みなさん、好きな漫画家さんはいますか?
もちろん、いる!!と答える人も多いでしょう。

で、作品やストーリー、絵柄ではなく、漫画家さんの人となりが多少はわかる、コミック内の前書きや、後書き、作品紹介のコメント、漫画家のエッセイ的なマンガ、漫画家個人のHP、実際に会った、ファンレターが帰ってきた等で、漫画家の人となりを考えた上で、好きな漫画家さんと、そのエピソードを教えてください。

「あだち充さんが、野球が好きそうだから。あだち充さんが好き。」
ではなく、あやふやでもいいので、根拠を書いてください。
言ってるかどうかしらんけど、「あだち充さんがプロ野球について語っていて、それに共感がもてたから、好き」とかとかは、OKです。

私は、
竹本泉さんは、エピソードや紹介する映画は、科学的なものも多し、猫のエッセイマンガ「ある日のツヴァイ」でも、作者の人柄も穏やかな人に描かれているし。
ことある毎に使っている、うじゃうじゃ。という締めも、意外と好き。
私屋カヲルさん、こいずみまりさんも、猫系のエピソードで気に入っています。
島本和彦さんは、「漫画家は絵がうまいからなれるんじゃなく、要はなった者勝ち!!」とキャラに言わせていますが、後書きでけっこう本気と自白。
科学も好きだけど、根性論も大好き♪
竹本泉さんのマンガの中で、島本和彦さんの事を燃えるマンガかと書いていますが、島本さんの後書きを見ていると意外と、へたれな所もすすけて。(まぁ、人間だから当たり前だけど。)
この辺も、島本さんは身近に感じられて好きです。

あと、実際は違うよ。
というのは、ぎすぎすしそうなので、ご勘弁ください。(w

A 回答 (15件中1~10件)

うすた京介さん



「すごいよマサルさん」

「ピューと吹く!ジャガー」

この人のおかげで嫌な仕事でも思い詰めなくて大丈夫と安心できるし、しばらくは笑って過ごせます。
    • good
    • 0

こんにちは。

興味深いのでおじゃまします。
私の好きな漫画家さんは、西原理恵子さんです。

著書からわかるように、体を張ったネタの多い
方で、その豪快っぷりも好きなのですが、
社会的にははみ出し者(?)扱いの立場の人たちに
とても優しい目を向けていて、すばらしく懐の大きい
方だなぁと思います。

先日、NHKの連続テレビ小説「ファイト」の特集で
コメントをされていたのですが、
漫画のなかでの自身満々な姿はなく、
「大丈夫だよ、世の中そんなに悪いことはないよ」
というような事を、静かにおっしゃっていました。
ぼそぼそと語る姿が逆に、自ら選んだものに対する
西原さんの覚悟をあらわしているようで、
涙がでました。
キレイな部分も汚い部分もさらけだしていて
シンプルに見えていても、本当は周りにとても
気を遣っている。
ご本人は身を削られていると思いますが美しいと思います。
    • good
    • 0

ゆうきまさみさん。


ずっと好きで好きで、彼の著作本はマイナー雑誌時代からすべて揃えています。きっかけは「機動警察パトレイバー」でした。
彼の人となりがわかるのは、角川書店の「月刊ニュータイプ」で連載している「ゆうきまさみのはてしない物語」です。読んでいて、頷いてしまったり考えてしまったり・・・ご自分の著作の裏話とかも書いてあったりするし、社会問題やら政治問題やら・・・すごく器の広い漫画家さんだなーって思いますよ。
彼の描く女性キャラクターは(今連載している「鉄腕バーディ」以外)ほとんどがショートカットの女の子が多いのもお気に入りです!
    • good
    • 0

「ROOKIES」の森田まさのり先生。


(ろくでなしブルースのほうが有名かな?)

この人、絵が非常にリアルで、取材にも実際の作画にもものすごい手間がかかるはずなのに(基本的には)キッチリと週刊連載を守っていました。

あと、病気になってしばらく休載することがあったのですがその時もイラストつきの謝罪文をのせたことも記憶に残っています。

こういったことから「この人は仕事をキッチリこなす、生真面目でいい人に違いない」と勝手に決め付けていました。

他にも、友情や努力の素晴らしさをかいた明るい作風であること、人間臭さのある温かみのあるキャラを描ける
ことなども、好きな要因です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまり不良というものの美学を見いだせなかった私ですが、「ろくでなしブルース」は当時買っていたジャンプで読んでましたよ。
病気の件は覚えてませんが。

作者の性格が形として、わかりそうなのは、
>あと、病気になってしばらく休載することがあったのですがその時もイラストつきの謝罪文をのせたことも記憶に残っています。

これですが、確かに取材旅行で~♪とか、過去の特集とかお茶をにごすのは、ありがちですけど、謝罪文を載せる人は少ないですねー。
彼が作り上げたキャラのとおりに、自分のルールはきちんと守る人なのかもしれませんね。
感謝。

お礼日時:2005/08/15 22:05

こんにちは



白泉社系の作家さんは、
コミックスにプライベートな話題をよく載せてますね。

・川原泉さん

 「笑うミカエル」を筆頭に、キャラの人間性を前面に出した
 コメディがうまい作家さんです。
 川原さんは大学で哲学を専攻していたこともあり、
 キャラクターの個性やテーマを哲学的な目で掘り下げることが多いです。
 タイトルに哲学の専門用語がいきなり出てきたりもしますし・・。
 しかもデビューしてすぐに故郷の鹿児島に帰られて
 それから現在にいたるまでずっと鹿児島で執筆中なので
 非常にのんびりとしたほんわかした中に鋭い人物観察眼が入った
 作品にそういう一面がよく出ていると思います。


・山田南平さん

 「紅茶王子」で有名な、今や花とゆめの看板作家です。
 彼女はずっとコミックスの巻末で自分の近況マンガを載せています。
 その中で、結婚のこと、だんなさんのこと、そして愛娘のことを語っています。
 ずいぶんドジな面が強調されていますが、
 愛につつまれた家庭であることはすぐに分かります。
 そのことは、深い愛情につつまれたキャラクターという
 彼女のマンガにも現れています。
 読んでいてホッと落ち着くマンガは、読み終わると幸せな気分にさせてくれます。

 また娘さんも生まれた時からずっとマンガで紹介されていて
 その子もすでに小学校の高学年になっています。
 なんかプチ子育て日記みたいで感慨深いです。(^^;)


・なかじ有紀さん

 20年以上LaLaで活躍されている作家さんです。
 ご自身の作品の舞台がほとんど神戸か大阪ということからも分かるように
 神戸在住の作家さんです。
 ということで、もちろん10年前の阪神大震災にも実際に遭われています。
 そのことはコミックスの巻末マンガでもふれられています。
 その中で今でも頭から離れないシーンに、
 報道ヘリの音がうるさすぎて、瓦礫の下に埋まっている人の声が
 全然聞こえなかったということで、
 報道機関にものすごい憤りを感じているという部分がありました。
 この方の人間性が垣間見えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがに少女漫画は、挙げているのかでは山田南平さんしかしりません。
でも、うりちゃん日記(?)は、かなりツボです。
「今日はガンダム借りないの?」とか子供はいつも見ているものを口に。(w
もう、小学校の高学年になってるんですねー。
最近、紅茶王子買ってないからなー。

川原泉さんは、ちょっと想像も入ってそうなのと、私が知らないので申し訳ありません。
なかじ有紀さんも知らないのですが、報道機関への憤りですか。
音をださないようにするサイレントタイムも設けられたみたいですけど、やはり。
私は、災害があっても、報道のヘリ等はいらないのでは?と思っているので、真実を伝えるのも大切ですが、それにより人命を失うのでは意味がないのかと思います。

あ、椎名高志さんのエピソードを一つ思い出しました。
椎名さんも阪神大震災の被害にあわれ(あれ、親とか友達だったかも、単に故郷とか)、その中でたまたまテレビを見ていたら彼自身の作品を読んでいる子供がいたとか。
「元気を出してくれれば」とか、言っていたような。
(すまん、これもあやふやだ。ソースは椎名さんの単行本だと思うけど。

確かに、少女漫画は1/4スペースでプライベートな事も書かれていますねー。
少女漫画でも、OKですよ。
感謝感謝♪

お礼日時:2005/08/15 21:48

今なら佐久間智代さんが1番のお気に入りです。


絵柄でちょっと…と引く人が多いんですが(カラーでの目に主線が入っていないので怖い印象があるらしいです)私としてはシンプルなラインと少女漫画にしては珍しい題材を使うのでここ8年くらい注目しています。
そんな彼女の作品以外の魅力はプロフィールにあります。
鬼のようなテレビ好きでデッキの数を公開できないくらいに所有しているとか、経済評論家で投資家だとか、理想の男性がバカボンのパパとか。
どれだけテレビが好きなのか、というのはプロフィールに書いてある「尊敬する人」のところでよくわかります。
島田紳助以外のときはそのときに注目されている人(叶姉妹、いちごの王様、優香など)になります。
短編集になると中書きで「これから古い作品になります。最初だけ新作で後は古いものばっかりというのを自分も経験してます。みんなも同じ目に遭え~!資本主義ばんざーい!!」みたいなことを書いたりと普通の少女漫画家に比べると変わり者の比率が高いと思います(過去の作品を出すのを躊躇われる人が多い中、いっぱい表に出して欲しいと願うのも変わり者の所以のような…)
最近では書下ろしを編集からの指示でやったのに対して「やれと言われればやるけど出来は問わないで。長いものに巻かれとく私」と自画像のアライグマが呟いていました。
作品自体も面白いのですが(少女漫画でプロ将棋、プロ野球というのは珍しいです)ちょこちょこと見せるトーク関係が本当に笑える貴重な少女漫画家だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐久間智代さんは、全く聞いた事がありません。
調べてみたら、美形キャラであすかコミックスですか。
あまり、、、と、いうか全く手を出さないジャンルっぽいです。

でも、そんな彼女の理想の男性がバカボンのパパとは。
確かに、佐久間智代さん自身が書いている事(?)を見る限りでは、あけすけのない竹を割ったような性格みたいですねー。
プロ将棋って言うのも、将棋、囲碁ブームに乗っかってってことなんですかねー。
書き込み感謝です♪

お礼日時:2005/08/15 21:58

現在サンデーで「からくりサーカス」を描かれている藤田和日郎さんです。



以前、イベント会場でやっていた藤田さんのサイン会を見たことがありました。
(本当はサインが欲しかったのですが、整理券が貰えなくて…;;)
イベント会場でのサイン会って、大抵色紙にイラストが印刷されているものに
サインだけをすることが多いですが、藤田さんは一人一人に必ず「こんにちは!」と
挨拶をし、描いてもらいたいキャラを訊き、楽しそうに話をしながらサインをしていました。
サイン会の時間は1時間ほどしかないのに、藤田さんは時間も気にせず50人全員に
そう接していました。
(実は整理券は100人分あったらしいのですが、残りの50人は別の場所になったようです。)

そのサイン会の最後の一人が、車椅子に座っている人でした。
サイン会はステージになっていて、車椅子ではステージに上がることができなかったのですが
藤田さんは、色紙とペンを片手にステージの端まで行き、車椅子の人に他の人と同様
挨拶をされ、描いてもらいたいキャラを訊き、話をしながらサインをしていました。

その光景を見ていて、この漫画家さんはファンをとても大切にしている人なんだ…と思いました。
藤田さんの作品も大好きですが、藤田さんご自身も大好きですvv
    • good
    • 0
この回答へのお礼

藤田和日郎さんのサイン会の話しは、島本和彦さんの「吼えろペン」9巻で描かれていますよ。
もちろん藤田和日郎風のキャラですが。
 (これはキャラなので想像。
でも、後書きでもその件に触れていて、love2_sugarさんの書き込みのとおりに、藤田さんはフレンドリーな方のようですね。
 (これは、後書きからの推測。OK。それにlove2_sugarさんの実体験だし。
車いすの話しは、知りませんでした。

>実は整理券は100人分あったらしいのですが、残りの50人は別の場所になったようです。
この辺も吼えよペンにギャグ風に、描かれているんですが、まさか本当の話だったとは、てっきり島本さんのギャグかと。
藤田和日郎さん、あなどりがたし。
うしおととらの最終巻には、泣きました。

島本和彦さんの「吼えろペン」では、8巻から藤田風(なんと本人了承)キャラがコミックに1話くらいで掲載されてます。
藤田ファンも、おもしろいと思いますよ。感謝♪

お礼日時:2005/08/15 21:32

「藤崎竜」氏です。


封神演義で初めて作品に触れましたが、コミックスの空きページにポツポツつづられる「駄文」というコーナーや、最後にくるあとがき(?)漫画が楽しかったです。
「駄文」では台風に名前をつけて、その発生から消えるまでを語ってみたり、こえだめを流行らせることを考えたり……。
あとがき漫画では新キャラを作って「藤崎竜VS新・フジサキリュウ」と巻を渡って対決したり、漫画を落とした話をしたり。
カバー折り返しのコメントも好きでした。
作品のキャラクターも好きでしたが、しっかり遊ぶ藤崎氏のキャラクターも好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

藤崎竜は、サイコプラス(だったかな?)の頃から買ってました。
が、やはり代表作は封神演義でしょう。
もちろん、超える作品をいずれ描いてくれるとは思いますが。

駄文、私も好きでしたよ。
「肉食いたくなくなる周期」は、藤崎さんは1千万人に1人と書かれていましたが、実は私にもあります。
好き嫌いは多いですが、偏食、、ではないと思っています。
魚は食えるし。
私の場合は、肉と卵もダメで。まぁ、心当たりがないではないのですが。

無駄な事を、無駄に真剣に考えるのも漫画家としては必要だと、実感させられました。感謝♪

お礼日時:2005/08/15 02:51

>荒木飛呂彦さんでしたっけ?エヴァに憤りを感じたと公言したのは。



あー何かどこかで読みましたね、これ。荒木さんだったかなあ?ちょっと確認取れませんでした。
でもいかにも言いそうな感じ。主人公が前向きに成長する作品しか描かないですもんね。
*吉良の読み切り続編はまた別ですが

「弱さを攻撃」てのは、まあ要するにトーナメント方式回避のための手法ってことですね。仰る通り吉良以外で充分描き切れたかどうかは微妙です。(それぞれ弱さはちゃんと描いていますが、読者にどこまで伝わったのか)

閑話休題。

キャラが大好きな作家続編「久米田康治」。
この人の場合は作品に自らの精神性が強く現れている恐ろしいまでのネガティブ作家。
「この連載中の6年間を一言で振り返ると、反省と後悔と絶望の日々である。1年365日、後悔しない日はない。早いときなど、起きて1時間でもう後悔している。2時間後には絶望の淵をさまよっている。いや、もはや、またこの現実世界に目覚めてしまったこと自体に後悔しているのかもしれない。このまま永遠に目が覚めなければいいのに。毎夜、そう思って床に就く。私はしにたがりである。」

さらに、

「私はまんが家、昨日死んだ。一度も売れることなく死んだ。一度もアニメになることなく死んだ。今、天国への階段をのぼっている。現世で地獄を十分味わった私は、これ以上地獄に行かなくていいらしい。ミンキーモモのTシャツを着た、自称・ミカエルがやって来て私に言った。「私、あなたのまんがのファンでした」まさかの大天使の言葉に、私の頬を自然に涙がこぼれ落ちた。「ありがとう、ありがとう。最後の最後で私の魂は救われました」私はミカエルの手を取り、自らの乏しきボキャブラリーの中から、ありったけの感謝の言葉を並べた。ミカエルはこう続けた。「特に『いちご100%』が大好きです」気づくと私はミカエルを羽交い絞めにして、雲間から地面に落下していた。」

なんて素敵なんでしょう。

余談ですが、彼はサンデーのWEBサイトにて他の作家が日記をほったらかしにしている最中、何故かネガティブな日記を延々書き続けており、読んでるだけで泣けて来ます。
http://websunday.net/backstage/kumeta.html
ちなみに最後の日記は、弟子である畑健二郎へのいじわるです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

荒木さんがエヴァに憤り、というのはうろ覚えッス。
宮崎駿さんかもしれないし、富野由悠季さんだったかも。

久米田康治さんは、私も気になっています。
現に、前にokwebで「久米田康治さんが復活、どう思いますか?」
なんとなく、もしかしたら本人かも?と思い正直に、丁寧に回答しました。
当時は椎名高志さんと、久米田さんがいなくなりサンデーも寂しくなったなー、と思っていた所だったのです。
それに、少年マガジンに移った今でも、チェックはしていますし。
変な下っ端ストラップも買ってしまった。(w
「育ってだーりんB」も買ったさ。

「勝手に改蔵」の後半から、彼の自虐ネタがどこまでフィクション、ノンフィクションなのかが、リアルすぎてちょっと怖いッス。
作品のダメ出しも非常にリアルで。
大丈夫、読者はおもしろいと思ってるよ。
少なくとも俺は、最新刊を出るたびに買って、イヤな事を忘れて笑ってたから。
すげーすげー、って思ってたから。

いや、正直大丈夫なのかなー、と。
うつを笑いに変える作家さんも多いですが、そのまま書いちゃうと影響を受けちゃう人もいるかなー、と。
『いちご100%』の下りは大爆笑でしたが。

でも、南国アイスの時のように、お尻をだして無邪気に笑っている久米田さんにはもどれないのかなー、と。しみじみ。

名前の画数が減っていく奇病にかかっているキャラがいるんですよ。
でも、それはきっとそれは作者の心の一部です。
だから、彼の名前を覚えて、コミックを買ってください。
結婚式では、「ぽかぽか描いてください。」とか。「絶望先生描いてください。」と言ってあげてください。
今は少年マガジンで連載中で「さよなら絶望先生」連載中です。
途中から読んでも、おもしろいです。
あ、”心の一部”の話しは、俺の想像なので自戒ということで。
HPありがとうございました。(涙

お礼日時:2005/08/15 02:32

ではついでに荒木先生。



ジョジョは個人的に最も好きな作品のひとつですが、
荒木さん本人もなかなか面白いですよ。

設定のミスを受けての有名なあとがき
「おとなはウソつきではないのです。まちがいをするだけなのです……。」
見事なまでの「言い訳」です。

人物設定を細かくしている事でも有名です。
メインキャラは性格だけでなく癖や趣味、下着のメーカーまで決められています。(実際に描かれなくともリアリティが出せるとのこと)

また、ジャンプ特有の強さのインフレについては、
「本当に『強い』人っていうのは悪い事はしない事に気づく。「悪い事をする敵」というものは「心に弱さ」を持った人であり、真に怖いのは弱さを攻撃に変えた者なのだ。」
というコメントを残しており、実際ディオ以降の敵は力比べ的な強さとは別の尺度で描かれる様になります。

本人は否定していますが、岸部露伴はやはり彼の分身だと思っていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

使わない設定が多いほど、確かにリアリティーはますような気がします。
私もキャラを作った時は、地図を買ってよく行く所や、帰る道のり等も考えていました。
とは、あちきの事はさておいてそれが本当なら、几帳面な人そうですよね。(これは証拠あっての推測。
「言い訳」件は覚えてないので、再度チェックしてみようかなー。

 荒木飛呂彦さんでしたっけ?エヴァに憤りを感じたと公言したのは。
確か、主人公に戦う意志がないのが、気に入らないというか、理解できない。みたいな事をいっていたような。(すまん、あやふやだ。ソースも不明。

 弱さを攻撃ですか。
チワワとかさとう珠緒さんみたいな感じなんすかねー。(w
俺の中では、コンプレックスを力に変えているのは、吉良吉影くらいしか思いつかん。
それよりは、ラスボスは漫画家らしく時間を意識したスタンドばかりだったような。(ってこれも作品からの想像だ。

岸部露伴は、私もそうかと思いますが、本人が否定しているとの事。
今回は却下で。
荒木飛呂彦さんの事が少し分かった気がします。感謝♪

でも、意外と好きな漫画家さんの性格とかは、気にならないんですかねー。
こういうのはここのHPで語りやがれ、ってことなんかなー。
とはいえ、俺も目につく範囲(後書きやコメント)からの想像ですが。

お礼日時:2005/08/14 23:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ