間には、人類が祖先である類人猿から進化した年月も含まれます。

試訳だけですが、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。自分の和訳と照らし合わせてポイントをつかんでいきたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 22:09

まず、ご質問の英文(全文)を訳してみましょう。



「文化を育てるという私たちの能力は、500万年という、とてつもなく長い時の流れを経て進化してきたに違いありません。この長い時の流れ間に、人類は、その親類である類人猿と別れて発生してきたのです。」

ご質問の箇所については、次の2つの文が、whichという関係代名詞によって1つの文になったと考えてください。

“Our capacity for culture must have evolved over the vast period of five million years.”

“Man’s development departed from that of our relatives, the anthropoid apes, during the vast period of five million years.”

以上の説明で、文の構造はお分かりになりましたか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。文法の間違いに気づけて良かったです。和訳していただいて有馬が塔ございます。whichの前後で、文をきって訳す所なども参考にしたいと思います。自分の和訳とも比較してみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 22:06

ついでに、全体の訳も。



「人類が近い仲間である類人猿とは別の進化の過程をたどってきた
五百万年余の間に、我々(人類)の文化的な能力が発達したにちがいない。」
    • good
    • 0

まずは上から訳しましょう。


「我々の文化的能力は進化してきたに違いない
500万年以上の長い期間をかけて、
それは次のような時代だった、
人類の発達(進化?)が分かれた、
われわらの親類であるところの、類人猿から」

それを分かりやすい文章に変換すると
「我々の文化的能力は、親類である所の類人猿から分かれた進化をした500万年以上の長い期間で、進化してきたに違いない」
という具合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。和訳のプロセスを教えてくださってとても参考になりました。内容がつかめました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/29 04:58

訂正。



man の訳は「ヒト」ではなく「人類」にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。少し勘違いしておりました。関係詞周辺は、こうなっているのですね。

during which man's development departed from that of our relatives , the anthropoid apes .

man's development departed from that of our relatives , the anthropoid apes during the vast period of five million years .

そして、the vast period of five million years がwhichとなって前に出たと。そうすると、whichは前置詞のduringの目的格ということになりますね。whichの前の前置詞を見落としていました。前にきっちりと勉強したはずなのですが、時間がたっていつのまにか、変に覚えてしまっていました。最近このようなことが多々あるのですが、気をつけていきたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 05:35

during which は関係代名詞ですね。


which = the vast period of five million years です。

that of our relatives の that は前に出てきた development を受ける
代名詞で、the anthropoid apes 「類人猿」が our relatives の同格です。

よく出る例文に
The population of Tokyo is larger than that of Osaka.
「東京の人口は大阪のそれ(人口)より多い。」
というのがあります。

よって、「その五百万年の間に、ヒト(として)の進化が、我々の親戚である
類人猿の進化から枝分かれした」ってことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>during which は関係代名詞ですね。
which = the vast period of five million years です。

ご回答くださってどうもありがとうございます。私もはじめは関係代名詞だと思ったのですが、which以下が完全な文なので、そうすると、whichはどうなるのかなと思いました。depart は自動詞ですよね。どう考えればよいのでしょうか。

お礼日時:2001/09/29 04:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 好きだけどケンカばかり……そんな彼との結婚は?

    やたらとケンカが多いカップルというのはいる。それでも腐れ縁なのか長く交際し、いざ結婚しようと決めたときに、ふと思い悩む。こんなにケンカが多いのに、結婚して大丈夫? と。今回は「教えて!goo」に寄せられ...

  • ポンコツな日々:第125話「食べてもOK」

    日々のちょっとしたヘンな出来事を、1話完結形式の4コマで綴っていきます。時にするどく、時にやんわり、ありそうで無さそうな日常の1コマを切り取ってお届けします。

  • “罵声大会”に怒り心頭?名指しで苦情も……駅員泣かせの鉄道ファン

    時として人は趣味に没頭してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまいがち。それが公共の場ならばなおさらである。「教えて!goo」に「何で鉄道ファンはマナーの悪い人が多いのでしょうか?」との質問を見つけた。鉄道愛...

  • たまランチ:第102話「ネコ好き」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第125話「洗濯干しの『コツ』」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ